なるるの釣りとロードバイクブログ

徳島ほのぼの釣行記とのんびりヒルクライム日記。
住吉丸と2016TARMAC-COMPが相棒です。

汐丸 イサギ釣り

2015-04-30 20:43:44 | 船釣り
4/30 中潮
なる、さのちゃん、大先生の3名でイサギ釣りに行ってきました。
先週よく釣れてたんだけど、直近水温急低下で全然釣れなくなっていたけど、
昨日から水温戻って釣れてるとのことで、期待してGO。

ポイントは、いつもの如く、ワタリです。
船は僕ら以外誰も居ない。あれ?
水温は、18.5℃あって、まずまず。
潮は津島方面に流れるゆるい下り潮。
昨日と状況一緒だけど、坂なら映らないと、船頭が言い出す。
あら?

とりあえずやってみると、全然喰わない。
仕方ないので、カゴ外して、完全フカセやると、

ウリ坊ゲット。
去年とは違うぜw
と入っても、こんな状況なら、やっぱり磯竿持ってきたらよかった。
洗うの面倒臭いなって思って、置いてきたの大失敗だった。

そんなこんなで、いつもの如く、イカリの上げ下ろしばかりして、
全然釣りにならなかった。
でも、生簀を見ると釣った数以上にイサギが泳いでる。
昨日たくさん釣れたから置いておいてくれたとのこと。
ありがたや。
って、ことで、土産確保なので、後は適当。
たまにイサギが釣れたって感じ。

そんなこんなで、釣果は、

の2倍以上。
さのちゃんが実家に帰るというので、大きいのはほとんどあげちゃったから、
小さいのしか写ってないけど、連れた魚は本当に小さかった。
人にあげるのが恥ずかしいサイズ。
5/23あたりにリベンジに行こうかな。

ちなみに、ウリ坊は煮付けで食べたらしっとりして美味しかった。
刺し身は、息子が気に入って食べてた。
僕の鉱物の塩焼きは、まだちょっと脂のノリが足らない感じだった。
しらこも卵も小さかったし、あと1月弱ぐらいいるかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シマノ絶景ドリームツアー 写真

2015-04-21 20:07:49 | 船釣り
カンパチ編




嬉しかったな。
すごく肥えているように見えたのに、食べたらあっさりしすぎて美味しくなかった。

アオチビキ編




田島さんの喜び方が半端無かったな。
魚もよく引いて面白かった。
そもそも何がかかったかわからなかったので、ドキドキ感がすごかった。

キハダ編


死餌で初めてキハダ釣った。

キハダ編



あまり期待してなかったのに、こいつすごく美味しかった。

亀谷さん編

流し専用ロッドであげてたので、楽しそうだった。

集合写真

いい思い出。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シマノ絶景ドリームツアー 4/17

2015-04-18 23:38:30 | 船釣り
4/17 大潮
ホテルロビーに6時半に集まり、目の前のコンビニで買い物をして、港へGO。
とはいっても、車で3分もかからなかった。
大正行く時とか2時半起きとかだから、なんて楽なんだ。
船は、いつも高橋さんが使っている船が取れなかったので、
その船長紹介で、osanaimaruという船を使った。

大きさは、住吉丸と同じぐらいかな?
黄色い服の人が高橋さんで、もう一人が船長。
船長もいい人だった。釣りしながら色々教えてくれた。

出船すると、港によくTVで見る船が。

尖閣諸島に行く海上保安庁の船がいっぱいいた。
ご苦労さまです。
結構大きいくて立派だったけど、護衛艦ぐらいの買ってあげたらいいのに。
昔、小松島に護衛艦が来てて、子供つれて見に行った時に、
護衛艦と駆逐艦の違いはなんですか?って質問したら、
自衛隊は専守防衛なので護衛艦という名称ですって答えられたな。
なんだかなぁ。
そもそも攻撃受けた後だと、機能低下して、勝てるものも勝てなくなると思うけどな。

そんな釣りと関係ないことは、横にポイして、話戻ります。
沖に出ると、風はあまりないけど、ちょっと波があるかな?っていう程度で、
僕が船酔しないぐらいの感じだった。
まずは、ムロアジを釣らないと、何も始まらないので、
石垣島の東のほうへGO.
これがまた、いつもの住吉と同じ流れで、なかなか釣れない。
高橋さんと佐伯さんが一生懸命やってくれて、ポツポツ釣れたので、
交代してやらせてもらった。
わかったのは、棚が頻繁に変わる上に、魚の層が薄い。
喰うところは2mぐらいの幅しかない。
そうそう、石垣島のサビキは変わってて、6本針なんだけど、
上下3本ずつに分かれてて、間に1ヒロぐらい針がないところある。
ばらしにくくする工夫なのか、上げるときに針が手とかに刺さりにくくするためなのかな?
高橋さんに聞いたけど、バラシが減るのかな?よく分からんとのこと。
ちなみに、1m超えるイタチザメが船についちゃって、
何匹かかっさわれた。
昨晩高橋さんから言われたんだけど、鮫がいるとムロアジ上げるときに、
噛み付きに来たり、糸引っ張って針が手に刺さるとかあるらしい。
怖いな。
そろそろ慢心からやってしまいそうだから、注意しようと思った。

そうそう、ムロアジになんか喰ってきて、あげたらツムブリだった。
見たことある魚だらかどうでもいいやと思いつつ、
タモが来るのを待ってたらエダス切られちゃった。
雑なことするとダメだね。

ムロアジも25匹ぐらい確保できたので、大物狙いに変更。
道具は、チェルマーレ&BeastMaster6000、PE10号、ハリス60号。捨て糸なし。


2流し目で、僕ヒット。
走った。たぶんカンパチだなっておもって、ライン巻いたら巻けない。
あれ?ドラグゆるかった。。。
自分で調整してなかった。
今回大名釣りだから、油断してた。
田島さんはオーマチ(アオチビキ)かなって言ってる。
でも、カンパチと思うけどなって思いながらあげてた。
で、上がってきたのは、

やっぱりカンパチ(9kg)でした。
2桁行くかと思ってたのに。ちょっと残念。
でも自己記録更新。
ちなみに、高橋さんらはこのポイントでカンパチ釣ったの初めてらしい。おいおい。

その後あまり当たらないので、おもり外してフカセ釣りに変更。
始めてやる釣り方ので、田島さんにレクチャーしてもらいながらやってると、アタリ有り。
でも、なんか外れた?リールもライントラブルでてしまった。
僕がライン直している間に、田島さんが手でシャクって誘い入れたら、ヒット。
なんかよく引く。おもしろーい。
船べりによってきた時に、カンパチみたいに見えたけど、
上がってきたのは、

今度はオーマチ(12kg)でした。
※正式名称はアオチビキ。大正のチビキと違って白身だった。
このサイズは珍しいらしい。
田島さん大興奮。これおいしい。すごいいいの釣ったって。
大好物みたいなので、差し上げました。
あれだけ、目を輝かせるとはオーマチに対する愛の深さが半端無いと思って。

漁師から、パヤオでキハダが釣れているという連絡があったそうで、
こっちパッとしないのもあって、移動。
今度は石垣島の南。
到着というので、速攻みよしに行ってブイを探したら、ない!?
あれ!?
船長にどこにあるの?ってきいたら、海面から50mに沈めているとの返事。
へぇー。甲浦や室戸のイメージとぜんぜん違うな。
他のところではブイもあるらしい。

ここからが、初体験で、冷凍イワシを撒き餌に巻いて、サシエも冷凍イワシ。
チャムじゃなくても釣れるの?
しかもハリスも60号のまま。
半信半疑でやってると、撒いた死餌に小型のビンタとカツオが食らいついてきた。
競うように食ってる。
牟岐でやる船の掛け釣りでのグレ釣りみたいな感じでやると、ヒット。

ちょっと小さいけど、キハダゲットです。
さすがに、このサイズだとあのデカイムロアジはよう食わんな。

僕はそこそこ楽しい思いさせたもらったので、
キハダはずっと一人で遊んでた。
高橋さん、田島さんは亀谷さんのサポートをした。
そしたら、スピニングの仕掛けにヒット。

すごく曲がってる。でも、ラインいうほど出て行かない。
初めてなのに、結構上手に上げてくる。

キハダでした。
あの竿無茶楽しそう。
佐伯さんに聞いたら、オリゾンマーレっていう流し釣り専用の竿とのこと。
華奢そうなんだけど、結構パワーある。
竿にはあまりお金かけない主義だけど、これは欲しいな。
ちなみに、リールはステラの6000番だった。これは手が出ない。。。

この後、亀谷さんにすごい大きいアタリあったんだけど、
僕とライン交差してもたついたせいか、トラブル解消後にハリス切れしちゃった。
ごめんなさい。
でも、僕はあげちゃった。

亀谷さんのは、30kg超えるぐらいのキハダか、得体の知らない奴だったんだろうな。
ああいうの経験すると、ハマるよな。
大体、釣ったことよりばらしたことの方が記憶に残るもんな。

この後もキハダ釣って、納竿となりました。
僕はほぼ一日中チェルマーレを使ってたんだけど、この竿いいな。
これも欲しくなっちゃった。でも価格的には手が出ない。
佐伯さんがいうには、固い竿でドラグ閉めたら、魚の引きの負荷が全部人に来るから、
よっぽど体力ないとしんどいとのこと。
ケチって、昔買ったBlueRoseの10ozで大正でカンナギ狙いしてるのはまずいのかな?
住吉船長が曲がらんほうがいいと言ってるし、
普段曲がらないけど、大きいの来たら曲がるからいいかと思ってやってるんだけど。。。

釣果は、


こんな感じ。
※3人は台湾用の写真撮影中だった。
楽しかった。
欲を言えば、もっとでかいのを釣りたかった思いはあるけど、
生き餌のフカセ釣りを勉強できたのはすごい収穫だったと思う。
今度住吉でやってみよっと。

魚は、カンパチ・キハダ・本鰹をそれぞれ1本ずつクール宅急便で送った。
※1ケース15kg以下にしないといけないんだね。

今回まさにドリームツアーだった。
こんなメンバーで釣りできることなんてもうないだろうな。
色々教えてもらったことを今後の釣りに活かしていこう。
そうそう4/25から第二段の応募が始まるらしいので、
GWのいはらのセールでシマノのなんか買わなきゃ。

あと、もう一つ収穫があった。
徳島はやっぱり恵まれてる。
オコゼ、ホーガン、ヒラメ、ブリ、真鯛、
カンパチ、カンナギ、イシナギ、キハダ、クロマグロ等々
がそれなりの良いサイズが日帰りで釣りに行けるなんて本当にラッキーだと思い知った。
大きいの釣りたければ、大正、岬沖、ブイに行けばいいだけだもんな。

佐伯さん、高橋さん、田島さん、亀谷さん、本当にありがとうございました。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シマノ絶景ドリームツアー 4/16

2015-04-18 22:25:37 | 船釣り
事の始まりは、去年愛機のBeastMaster3000をオーバーホールに出したのに、
釣行1回めの数流しで壊れたことだった。
クレームつけて再度オバーホールしたものの、
2回ぐらいの釣行でまたおかしくなったので、あきらめた。
予備でキープしていた電動丸3000XTも動作悪いし、
両方を捨てて、ForceMater3000を買って、乗り換えた。
その時に、シマノワンダフルフェアへの応募券がついていたので、
なにげに応募した。
どうせ当たらないだろうけど、高橋哲哉と行く宮古島泳がせ釣りを選んで。
最近大正行きたい病なので、これしかないかなと。

すると、1月に家の方に電話があり、嫁が対応。
LINEでシマノからワンダフルフェアにあたったみたいよと連絡が入った。
僕が普段PCのメール読まないので、返信がないから電話で確認が来たようだ。
嫁の許可もらい快諾の返事しちゃった。
会社の上司と同僚にも一応4月ぐらいに数日休みますとお願いした。

そして、とうとう当日がやってきた。
今週末、仕事、重いことがあったけど、ごめんちゃいして休ました。

朝、松茂から関空へ、そして石垣島へ直行です。
久米島見えた。

宮古島だ。

多良間島っていうらしい。


そんなこんなで、12時半ぐらいに石垣島に到着。
シマノの担当の佐伯さんに電話すると、目の前で携帯なったので、
すぐに自己紹介してホテルへ移動。
他のメンバーは、夕方到着らしいので、一人市街地観光で子供への土産確保。
貝殻が大好きなので、珍しいのを買ってやりました。
貝殻に5000円も使ってしまった。。。

夕方に、よくTVで見る高橋さん、沖縄のフィールドテスターの田島さん、
ドリームツアー当選者の亀谷さんと合流し、
おもり等の小道具を買いに釣具屋へGO。
ベアリングサルカンの三叉の大きいのとかがゴロゴロある。
こないだロットロットで頼んだら、納品に2ヶ月位かかったんだよな。
ジグのコーナーに行くと、スロースキップが並んでた。
こんなところでも流行ってるんだ。びっくり。
おもり何号買うのかな?って思って見てたら、以外なことに150号と軽い。
行くところがそんなに深くないみたい。60-90mだそうな。

その後、作戦会議という名の飲み会となった。
絶妙に明日だけ風が弱まって、凪で、絶好の釣り日和とのこと。
さすがドリームツアーついてます。
ちなみに、本当は3名だったんだけど、1名来れなくなったそうな。
また、このドリームツアーが一番人気だったそうで、応募数は2000件超えたらしい。
結果的には、0.1%を引いたみたい。ラッキー。

高橋さんはホント気さくな人で、すごく話しやすくて、いろいろ教えてくれた。
高橋さんは、三宅島の人と思い込んでたけど、
5年ぐらい前から沖縄に住んでるそうな。
田島さんは、すごく愛嬌ある人で、楽しい人だった。
佐伯さんは、すごくまじめな人で、かなり気を使ってくれてた。
亀谷さんは、船釣り始めただけど、八丈島で釣りしてる人で、話も面白い人だった。
ッて感じで、皆初対面なのに、釣りの話で盛り上がって、
釣りする前から楽しい時間を過ごせた。
実釣より、こっちの方がいい経験だろうだなって思った。

ちなみに、釣りの時の服装関係は、

ッて感じで、シマノ固めです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住吉丸4月定例会

2015-04-03 20:33:17 | 電動部
4/4の釣行は天気悪いので中止となりました。
残念。
5月はもじゃこ漁があるので、次回は6月です。
大正行きたいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加