シェーグレン症候群の薬剤師

シェーグレン症候群を患っている薬剤師のブログです。
病気の事、生活のこと、メモしています。

骨粗鬆症のその後

2017-07-15 23:03:09 | シェーグレン症候群
今回の検診の結果で一番の打撃は骨密度です。
前回 と今回の結果
●腰椎 若年成人の90%➡95% 同年齢 101%➡107%
お見事です。5%以上の増加
●大腿骨 若年成人75%➡68% 同年齢 89%➡81%
えーーー8%近くの減量

先生もなんなんでしょうねと。ちょっと頼りない。
どうするか私に決定権を投げて。私はエディロール飲むぞと決めました。
カルシウム飲んでいたので血中Caは正常値でした。

しばらく飲んでだめなら、ビスホかプラリア注射かなということになりました。

でもきちんとした骨密度の検査をしてよかった。手首だけなら今回はきっと90%超えになっていたと思う。部分によっては6割くらい違うことがあるそうです。

薬を飲む間はカルシウム剤はやめて、ビタミンCとMBPだけにします。

老いがじわじわと忍び寄っているのが実感!

日光を避けて、でも日光に当たらないとダメ。手のひら1日20分でよいと。ふむふむ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日光アレルギー | トップ | コメントありがとうございます。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

シェーグレン症候群」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。