シェーグレン症候群の薬剤師

シェーグレン症候群を患っている薬剤師のブログです。
病気の事、生活のこと、メモしています。

日光アレルギー

2017-07-15 22:37:56 | シェーグレン症候群
最近頻繁に顔の両頬が赤くなります。
いつなるかというとやはり日光にあった時と一致します。スマホに写メって見せました。
先生はこれは蝶形紅斑だな。普通のいわゆるIgEが関係するアレルギーではない。その証拠にIgE
は正常範囲でした。つまり花粉症やアトピー性皮膚炎などと違うということです。アレルギーの一つには違いありません。治療としては今までどおりロコイド軟膏、ひどいときはリンデロンV軟膏。飲み薬もクラリチンでは効果がないのでアレロックとプレドニンを飲むとよいといわれました。とりあえずクラリチンでも何んとかおさまったのでアレロックをもらっておきました。
あとあれこれ、言って色々出してもらいました。これで当分間に合いそうです。

今までは日に当たらないようにかなり注意をして生活していました。そのせいか症状はでなかったので、もう大丈夫かと油断していたらひどい目にあいました。年とっても顔がひどくなるのはやっぱり嫌だったです。やっぱり年寄りでも自分の顔を気にする気持ちが今回分かりました。今まで年寄りが別にシミなんかどうでもよいのにと思っていた自分が悪かったです。かゆいところもあり掻いたたのでかなり痕になり後悔です。
ゴルフでラウンドするときはばっちりガードするので赤くなることはありません。
つまり日常のちょっとした油断です。すっぴんで犬の散歩やすっぴんでゴルフのうっちぱなし。
アレルギーには4種類あって機序が違います。その違いは後日。覚えていないところもあるので。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1年ぶりの検診の結果 | トップ | 骨粗鬆症のその後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。