排毒養顔カブセル

漢方便秘薬⇒排毒養顔カブセル

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

相手が自分のことを好きだって思ってくれてるの媚薬

2017-02-13 19:51:57 | 日記

街が赤やピンク、そしてきらきらとした金色にラッピングされる季節、普段なら毎年沈黙を決め込んでいるバレンタインという『乙女達の祭典』ならぬ『乙女達の闘い』のイベントに参加するべく、希理子は『お供』をつれて街にくり出していた。

「……それにしてもスゴイ媚薬ですね……」

 そう『当社比』ならぬ『当者比』3割り増しでつぶやいたのは『お供』こと小林純直17才、まだまだピチピチのはずの(笑)青少年である。

 しかし彼はもともと苦手な人込みの、しかも若い女の子達が熱気というよりも殺気に近い状態で群がり、その上苦手な甘ったるい香りまで立ち篭めているこの『デパチカ』という場所に辟易してい

た。出来ればとっとと逃げ出したいのだが、そう出来ないワケが彼にはある。

「そりゃそうさ」

 何故だか希理子は自慢げに笑う。「年に一度の『免罪符』が大安売りの日だもん。この『媚薬』さえ片手に持ってりゃ、普段より何割

か強気にあたって砕けられるだろうからさ」

 そう言って希理子がピシリと指し示したのはすでに買っていた媚薬の一つだった。「そういうもんですかね?」

 その手に握られたチョコをまじまじ見ながら小林は感心半分ため息半分でつぶやく。「そういうもん」

 そう言って希理子はその小林の様子にまたまた楽しそうに笑った。

 ちなみに現在希理子の手に握られてるのは『小林用』への媚薬である。希理子いわく何でも『特別なもの』らしい。今日はすこしだけ浮いた部費で、今年受験をする桜井らにむけての応援チョコを買う為に買い出しに来ていたのだが、大きな店鋪でいうとこのデパートはすでに3軒目で、その『小林用』のチョコレートは一軒目に立ち寄った変わったチョコが多く集められているという怪し気な店で希理子が購入したものだ。今現在はもともと本来の目的であった対3年用のチョコを物色中というところである。

 さらにちなみにであるが去年、これと同じような『応援チョコ』というイベントが企画されたのだが、かなり不評に終わった。それには理由があって、チョコを買いに行くように押しつけられた希理子がいつもの天の邪鬼な性格全開でハ-ト型のチョコレートに『不合格』と大きく書いてもらって配ったのである。一応希理子なりの励ます意味での冗談のつもりだったらしいが、受験で神経質になっている先輩方にははなはだキツいものだったのだ。

 その為、今回はそのような希理子の暴挙を阻止するべき『お目付役』がつけられたのである。それが小林で、選ばれた理由は『さすがに恋人が見張ってればさすがの希理子さんでも6割程度におさまってくれるだろう』というものである。何が『6割』かはあえて触れずにおくが、小林としてはこの買い物デートに関する感想はかなり微妙なものだった。

 もちろんたがいに部やバイトに明け暮れて二人きりの時間が持てない二人にとってデート出来るのは嬉しいことだが、いかんせん目的が目的である。ちなみに周囲のもくろみは外れ、ひさしぶりのデートということで浮かれて暴走しようとする希理子を止めるのはいつも以上にかなり大変なことだっ

た。

 そんなこんなですべての媚薬を買い終える頃には小林はすっかり疲れ果てていた。

 休憩しよう、ということで喫茶店は人が多くて嫌なのでそれを避けて裏路地に入った所にある児童公園のベンチに腰を掛けたのだが、そこはやはりまだ2月の上旬ということでかなり寒く、小林は少し心配になった。

「寒くないですか?」

 口に出してしまってから馬鹿なことを言ってしまったと思ったのだが、もうすでに音声として発せられている。だがそれに対して希理子が『かえって気持ちいいよ』と言ってくれたので小林はほぅと息をついた。その後しばし自販機で買った缶コーヒーで暖を取りながら寄り添いあっていたのだが、すっかり疲れきっていた小林は完全に脱力しきっていた。

「やれやれまだ若いのにもうそんなに疲れてるのかい?」

 小林の見るからにげっそりしきった様子に希理子は呆れた様子でからかう。「……俺、女の人を本気で尊敬しますよ」

「そう?」

 真剣に、心からそう思いつぶやくその小林の姿に、希理子はひとしきり笑うと、思い出したかのように小さな箱を手にとった。

「そうそう、はい」

 そう言って渡したのは先ほど手にしていた媚薬チョコレートである。

「どうやってもバレンタイン当日には渡せそうにないからさ、今日のうちに渡しておくよ」

「あ、あ、ありがとうございます」

 にこりと微笑んで差し出されたそれを小林は真っ赤になりながら受け取る。いくら甘いものが苦手とはいえ、恋人から貰う媚薬チョコレートは別格である。じぃーんと感動にも似た想いが込み上がり、甘いものへの嫌悪とは別の意味でそれを口にすることなど勿体無さ過ぎて出来無さそうで、小林は思わず家宝として永久保存版にしようかなどとさえ考えてしまった。

 そんな小林の想いを知ってか知らずか、希理子は自分からのチョコを小林が喜んでくれていることをその態度から読み取ると、くるりと目を回す、いつもの悪戯を思い付いた時の表情を浮かべた。

「でね、小林」

「はい?」

「そのチョコレート食べる時、気をつけてね」

「……はい?!」

 自分の妄想に酔いしれていたところを現実に引き戻され、そこで言われたそのセリフに小林は目を丸くする。その小林の姿を希理子は本当に面白そうに笑いながら、揶揄するように解説した。

「これね、食べるとものすごぉ~く、『元気』になっちゃうチョコレートなんだってさ」

「……はい??」

 余計に意味が判らない。

「だからね」

 希理子は吐息が掛かる程に顔を近付けながら、重大な秘密を打ち明けるかのように小林に向かささやいた。

「これ食べるとものすごぉ~くカラダが元気になっちゃって、あんたの場合には『あたし』が欲しくて仕方がなくなっちゃうんだってさ」

「…………はい?!」

「フフフ」

 まだ、余計に小林はその言葉のわからない。そのますます目を丸くし、きょとんとしている小林の様子を希理子はおもしろそうに笑うと、パッと手を小林の首筋にからめ、その勢いで小林の方に飛びついた。その瞬間、希理子と小林のカラダというよりも顔の一部が綺麗にぴったり重なりあった。

「つまりはね、『こういう』こと」いたずらなキスのその後に、希理子はにこりととても綺麗に笑った。

「……あ!!!、~~~~~~」

 やっとその『意味』を理解した小林はそれこそ色見本にも使えそうな程真っ赤になった。慌てふためき、普段の落ち着いた様子などみじんもない。そんな小林に希理子はもう一度チュッと口付け直すと一旦小林に手渡したチョコレートのラッピングをペリペリと破りながら、購入した店で聞いた解説を小林の前でくり返した。「なんでもね『ガラナチョコ』っていうんだってさ。一種の強壮剤というかなんと言うか、はっきり言っちゃえば『精力増強』の効果があるんだって。─────まあ一種の『媚薬』っていうヤツ?」希理子はそう解説すると小さく肩をすくめた。

 『媚薬』=『惚れ薬』というモノを想像する人であれば違うのであろうが、古の昔より密やかに伝えられてきた『媚薬』の大半はこういった種類のものであった。まあ、現在の科学力を持ってしても本当の意味で人の心をあやつることなど出来なかったのだから、この種の薬が『媚薬』として最高ランクであったのには間違いない。つまりぶっちゃけて言っちゃえば古今東西、『ヤッちまったら勝ち』と言うのが万国共通だったのである。

「ど、ど、どうしてそんなものを?!~~~」

 小林はそれだけは問わねばならぬとばかりに、懸命に言葉を紡ぎ出す。もしかしたらそういった意味で希理子を満足させてあげられてなかったのかと心配になったのだ。

「だってね」

「だって?!」

 そんな小林の心配とは裏腹に希理子は実にあっさりとそのチョコを選んだ理由を口にした。

「面白そうだったんだもん」

「─────────はぁ」

 おそらくそんな所だとは混乱した頭でもある程度予測出来ていたのだが、やはり予想どうりのその返答に小林はおもいっきり脱力した。

「なんだ、がっかりした?」

 自分的に小林の心情を理解していたのだろう。だが希理子の予想を上回るその反応に希理子はやりすぎたかといささか様子を伺うようなそぶりをみせると、その失敗を誤魔化すかのようにこんな話を始めた。

「ねっ、小林、知ってるかい?昔さ、今あんたが飲んでる『コーヒー』も『媚薬』だったんだよ」

「……はぁ?!」

 小林は希理子の口から出たその言葉に再び目を丸くする。それを得たりとばかりに希理子は話を続けた。「今ならねコーヒーも紅茶も簡単に手に入るけど、昔は超高級品だったんだよ。だから当然普通の人は見たことも飲んだこともないわけで、だから『媚薬』ってことになってたんだよ」

「どうしてです?」

 希理子のその言葉に疑問符が浮かぶ。ただ『高級』というだけで『媚薬』とは納得がいかなかったからである。

「あたしもよくは知んないんだけどさ、原因は『カフェイン』じゃないかって話だよ」

「……?!」

「だからね」

 まだ疑問の表情のままの小林に向かって、やや上目向きかげんに希理子は自分の頭の中にある知識の引き出しからこの話にまつわるものを引っぱりだしながら、小林に向かって解説した。

「コーヒーとか紅茶に含まれてる『カフェイン』って目をさましたりする効果があるだろ?飲みなれてたら大して効かないけどさ、ぜんぜんそういうの飲んだことない人が飲むと効果適面だったりすわけ、心臓がバクバクしちゃったり、変に目が冴えたりしてさ。だからその効果を昔の人は『媚薬の効果』だって考えてたみたいなんだ」

「そうですか」

 その言葉に小林は納得する。そう言われると理解出来る。だけど自身の解説を希理子は自分自身で否定した。

「でもね、本当の『媚薬』はそんなものじゃないんだと思うよ」

「えっ?」

 自分の会話にのってきた小林に向かって希理子は小さく微笑むとそのままゆったりと話をつづけた。「だってそうじゃない?『目が冴える』から媚薬だなんて違うだろ?動かしたいのは『心』であって『カラダ』じゃない。だけどそれでもこんなものが『媚薬』だと信じられてきたのはさ、そうだと信じたいほど───信じられる程相手に惚れ込んじまってるからで、だからこそそれを飲んだり飲まされたりしたその事実が嬉しくて───だからそれがたとえただの水だったとしてもその人たちにとっちゃ心もカラダも動かしちまう『媚薬』になるってことなんじゃないかと思うよ」

 そして希理子はからりと笑う。

「本当の『媚薬』はさ、『飲んだ』『飲ませた』っていうその『事実』───そこまで相手が自分のことを好きだって思ってくれてるそのことが、何よりの媚薬なんじゃないかと思うんだけどねぇ」

「そうですね」

 その言葉に小林は心から納得し、大きく頷いた。だってそれならわかるから────心からわかるから。

 誰かが自分を好きだと思ってくれている───それだけで充分嬉しいのに、もしもそれが大好きな人からの感情だったら嬉しくて、愛しくて仕方がなくなってしまう。心もカラダも熱くなる───その人への愛しさでいっぱいになる。

 だから小林は思わず珍しく微笑んでいた。冗談でも何でもいい───自分の一番愛しい人が、大好きな、大好きすぎる希理子さんが『媚薬』を贈ってくれようとしたことが嬉しくて、それだけですべてが熱くなった。

「ねえ小林」

 そんな小林の様子に希理子は嬉しそうに微笑むと、先ほどのことも踏まえてか、すこし躊躇いがちに───でもやはり希理子らしく、からかうように問いかけてきた。

「この『チョコ』いる?」

「!!──────」

 その瞬間に小林のカラダはかっと熱くなった。覗き込まれた潤んだ瞳それだけでごはんが3杯はいけそうなほど熱い想いに満ちてくる。

 だから希理子の手をとって、希理子が手に摘んだチョコをひと粒希理子の指先ごと口に含んだ。「!!」

 さすがにそれには希理子も驚いて目を見開くが、小林は力強く、でも傷つけぬようにそっと手首をつかんで固定したままで逃れることが出来ず、そのチョコが完全に消え去るまで小林は丹念にその指をねぶり、その指先を甘噛みした。

「んっ……」

 希理子の口から甘い声がもれる。その鳴き声と愉悦の表情に小林は小さく微笑んで今度は唇をむさぼると、今度は先ほどのチョコのように希理子のカラダが甘くとろけた。

「───あんたさ、もしかして『効いてる』の?」

 まだ昼間の───それも人通りが少ないとはいえ野外の場所でのこの行為に、希理子は効くわけないと思っていたこのチョコレートに本当に効果があったのかと思って問いかけた。

「ええ」その問いかけに小林は大きく頷く。

「効いてますよ───『希理子さん』が」

 そう言ってふたたび希理子の唇に己のそれを重ね合わせた。小林からのその言葉とその行動に希理子は一瞬目を見開いて、そして次の瞬間にはこれ以上ない程至福の笑みで微笑むと小林から与えられるその快楽に没頭した。


 ───本当の『恋の媚薬』とは本当は『お互い』のことなのかもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陰茎増大丸の商品説明 | トップ |  媚薬と呼ばれる5つのハーブ »

日記」カテゴリの最新記事