真夜中のドロップアウトカウボーイズ@別館
ピンク映画は観ただけ全部感想を書く、ひたすらに虚空を撃ち続ける無為。




 「超スケベ民宿 極楽ハメ三昧」(2010/製作:Blue Forest Film/提供:オーピー映画/監督:竹洞哲也/脚本:小松公典・山口大輔/撮影監督:創優和/助監督:山口大輔/編集:有馬潜/監督助手:櫻井信太郎/撮影助手:宮永昭典/音楽:與語一平/協力:加藤映像工房・有限会社TOHOO/Special Thanks:岡田智宏/出演:赤西涼・沢井真帆・松浦ユキ・倖田李梨・AYA・岩谷健司・サーモン鮭山・久保田泰也・世志男)。照明助手をロストする。ところで協力の有限会社TOHOOといふのは、社長が森角威之の不動産屋。
 嫌だといふのに顔射を好む彼氏(声は岡田智宏、但し体は岡田智宏ではなく、これ久保田泰也か?)と別れることにしたOLの森朝香(赤西)は、無闇に政情の不安定な国出身の同僚・バニー(AYA)とハニー(倖田)の二人と、傷心旅行に繰り出すことに。一行は、バニーがチラシを持つてゐた“失恋民宿”とやらを目指す。一方何処ぞの海町、二人きりの高校美術部員、兼一応交際関係にもある高塚真由(沢井)と道後博明(久保田)が、一方的な博明の青い性欲を原因に戯れるやうに喧嘩する。その様子を野グソがてら見守つてゐた顧問(サーモン)は、演出上は真由にフェイントをかけつつ、博明に色んな意味で道ならぬ恋心を暴発させる。朝香らが目指した失恋民宿「路芽路」は、何時までも嫁にゾッコンな博明の父・博文(世志男)と、そんな夫に手を焼きながらも仕方なく迎へる母・明子(松浦)とが営む、博明の実家であつた。幸野賀一をハンサムにしたやうな感じの岩谷健司は、父子のよくいへば邪気のないスケベぶりに呆れ気味の、路芽路の板長・川本英二。本職は舞台役者とのこと。父親が国家元首といふバニーは、母国でクーデター発生との報に慌てて従者らしいハニーを連れ一旦退場する。一人残された朝香に、真由を思ふに任せぬ博明は、見境のない性欲の矛先を向ける。
 改めて、世評には違へた評価を整理しておくと、竹洞哲也の少なくとも今のところのピークは共に2004年の、「人妻の秘密 覗き覗かれ」(主演:吉沢明歩・竹本泰志)と「美少女図鑑 汚された制服」(主演:吉沢明歩・伊藤謙治)の、実はデビュー二作まで。2005年の「さびしい人妻 夜鳴く肉体」(主演:倖田李梨・柳東史)、「援交性態ルポ 乱れた性欲」(主演:冬月恋・倖田李梨)、「欲情ヒッチハイク 求めた人妻」(主演:夏目今日子・那波隆史)の三本は何れも惨敗の三連敗。2006年第一作の「ホテトル嬢 癒しの手ほどき」(主演:青山えりな)で幾分持ち直し、以降は当たり外れがありながらも、最終的には、そろそろ“竹洞組の映画”に対する固執を捨て、もう一度素の娯楽映画で勝負する気持ちも取り戻しては貰へまいか。といふのが、当サイトに於ける竹洞哲也に対する概評である。
 その上で、更に未だ近隣の小屋にまで辿り着いてはゐない、近作は数作未見であるといふ限定つきでの今作は如何にといへば、決然と得意の筆禍を仕出かしてみせるが最高傑作の正反対の、竹洞哲也最低凡作である。全篇をグシャグシャに崩してしまふ、チャラケ三文・久保田泰也による見苦しく腹立たしいばかりの博明空騒ぎ。そもそも、鮭山先生を“メタボ中年”と難じる前に、まづ己の緩みきつた首から上も下も絞らんか。バニーとハニーの異国趣味ギャグ・パートは、一国の政権が猫の目感覚で手の平を返す自堕落さまで含めて、端々を飾るどころかほぼ終始滑り放し。孤軍奮闘する沢井真帆が、愁ひを帯びた表情で映画的叙情を散発的に繋ぐ反面、最終的には完璧に唐突に博明に転ぶやうになびいてみせるのは、何たる御都合主義、あるいは怠惰か。完全に引つ繰り返つた卓袱台に腹が立つのも通り越し、暫く呆然としてゐた。蕩けるやうに肉感的な松浦ユキはいい感じではあるのだが、今度は世志男がカッチャカッチャと騒がしい。下手なルーチンワークよりは技術は伴なはぬが意欲的ではあらう分却つて、しかも何故か半ば党派的―もしくは村社会的―な支持も集めないではないだけに、一層始末に終へぬ罪深い木端微塵。新東宝の厳密には従来型のピンク映画ではない二作を入れても、八本しか観られてゐない内から何だが、カワノゴウシの「珍・監禁逃亡」(主演:伊東遥・水元ゆうな)にすら劣るとも勝らない、予想外のところから飛び込んで来た2010年のワースト候補である。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック


« ある歯医者の異常... 本番夫婦 新婚VS... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。