スポーツドクターSのざっくばらん

スポーツ障害専門カイロプラクターによる奮戦記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

精神的ストレスがあなたの体を蝕んでいく

2011-01-19 23:33:25 | カイロプラクティック


年末年始にかけて、大学時代の友人が治療院に遊びに来てくれました。

ちなみに、大学時代の友人で今もつながりがあるのは、ボディビル部関係者だけです。

年末に同期、つい先日は二年上の先輩が来てくれました。

お互い40歳を越え、いろいろと体にも不調が現れ始めてきた頃なのでしょうか。二人とも問題を抱えているようでした。

一人は重度のめまい、もう一人は頸椎ヘルニアと思われる症状。

めまいの彼は、仰向けになるとめまいが現れるため、ベンチプレスができないとのこと。ベンチプレスどころか、ここ三年ほど仰向けに寝ることもできないというではありませんか!・・・・・とここまで書いたところで、当の本人のブログで、ぼくが書こうとしたことが書かれているのを見つけました。こちら(トレーニング好きなサラリーマンの独り言)です。

こうやって、一人でも多くの人がカイロプラクティックの恩恵を感じてもらえるのは、嬉しいことです。カイロプラクター冥利に尽きるとはこのことか!?

 

もう一人の頸椎ヘルニアと思しきケースですが、この先輩の場合、少々厄介な症状でした。頚部から左上肢にかけての痛みとしびれ、さらに肩甲骨内側への突き刺すような痛み。頸椎ヘルニアに特徴的な症状です。

画像検査はまだしていないとのことなので、確定的なことは言えませんが、頸椎ヘルニアの可能性が濃厚なケースです。

結果的には治療後には、痛みは20%程度まで軽減しました。このまま症状が収束する可能性もありますが、あと数回の治療は必要だと思われます。

二人に共通しているのは、頸椎の問題であるということ。

そして、もうひとつ共通点があります。それは、ストレス。

肉体的ストレスだけでなく、慢性的な精神的ストレスに晒されているということです。

科学的エビデンスはないですが、精神的ストレスは頚部の肉体的問題として現れやすいような気がしています。

社会人として生きていく以上、多かれ少なかれストレスに晒されるのはやむを得ないですが、うまくコントロールする術を持っている必要がありますね。

それにしても、ぼくは仕事関連ではまったくストレスを感じていない。改めて、カイロプラクティックに感謝!

 

 

Dr.S

名古屋・岐阜のスポーツ障害専門カイロプラクティック治療院

 

blogram投票ボタン ブログランキング    

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 凡ミスでは許されないこともある | トップ | スポーツカイロプラクティッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。