仲間が増えるといいなぁ・・・

写真付きでゴスペルサークルの事を書きます。

『シンデレラ』

2015-05-05 00:00:15 | 映画2015
子どものころから好きなディズニーのお話シンデレラ。
アニメではないのでショックは大きいかと思ったのですが、
テレビ版の物を数年前に見ていたので大丈夫でした。

ストーリーはそのままに。衣装が素晴らしかったわ。
エラが舞踏会に着ていったブルーのドレスは、本当にきれいでした。
うっとりしてしまいます。ワルツのイメージを目に焼き付けました。
何でそんなことするのかって?今、ワルツの曲を練習しているからです。
その話は置いておいて・・・



貿易商を営む父親が再婚し、継母とその連れ子である姉妹ドリゼラとアナスタシアと
暮らすことになったエラ。父親が不慮の事故で命を落とし、それを機に継母と義理の
姉妹からつらく当たられ、召使いのように扱われる毎日でした。



働いているときは悲しみを忘れていられますけれど、心の安らぎも欲しいのに。
一緒に食事をすることもさせてもらえなかったのです。
勇気と優しさが魔法の力になるという亡き母の教えを胸にひどい仕打ちに耐えてきた
エラでしたが、ついにこらえきれずに家を飛び出してしまいます。
森へと馬を走らせた彼女は、城で働いているという青年キットと出会います。
キットは国の安泰のために政略結婚をせまられていますが、森で出会ったエラのことが
忘れられずにいます。
そこで一般の庶民の女性も出席できる舞踏会を開くことにしました。



その後は、皆様がご存知のストーリーが続きます。



衣装デザインは「恋におちたシェイクスピア」のサンディ・パウエル。
プロダクョン・デザインは「タイタス」のダンテ・フェレッティ。2人の匠の技が
光る舞踏会の場面は、この映画のゴージャスなテイストが満喫できる見せ場です。


そうですよ。踊り始めるとふわーっとドレスの裾が広がってきれいでした。
2人が踊り始めると他の人たちが壁際に移動して丸く踊るスペースが
できていく雰囲気がロマンティックバレエを観ているようでした。
バレエのシンデレラも好きです。音楽も素敵ですよ。
ロイヤルバレー団の吉田都さんのシンデレラは素敵だったなぁ。
その話じゃなかったわ。

ガラスの靴がぴったり合う女性を探しに出た王子たち。
やっと見つけたその女性は、舞踏会の時のように素敵なドレスも着ていないし、
髪もきれいにセットしていない、お化粧もしていないすっぴん。

エラは王子に言います。「両親もいないし、持参金もありません。」

ありのままの自分。
あれっ。「ありのまま」はアナと雪の女王もそうでしたね。
そんな自分を王子に見せるわけだから。最大の試練。
そうよ。ここからは王子がそんな自分を選んでくれるかという事です。

フライヤーに書いてあったのですが

運命を信じる、すべての勇気ある女性へ
本当の魔法は、あなたの勇気。



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シンデレラのガラスの靴 | トップ | 亀戸天神・藤祭り(2015春) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
シンデレラ(日本語吹替版)  監督/ケネス・ブラナー (西京極 紫の館)
【出演】  リリー・ジェームズ   (声:高畑 充希)  ケイト・ブランシェット (声:塩田 朋子)  リチャード・マッデン  (声:城田 優)  ヘレナ・ボナム=カーター(声:朴 璐美) 【ストーリー】 貿易商を営む父親が再婚し、継母とその連れ子で....
シンデレラ/同時上映 : アナと雪の女/エルサのサプライズ (カノンな日々)
いまさらシンデレラを観て何が面白いんだろ?と思いつつ同時上映の短編『アナと雪の女/エルサのサプライズ』観たさに行ってきました。 では、ポチっと。
『シンデレラ』(2015) (【徒然なるままに・・・】)
画面の美しさと音楽の流麗さにうっとり…。おとぎ話の映画化はこうじゃなければ。主役二人にあまり華が感じられませんが、ケイト・ブランシェット扮する継母の憎々しさ、出番僅かながらフェアリ-・ゴッドマザーをチャーミングに演じたヘレナ・ボナム=カーター(実はナレ...
シンデレラ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(11) シャルル・ペロー版を基にしているのでお子様でも楽しめる。
女子にとっては永遠の憧れ。『シンデレラ』 (水曜日のシネマ日記)
世界的に古くから親しまれている童話「シンデレラ」を実写化した作品です。
シンデレラ (そーれりぽーと)
ディズニースタジオ自らによる、実写リメイク版『シンデレラ』を観てきました。 ★★★★ たまに『フランケンシュタイン』や『マイティ・ソー』みたいな娯楽映画を撮る事も有るけど、シェイクスピアが得意なケネス・ブラナーが、こんなコテコテのディズニー映画をのりの...
キラ☆キラの魔法~『シンデレラ』 【字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 CINDERELLA  両親を亡くしたエラ(リリー・ジェームズ)は、継母(ケイト・ブランシェット)と義 理の姉妹に 「シンデレラ」=灰かぶり姫と呼ばれ、召使同然の扱いを受ける。 辛い日々を送っていたある日のこと、彼女は森で王子(リチャード・マッデ...
『シンデレラ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「シンデレラ」□監督 ケネス・ブラナー□脚本 クリス・ワイツ□キャスト リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム・カーター、       リチャード・マッデン、ソフィー・マクシェラ■鑑賞日 5月9日(土)...
「シンデレラ」(1回目) (或る日の出来事)
主演のリリー・ジェームズさん、見ているうちに、グレース・ケリーさんのように思えてきた。
映画「シンデレラ(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『シンデレラ(日本語字幕版)』 (公式)を本日、劇場鑑賞。採点は何とか ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら78点にします。 ざっくりストーリー 幼い頃に母を亡くしたエラ(リリー・ジェームズ)は、貿易商を営む父の再...
シンデレラ (C'est joli~ここちいい毎日を♪~)
シンデレラ '15:米 ◆原題:CINDERELLA ◆監督:ケネス・ブラナー「エージェント:ライアン」「マイティ・ソー」 ◆出演:リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム=カーター、リチャード・マッデン、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレイン...
「海街diary」 描写の余白 (はらやんの映画徒然草)
このところこの作品の番宣がとても多いので、少々食傷気味ではあったのですが、是枝監
シンデレラ (銀幕大帝α)
CINDERELLA 2015年 アメリカ 105分 ファンタジー/ロマンス 劇場公開(2015/04/25) 監督: ケネス・ブラナー 『マイティ・ソー』 出演: ケイト・ブランシェット:まま母(トレメイン夫人) リリー・ジェームズ:エラ/シンデレラ リチャード・マッデン:王子...
劇場鑑賞「シンデレラ」 (日々“是”精進! ver.F)
本当の愛を見つける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504260000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】シンデレラ オリジナル・サウンドトラック [ パトリック...価格:3,240円(税込、送料込) 【楽天ブック...
映画『シンデレラ』観た(*бωб*)♪ (よくばりアンテナ)
いやぁ~ほんとに映画館で映画観るの久しぶり。 半年も観てなかった・・・ 『美女と野獣』以来です。 最近になってようやくあれもこれも観たいって気分になってきました。 映画館で観るための時間が前ほどあるわけじゃないなってこともわかっていて、 今後はさ...
シンデレラ (風に吹かれて)
頼れる王子様登場 公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/cinderella 監督: ケネス・ブラナー 幼くして母(ヘイリー・アトウェル)を亡くし、彼女の“どんな時で
シンデレラ(2015) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ケネス・ブラナー 出演:ケイト・ブランシェット、リリー・ジェームズ、リチャード・マッデン、ステラン・スカルスガルド、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジャ......