真夜中のドロップアウトカウボーイズ@別館
ピンク映画は観ただけ全部感想を書く、ひたすらに虚空を撃ち続ける無為。
 



 「おもらしドール 淫行の極致」(昭和61『SM・倫子のおもらし』の2008年旧作改題版/製作:国映/配給:新東宝映画/監督:片岡修二/脚本:片岡修二/企画:朝倉大介/撮影:倉本和比人/照明:佐藤才譲/編集:酒井正次/助監督:橋口卓明/監督助手:セカンドロスト、五十嵐伸治/撮影助手:セカンドロスト、佐久間栄一、もう一名/音楽:芥川たかし/出演:下元史朗・早乙女宏美・森崎めぐみ・堀江実香・池島ゆたか・八合昇・劇団滑車・外波山文明・堺勝朗)。照明の佐藤才譲―佐藤才輔の変名か―が、ポスターには石部肇、基本見慣れぬ名前ばかりのクレジットに惨敗する。出演者中、八合昇と劇団滑車は本篇クレジットのみ。
 恐らく、頭数の寂しさを誤魔化す目的もあると思しき、反転開巻。暴力団の関東竜か龍神会組長・堂島セイイチロウ(多分外波山文明の二役)が銃撃、殺害される事件が発生する。敵対する黒崎組の犯行かと思ひきや、関係なかつた黒崎組が手打ちした上で関東竜神会の犯人捜しに協力するまさかの事態に発展。一方、関東竜神会傘下の松葉組。後に脳軟化症であつたことも判明する、組長の松葉金次郎(堺)が堂島を殺させたとするケロッととんでもない告白に、若頭の沼田(外波山)と松葉の妻・アキコ(森崎)は度肝を抜かれる。悪びれるでない松葉と、アキコは夫婦生活に。一人残された沼田が、頭を抱へてタイトル・イン。サドマゾがスイッチする夫婦生活、アキコを一頻り責めた松葉が今度はオシッコを飲ませろと要求。アキコの聖水に喜悦しつつ、松葉は卒倒する、死んでゐれば腹上死ならぬ股下死である。ともあれ―身から出た錆でしかないのだが―松葉組の危機に駆けつけた、沼田の五分の兄弟分・野沢(下元)が、カッコいい劇伴に乗つて関西からワイルドに登場。野沢が病室の敷居を跨ぐや、恐らく意識は回復しないまゝ松葉は譫言を発する。「倫子ちやんの、オシッコが飲みたい!」、堺勝朗絶妙な片言の口跡での思はぬ切望に、一堂はマンガみたいにドン引きする。
 配役残りスッピンなのは女子高生設定からの要請なのか、早乙女宏美がその倫子ちやん。堂島の一人娘で、松葉が―野沢に始末される―子分二人に堂島を殺させたのは、自身のある意味無邪気な劣情に邪魔であつたからなどといふ大概な方便であつた。松葉に堂島殺しを白状すると開き直られ、沼田らはどうにかして願ひを叶へる方向に。捕へるところまではどうとでもなるにせよ、後々を考へた結果、秘密裏にオシッコを松葉に飲ませるには倫子を調教しよう、しかも―関東では面が割れてゐない―野沢が、といふ明後日だか一昨日な方向に話は展開。野沢は仕方なく「ROPER'S HOUSE」に調教指南を受けに行く、とかいふ次第で池島ゆたかが、「地獄のローパー」二部作で登場する「倒錯の館」主人と同じ造形の「ROPER'S HOUSE」主人。何処から連れて来たのか感を爆裂させる、ラリッたバンギャのやうな堀江実香が「ROPER'S HOUSE」M嬢。
 底抜けにカッコいいヒロイズムに投げ縄緊縛、“終”ならぬ“縄”と大書する画期的なエンド・マーク。そしてピンク映画の歴史に箍の外れたスペクタクルを刻み込む、驚愕のクレーン車数十メートル宙吊り!三十年前に人類が遭遇した永遠の規格外、正しく伝説の「地獄のローパー」二部作。第二作「緊縛・SM・18才」の次作となる、片岡修二昭和61年第二作、因みに第一作の「逆さ吊し縛り縄」は四作前。
 スッピンの早乙女宏美がボーイッシュなどころか単なる波田陽区で、否応なく脆弱な女優部。風に木の葉が揺れるが如くバタバタと人が死んで行くともいへ、あくまで軸足をオーソドックスな任侠物の範疇から逸脱しない分、「地獄のローパー」二部作と比べると如何せん飛翔力不足は否めない物語。女優部とは対照的に充実した男優部が奮闘しつつも、一見粒の小さく見えかねないのは、それはそもそも「地獄のローパー」二部作を相手にした敵が悪い。ライターに火を点けるやうにサイレンサー付きの銃を振り回し、カッチョよく戦つて極道としてではなく変態として死んで行く死に様を選ぶ下元史朗は颯爽とスクリーンを駆け抜け、生粋のサディストとマゾヒストとが、最終的には涅槃で添ひ遂げてみせるのは結構な大ロマン。「地獄のローパー」影の第三作完結篇とも目すべきか目し得る、時代の波に埋もれた一作に、思つて思へなくもない。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 陶酔妻 白濁... 女囚101 しや... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。