模型の館@ジユウノツバサ

模型を作る人・佐々木大悟のブログ。コメント・トラバは承認制です。あらかじめご了承ください。

堅苦しい話の続きをちょっとだけ

2009年08月20日 | その他雑談
衆議院解散で廃案になった
与党側提出の児童ポルノ禁止法の改定法案では
3年後を目途にマンガ・アニメなどに対しても
その適用を検討することになっていました。

その問題点については
すでに色々なサイトで指摘されているので
そちらを参照された方が早いかと思いますが、
某与党を嫌いと公言して憚らない
(でも選挙期間中なので具体名は一応自重します)
ワタシにもこういう不安があるわけですよ。

例えばコレ。

「衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって
性欲を興奮させ又は刺激するもの」
いわゆる「三号ポルノ」に該当するんじゃないかと、
警察がイチャモンをつけることはできますわな。
頭身が低いから「子供に見える」わけですし。

とはいえ、現実問題として
コレで逮捕に至ることはないでしょう。

美水かがみという方が描いた
『らき☆すた』という漫画において、
高校の教員を務める成人として描かれている
「黒井ななこ」というキャラクターで、
グッドスマイルカンパニーという会社が
かわいらしく見せるために
劇中よりも低い頭身にデフォルメして
販売したフィギュアだという立証は簡単にできますから。

ただ、時の権力者が
「●●党を悪くいうアイツは気に食わないな」
と思って圧力をかけるには、
警察官を任意の事情聴取に向かわせるだけでも十分でしょ?
この法案における濫用の危険性って
こういう事も含まれるとワタシは思うわけです。

今度の選挙で与党が勝利して
「予定通り」創作物への規制が強化されれば、
ワタシは枕を高くして眠れなくなりますな
フィギュアを処分するという選択肢はないんですか?>自分)。

BGM:「サティリック・サティ」エリック・サティ
~パスカル・ロジェ
~モントリオール交響楽団
(ポリグラム)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 児童ポルノ禁止法の改定審議... | トップ | TMM vol.5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。