なるるの釣りとロードバイクブログ

徳島ほのぼの釣行記とのんびりヒルクライム日記。
住吉丸と2016TARMAC-COMPが相棒です。

Racing 3 グリスアップ & 眉山 by Sirrus

2016-09-18 15:49:46 | ロードバイク
09/18

今日は朝からずっと雨なので、
Racing 3 のグリスアップをやってみることにした。
前にカンパグリスは購入済みなので、準備はできてた。
それに、今はRacing Zero C17が普段履きになってるので、
失敗したところで問題ない。

やる前に、ネットで「Fulcrum Racing 3 ハブ メンテ」と入力して、
Google先生に教えてもらって、手順を頭に叩き込んでからスタート。
逆ネジとか、知らないと無理だよな。
ネットの手順通りにやって、バラバラにすることができた。
ホイール本体のグリースはきれかった。
でも、ラチェットのところは黒くなってた。
フリーハブだけ外してグリスアップするだけでよかったっぽいけど、
外しちゃったので、全部クリーニング。

ボール転がっていったらやばいから、今度、百均でトレー買っとかないとな。
ギトギトにグリス塗って、もとに戻した。
玉当たり調整というのが、どうやったら完了かさっぱりわからない。
とりあえず、きれいに回転してたらOKなんだろうということで、
ぶれてないこと確認して終了。
今回、フリーハブの分解清掃の仕方がわからなかった。
岩浅にでも、今度聞いてみよっと。

そうこうしてると、晴れ間が見えてきたので、天気予報を確認すると、
1時間ぐらい雨降らさそうなので、眉山に行くことにした。
でも、路面濡れてるので、こういうときこそディスクブレーキというわけで、
Sirrusで行くことにした。
こないだ、ペダルもSPD-SLつけたしな。
ただ、サドル高さがちょっと高かったので、調整して、
服装は、そのままの普段着で、眉山へGO!
目標は13分台。

行くまでの街中で、思うように速度が上がらない。
32Cのせいかな?
でも、心拍数が結構上がる。
湿度のせいかな?
眉山見上げたら、霧かかってる・・・

眉山アタック開始するも、ギア比が全くわからない上に、
ケイデンスセンサーがついてないので、さっぱりペースがわからない。
脚の感覚を頼りに、適当にシフトチェンジしながら、上がっていった。
なんとなく、ギア1つ落としすぎてる感じしたけど、
湿度のせいで汗が引かなくて、早々に心拍数が170bpm越えてヤバゲだったので、仕方がない。
ビンディングしてるけど、ロードと比べると明らかにしんどい。
フラットバーで、脇が開くからうまく踏み込めてない感じがした。
ってことは、逆にロードのときにもっと脇締めた方が、いいのかも。
看板移行は、全然スピードに乗れなかったけど、
できるだけ踏ん張ってみた。
でも、霧がかかってくると、やっぱりテンション下がるw
ダンシングしても思うように進まなかった。。。
ゴールしても、余裕あったので、久しぶりに山頂のロープウェイのところまで行ってみた。

意外と遠くまで見えた。
ちなみに、タイムは、14分12秒で、目標達成ならず。
最近、目標達成した試しがないなw




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大川原高原⇒府能峠⇒神山森林公園 | トップ | 眉山往復⇒沖洲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。