なるるの釣りとロードバイクブログ

徳島ほのぼの釣行記とのんびりヒルクライム日記。
住吉丸と2016TARMAC-COMPが相棒です。

梶ヶ森⇒ゆとりすとパークおおとよ

2016-10-15 18:37:27 | ロードバイク
10/15 参加:成川、江口

久しぶりに梶ヶ森に行くことにした。
6時にボクんちに集合して、高速使って京橋柱の入り口まで車で行った。
無茶苦茶寒い。外気が10℃しかない。
上下とも薄めのアンダーウエアを着て、その上からサイクルジャージを着た。
こないだ買った厚手のCWXにしようかと思ったけど、まだちょっと暑すぎるだろう。
梶ヶ森は上ってると無茶苦茶身体が発熱するから、ちょっと寒いぐらいがいいはず。

京柱峠への道を上がっていってると、だいぶ道ができてきてた。
来年のツールドにし阿波は新しい道が使えそうだ。
梶ヶ森の入り口についたので、アタック開始。
すぐにえぐっさんが見えなくなった。
でも、今日は65分が目標なので、気にせず行った。
※なんで65分と勘違いしたのかわからない。
日にあたると、暖かくて、体感気温はちょうどいいぐらいだった。
乳銀杏まで17分ぐらいなので、まあまあのペース。
ここからがしんどい。
なのに、ここで林業用の大型トラックに追いかけられた。
かなり左に寄ってるのに抜いてくれない。
でも、止まるとリスタートできない斜度w
道幅が広くなるところまでペース上げて上って、
そこで左にかなり寄って、ゆっくり走って、抜いてもらった。
無駄なエネルギーを使ってしまっただけでなく、ペース崩れちゃったw

そのあと、更に斜度きつくなって、インナーローですら、ケイデンスが50rpm切ってきた。
こうなってくると、自然とペダリング効率を上げるように、フォームが修正されていって、
いい感じになった。
梶ヶ森走ると、ローラー練習とおんなじように、フォーム修正効果がある。
だから、好きなんだよな。かなりしんどいけど。。。
段々、ペースが安定してきて、いい感じで上れだした。
でも、時々傾斜のきついところで、リアのギアが勝手に28T⇒25Tになる。
死にそうになる。こないだチャリ倒したせいかな?
頂上についたら直さなきゃ。

色々ありながらも、頑張ってたんだけど、
今度は前から林業用大型トラックがやってきた。
勘弁してくれw
今回は、比較的うまくかわせたけど、また失速しちゃった。
なんとか立て直して、シッティングで安定して上がっていった。
でも、65分はもう無理なこと確定。70分すら危うい。

山荘の時点で、70分切りがスプリントすれば行けそうなぐらいだったけど、
土佐銘水40選のところの15%の坂で踏ん張れず、諦めた。。。
その後は、自己ベスト更新も無理っぽくなってきたので、 ※勘違い
ズルズルペースが落ちてしまった。
でも、最後ちょっとだけはスプリントして、ゴール。
タイムは、72分35秒。【梶ヶ森:11.6 km, 1079 m, 9%】
実は、自己ベスト1分53秒更新。
一つ上のMai Maiさんの記録(70分49秒)と勘違いしてたw
そもそも、目標を65分にしてたのは、何だったんだろう?
自分でも意味不明。

で、いつものように自転車担いで、山頂に上った。
まずは西の方。

ここの碑が一番立派。

次、北の三角点。


最後に、東の一番古びた感じで、味のあるポイント。


山頂が思いの外、暖かかったので、リアディレイラー調整をのんびりやりながら、えぐっさんを待つことにした。
えぐっさんからは、待ってる間寒くてたまらなかったら、下ってきてと言われたたんだよな。
えぐっさんより先に、老夫婦ハイカーが上がってきて、ずっと雑談してた。
そしたら、おばあさんがもう一人着たよと教えてくれた。
ようやくえぐっさん到着。30分ぐらい待ったよ。



次は、梶ヶ森の下りの途中から南下して、香美市へ行くことにした。
でも、看板には川又通行止めと書いてある。
昨日、高知の道路規制情報調べたら、通行止めになってなかったので、
ダメ元で行ってみた。
そしたら、落枝多いし、落石も多い、さらに穴ぼこだらけで後悔しまくり。
それでも、道はあるので進んでいくと、今度は水が出てきた。
最悪。ドロドロだよ。
更に行くと、ダートになってきた。
そして、ぬかるみに変わったw
ここで、断念して引き返した。 ※怒りのあまり写真撮り忘れたw
えぐっさんを回収して、梶ヶ森ルートに復帰。

京柱峠はダラダラ長いだけで面白くないので、
行ったことのないゆとりすとパークおおとよに行くことにした。
ってことで、また梶ヶ森ルートを上っていった。
あと少しでゆとりすとパークおおとよの分岐というところで、
再度林業用大型トラックがやってきた。
今日3回目だよ。どんなけ、ボクのこと好きなんだよw
TTやってなかったので、今度は自転車降りて、回避。

ゆとりすとパークおおとよへの道を行くと、
尾根沿いをのんびり行くルートかと思ってたんだけど、
意外と上りがある。
とはいえ、傾斜は大したことないし、距離も短かったので、
珍しくダンシングして遊んで進んでいった。
そしたら、またえぐっさんが居ない。
ゴールすぐだろうから、いいやと思って行ってたんだけど、
全然終りが見えない。
10 km以上走っても終わる気配がないので、一旦止まってえぐっさんを待った。

合流してからは、喋りながのんびり進んでたんだけど、
急に傾斜が強くなってきた。
あれ?上りってあったの?
事前に作ってたルートと違うところを走ってたので、全くわかってなかった。
風車が遠くに見えたので、あそこまで行くだろうなと腹くくってアタック開始。
ムチャしんどい。
斜度12-15%ぐらいがかなり長く続く。
きついところは、20%越えてるしw
ここ梶ヶ森よりしんどいんだけど。。。
なんとか、乗り切ってゴール。

風車でか。
タイムは、22分21秒。【ゆとりすとパークおおとよ(北側):3.1 km, 341m, 11%】

えぐっさんも、無事到着。


ゆとりすとパークおおとよでご飯食べようと思ったんだけど、
自販機が1台あるだけ。
パークに入るとあるのかもしれないけど、入場料がいるので、やめた。

帰りは、表ルートで大豊に下りた。
かなり道がきれい。この道上ると楽しいだろうな。
高知って、徳島と違って道きれいでいいな。
国道に出ると、京柱峠の入り口まではゆるい下りのなので、
平均35 km/hぐらいで走っていった。
トンネルでトラックに追いかけられて、ムチャ怖かった。

そうそう、去年骨折した徳島横断ツアーの起点の大杉駅を見たときは、
なんか懐かしかった。

色々あったけど、今日も無事終了。
走行距離:74.6 km, 獲得標高:2220 m
と、当初予定の107.8 km, 2807 mと比較すると見劣りするけど、まあいいか。

遅めの昼食を取りに、池田のウエノに行ったら、ランチタイム終了してたw
仕方ないので、脇町のラーメン屋に行ったら、面売り切れで閉店してたw
結局、昼飯は、

になっちゃったw
今日は、かぼちゃ、しぼりたて牛乳、抹茶。結構色のバランスいいよな。
かぼちゃが思いの外美味しかった。
いつものように、息子に土産買って、帰路についた。

やっぱり、梶ヶ森は遠かったな。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アミーゴ | トップ | 眉山⇒名田橋⇒白鷺大橋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。