真夜中のドロップアウトカウボーイズ@別館
ピンク映画は観ただけ全部感想を書く、ひたすらに虚空を撃ち続ける無為。
 



 「ルナの告白 私に群がつた男たち」(昭和51/製作:日活株式会社/監督:小原宏裕/脚本:佐治乾/プロデューサー:岡田裕/撮影:前田米造/照明:信田宏安/録音:神保小四郎/美術:坂口武玄/編集:井上親弥/音楽:樋口康雄/助監督:斉藤信幸/色彩計測:鈴木耕一/現像:東洋現像所/製作担当者:山本勉/出演:高村ルナ・珠瑠美・中丸信・湯沢勉・高橋明・丘奈保美・井上博一・結城マミ・鶴岡修・やかた和彦・清水国雄・佐藤了一・賀川修嗣・池田誉・影山英俊・朝霞マリ・日夏レイ・ダーナワルシー・広世克則/証言:須藤甚一郎《ルポライター》)。出演者中、鶴岡修と清水国雄から影山英俊に、広世克則は本篇クレジットのみ、須藤甚一郎も。クレジットはスッ飛ばす配給に関しては、事実上“提供:Xces Film”。
 意表を突く―当時―雑誌記者の須藤甚一郎ヒムセルフ登場、昭和四十年代後半のハーフタレント流行の背景を適当に概説した上で、“この映画はフィクションであり実在の人物・事件等とは一切関係ありません”なる、心にもないどころかんな訳あるかなお断りクレジット。大わらわなハーフタレント専門の芸能プロダクションの様子噛ませて、ゴールデン・ハーフの皆さん(朝霞マリと日夏レイとダーナワルシーがその他三人)が本番終了。声をかけられ(相手の男が誰なのか不明)サクサクついて行つた高村ルナ(大絶賛ハーセルフ)が、ホテルの駐車場で今でいふパパラッチされるストップモーションが鮮烈なタイトル・イン。クレジット明けの大役を果たすのは、こちらも予想外のバイプレイヤー部・佐藤了一。スナック店主(佐藤)のこれまた在り来たりな、簡単に片付けると「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」風のルナに関する証言が火蓋を切る、デビュー前の横田時代。母・昭子(珠)と情夫・笹本(高橋)の、肉の饐ゑた匂ひが本当にスクリーン越しにも届いて来さうな関係に辟易するルナは、ゴーゴー喫茶にて全員ハーフのアイドルグループ結成を目論む、芸能マネージャーの上条英男(湯沢)に声をかけられる。この一幕、何処の馬の骨とも知れないイモ臭いバンドが「君だけに愛を」を爆音で鳴らし、照明がバッシバシ点滅するてんかん―発作を誘発しかねない―描写が火を噴くゴーゴー喫茶。クールビューティーを気怠く燻らせるルナと、金ピカのスカジャン姿で原石を探す上条がミーツするシークエンスが、圧倒的にサイケで信じられないくらゐカッコいい。
 配役残り丘奈保美は、上条が転がり込ませたルナに、難色を示す上条の女房・加根子。これ見よがしに出て来た割に、別に高村ルナと絡みもしない中丸信は、歌手の森田健一。この辺り、モデルがゐるのかゐないのか、そんな昔の芸能事情は潔く知らん、後述する松坂あきらは松方弘樹ぽいけど。鶴岡修と結城マミは、森田のマネージャー・丸谷昌一と、丸谷が上条に紹介する新人歌手・石野あゆ子。結城マミの濡れ場は、森田に喰はれる。井上博一は、ルナに接触する芸能記者・山口重信、森田には気をつけろとか忠告しながらルナと寝る、ゲスさが堪らない役。清水国雄は、ルナがうつゝを抜かし仕事にも穴を開けるバンドマン・栗田ジロー。やかた和彦は、オープンカーでルナの秘裂に怪しげなクスリを塗り込む荒業を爆裂させる、映画俳優・松坂あきら。どうでもよかないのが、大半の男優部が馬鹿デカいグラサンをかけてゐて、誰が誰やら清々しく判らん。賀川修嗣は泥酔し路上でゲボゲボ吐き始めた昭子を、保護する制服警察官。影山英俊は、結婚を望んだ松坂が社長令嬢との婚約を発表し、失意のルナを抱くヘヤーデザイナーのダン・影山。その他視認出来たのは、笹本に五百万を騙し取られた珠瑠美が、雀荘に乗り込むどうしやうもない修羅場。マージャンの面子に、庄司三郎が見切れる。クレジット組では池田誉と広世克則が遂に特定不能のまゝ残されるが、これ広世克則といふのは、近年レジェンド組の広世克則とは同姓同名?同一人物であるならば子役でもないと齢が全然合はない。
 実家がマネージャーに二億円詐取される、三億ならぬ二億円事件とやらで当時巷間を騒がせた大原みどり(現:大原未登里)が中盤、一切何にも本当に一欠片の脈略もなく大実名で出し抜けに飛び込んで来もする、小原宏裕昭和51年第二作。スキャンダラスの賞味も遥かとうの昔に切れたこの期にともなつては、公開当時の二年前に解散したex.ゴールデン・ハーフの高村ルナに、確かに男供が群がるばかりの実も蓋もない物語といふほどでもない物語を、珠瑠美が辛気臭く味つけ。挙句に影山英俊がダン・影山だとか作為を欠いた役名で出て来るに及んで、開き直るかの如く力の抜けるギャグに堕した、端から時代を超える気もない生臭い一作かと思ひきや。括らせた高を粉微塵に粉砕する、よもやまさかのメタなラストには驚かされた。馬鹿にならないロマポの懐の深さに、完敗を認めるほかはない。

 以下は再見に際しての付記< 須藤甚一郎に続いての本篇ど頭に、コミタマが飛び込んで来る。あと、森田健一をルナに紹介するのが近江大介。
 まさかのメタラスト< 松坂父口利きの京都の仕事で、小原宏裕も出撃しての実録映画撮影開始


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 愛人名器 ‐奥... 好色不倫妻 ... »
 
コメント
 
 
 
私もびっくりです (横浜のロマンポルノファン)
2017-08-08 00:05:56
小原宏裕はよく「生まれてくるのが早すぎた」と言われてました。作風が才気走り過ぎ、物語の流れがシュール、ついていくのも大変だったんですよね。
この映画は高村ルナの現実にあった?スキャンダルを軸に据えて、彼女の半生記をそれなりに順当に締めくくるかと思いきや、このセミドキュメントさえも鮮やかに超越するメタ・???(なんていうんでしょうか)
当時はかなり話題作だったことも考えると、監督自身が壮大な落ちに登場するというのは、随分と大胆なことをやったもんです。
 
 
 
>私もびっくりです (ドロップアウト@管理人)
2017-08-08 07:02:10
 影山英俊辺りとか殆どルーチンすれすれなのに、
 所々爆発的にカッコいいのが油断ならない感満載です。
 次また何か小屋に来たら注目して観に行きます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。