なるるの釣りとロードバイクブログ

徳島ほのぼの釣行記とのんびりヒルクライム日記。
住吉丸と2016TARMAC-COMPが相棒です。

梶ヶ森⇒京柱峠

2016-05-28 21:13:28 | ロードバイク
05/28 参加:成川、江口

梶ヶ森に行くことにした。
ルートは大歩危まで輪行して、梶ヶ森⇒京柱峠⇒見ノ越峠 or 落合峠 ⇒ そして輪行
というプランで、一応京柱峠の後に行き先決めることにしてた。

で、徳島駅に6時すぐに集合して、切符買ってると、
小杉嫁にえぐっさんが発見されてしまった。。。
春ちゃんらと美馬まで行って、そこから徳島まで50 km走って帰ってくるそうな。
とりあえず、行きは途中まで一緒の特急だったので、話しながら楽しく行った。
で、天気予報悪いよって情報もらって、びっくり。
今週、ずっと土曜日の天気予報は晴だったから確認してなかったよw
穴吹あたりから車窓が濡れ始める。。。
でも、もう引けない。

とりあえず、大歩危到着。

子泣きじじいが居た。

国道32号にでると、小雨が降ってるけど大したことない。
でも、路面が濡れてる。。。
テンション下がる。。。
とりあえず、京柱峠の入り口まで30 km/hちょいぐらいで行ったら、えぐっさんが付いて来てない。
ちょっと待って、合流して、話し聞いたら、
路面濡れてるから、後ろに着くといっぱい泥が跳ねてくるから、後ろにつけないので、
遅れたとのこと。
しゃあないな。
昨日飲み過ぎてしんどいんかと思ってた。

ツール・ド・にし阿波でママチャリ抜いた辺りが梶ヶ森の入り口だったみたい。
早速アッタク開始。
75-80分ぐらいを目標にしてみた。
序盤は、気構えていたほどはきつくなかった。
でも、雨がどんどん強くなってくるし、気温が下がる。。。
テンションだだ下がり。

大きなイチョウの木があって、これが大イチョウかと感心しながら、見てたら、
傾斜がきつくなってきた。
ここ以降、12%ぐらいがずっと続く感じだった。
ようやく本番。傾斜がずっときついので、ドリンク飲むのも難しい。
しかも、鉄網の上を通ると、後輪が滑って怖い。。。
怖いので、鉄網の上でクランク回さないようにしたら、失速して転けそうになるので、
結局優しく踏むことにした。
路面も途中結構悪いところがあって、かなり気を使った。
しかも、霧がすごく濃い区間があって、全然前が見えないので、
斜度の先読みができず、辛い。。。
完全に修行モードだった。

そして、半分過ぎた辺りで激しい腰痛に襲われて、うまくクランク回せなくなった。
リュック背負うといつも痛くなるんだよな。
輪行セット入ってるから、他のと合わせて3kgぐらいあるから、
やっぱり上半身のバランスがおかしくなって、腰に負担が増えてるのかな?
※そもそもリュック自体が重い。Deuterめ。
車できて、ノーリュックで上がった方が良かったな。
とは言っても、リュックなくなるわけでないので、
ダンシングしながら腰伸ばしたり、腰振ったりしてごまかしながら、上がっていった。
いつもなら必殺の8 km/h固定でいけるんだけど、
今日は6-7 km/hまで落ちちゃったw
ダメだこりゃ。
この時点で、目標をタイムでなくて、足つかずにゴールに変更。

古びたレストランみたいなとこ過ぎたぐらいから、すごい坂が来た。
サイコンで20%って出たよ。面白いな。迂回路思い出して、笑ってしまった。
だいぶ上まで来ると、雲の上に抜けてみたいになって、すごく綺麗な風景が見えた。
こういうの見ると、頑張ってきてよかったなって思うよな。
でも、またすぐ雨が降ってくる。。。

森林限界を超えて、熊笹が出てくると、更に気温が下がってきた。
漕いでるのに寒気がするレベル。
山荘までくると、他所のブログで見た基地みたいなのが前方上方にはっきり見えた。
あと2kmぐらいだ。
ネットでは、ここからがすごい坂となってたけど、きついのはきつけど、
すごく路面が綺麗なので走りやすかった。
サイコンが途中から動作おかしくなったので、斜度がわからなかった。
雨で水分中に入っちゃったのかな?
ちなみにどういう状態かというと、斜度が1800%とかになってたw
腰の痛みと闘いながら、気合でゴール。

Stravaで、82分39秒だった。
なんか悔しいので、今度は晴れた日に、リュック無しで再チャレンジだ。


これって、何なんだろう?電波塔?
周り見晴らすと、雲多いけど、山がいっぱい見えたので、
晴れた日に来たらすごく綺麗なところだと思う。
結構気に入ったな。大川原高原より面白い。

晴れを想定してたので、ウインドブレーカーを持ってきてなかった。
歯がガタガタ震えるぐらい寒かった。
雨はずっと降ってるし。。。
えぐっさん、待ってる間にどんどん体温が奪われていった。
でも、10分ぐらい遅れでえぐっさん来てくれた。

このポイントが写りがいい気がする。

写真とったら、長居は無用言わんばかりに、下っていったんだけど、ムチャ寒い。
普通、こんな天気でヒルクライムせんよな。馬鹿だよなぁ。
下りは怖いのと寒いのとで、超スローペースで安全運転で下った。
そして、京柱峠へ。

雨が一向に止む気配がないので、テンション上がらないから、
えぐっさんと並走して雑談しながらのんびりと上がった。
ここでも、途中から腰が痛くなった。
にし阿波の時は、全く腰痛なかったから、
斜度のせいじゃなくて、やっぱりリュックのせいだな。
重心が変わってるのに、それに合った乗り方ができてないせいだろうな。
毎回リュック背負ってるえぐっさん、やっぱすごいよな。
そして、到着。

自転車降りたら、しばらく歩行困難なぐらい腰痛かったw
ちなみに、京柱峠登頂は、にし阿波のときより20分ぐらい遅い。。。

ここもかなり気温低くて、低体温症になることを心配するぐらいだったので、
更に標高が高い所はやばいだろうということで、
落合峠も、見ノ越峠も諦めて、祖谷経由で、池田に行って、輪行で帰ることにした。
ツール・ド・にし阿波も悪天候時はBコースに変更だったし、それにならってみた。
ってことで、最終的には今日のルートは↓。

走行距離:105.4 km, 獲得標高:2534 m
ちょっと、物足らないな。

かずら橋を通り越した辺りの蕎麦屋で遅めの昼食を取ることにした。

ふたりとも、かけそば大。
寒くて、増えるから、温かいものが食べたかったんだよな。
普段なら、あまり飲まない汁も全部のんだw

Bコースの名物、祖谷の小便小僧。

すごく小さかった。。。
この辺りから、雨が止み始めた。
やっぱり、標高が下がってくると、雨も上がるし、気温もそこそこになった。
県道32号は思いの外、道が良くて、走りやすかった。
そして、無事池田に到着。
特急が出た直後で、17時代は特急どころか鈍行もなかったので、
次の鈍行で帰ることにした。
2時間弱かかるらしい。

こんな感じで、自転車を手すりに固定して、二人でダベりながら帰った。
この路線の鈍行に乗ったのなんて、35年ぶりぐらいのような気がする。。。。

今後は、車で行って、ノーリュックで梶ヶ森にリベンジだな。

ちなみに、今週から初めて体幹トレーニングの成果は全然出せなかった。
ただ、股関節から脚を上下させるのは出来るようになった。
ケイデンス低いけど。。。

あと、サイコンの筐体開けてドライヤーで乾かしたけど、直らない。
壊れちゃったのかな?
明日、ネットで調べて、頑張ってみよっと。
だめなら、新品買い直そうっと。
Runtasticを並行して動かしといてよかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マルチミネラル | トップ | 朝練 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ロードバイク」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。