なるるの釣りとロードバイクブログ

徳島ほのぼの釣行記とのんびりヒルクライム日記。
住吉丸と2016TARMAC-COMPが相棒です。

眉山x4 2017/05/20

2017-05-20 10:59:48 | ロードバイク
05/20

今週はずっとしんどかったので、今日はのんびり眉山でダンシングの練習をすることにした。
しんどい原因は、花粉症かな?
2ヶ月ずっと薬飲んでたんだけど、切れたからやめたんだよな。
もう花粉のピークは過ぎたはずなんだけどな。

まず1本目は、序盤を意識的にかなり抑えて、看板以降はいつもよりギア1つ重めになるようにしてみた。
ケイデンス60rpm切ってた。。。

いい天気だ。
結果は、
前半: 5:34, 279 W
後半: 7:06, 235 W
全体: 12:40, 254 W
ギア1つ上げてもケイデンス下がっちゃったから、後半のパワー全然上がってないな。
今日のギアでケイデンス70rpmぐらいで回さないとやっぱりダメだな。

2本目はダンシング縛り。
多分15分ぐらいはかかるだろうから、不安だったので、
ちょっと軽めのギアで行ってしまった。
しかも、ケイデンスは45rpm前後とかなり低いw
股関節と臀部の筋肉で押して、足を伸ばしてストレッチする感じでやると、
綺麗に体重が乗る感じがして楽だった。
でも、これ全然ケイデンス上げれない。
アズリ坂はやっぱりしんどかったけど、他はそうでもなかった。
意外に、最後のきついところも何の苦もなくダンシングできて、
ラスト300mもギア上げながらゴールできた。
結果は、
前半: 7:53, 196 W
後半: 8:06, 212 W
全体: 15:58, 204 W
前半、ちょっとビビって楽をしすぎたな。

3本目は34-21T固定で、重いと感じたらダンシングするというルールで上がってみた。
ギア固定だと、緩いところのパワーが極端に下がるw。
ケイデンス上げるようとするんだけど、すぐには上げれない。
ダンシングでケイデンス上げようとすると、しんどかったw
やっぱり、傾斜緩むところは先読みでギア上げて、速度上げて抜けていかないとダメだな。
傾斜きついところはダンシングで行くと、パワーの変動がかなり激しい。
シッティング時210 W, ダンシング時330 W。
これって効率悪いよな。
ただ、ゴール前は90rpm以上にケイデンス上げれたので、19 km/h越えてゴール。
結果は、
前半: 6:33, 231 W
後半: 7:29, 220 W
全体: 14:02, 225 W
結果的には前後半でほぼパワー一定だけど、グラフ見ると乱高下w
ただ、ダンシングで使う筋肉と、シッティングで使う筋肉を変えるように意識してると、
ラスト300 mの加速がいい感じなった。

4本目は、ダンシング縛りで、2本目よりは重めのギアで上がることにした。
2本目で学んだコツを意識しながら、さらに体の重心をBBの真上に来るようにイメージしてやると、
重めのギアでもさほど苦にせずに行けた。
しかもケイデンスも大体50rpmぐらいで、2本目よりは10%up。
後半は、心拍数が170bpm超えだして、しんどさでハンドルに体重預けてしまう感じになることがでてきた。
急いで腰引いて直したけど、疲れてくるとやっぱダメだな。
とはいえ、ラスト300 mもちゃんとギア上げながらダンシングでゴールできた。
結果は、
前半: 6:49, 227 W
後半: 7:27, 225 W
全体: 14:15, 226 W
今回も結果的には、前後半でパワー一定になった。
グラフ見てもいい感じで、一定。
3本目とそんなにタイム変わらなかったから、
だいぶダンシングましになったのかな?
ただ、ケイデンスがまだまだ足らないけど。。。

だいぶ暑くなってきたので、これで終了することにした。
最後は、山頂まで上がってみた。

ここから見ても、新橋の工事が進んでるのわかるな。
ちなみに、この橋の名前なんなんだろう?
まだ決まってないのかな?

次は、シッティングとダンシングの混ぜ方どうするか、考えようっと。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉野川河口 2017/05/18 | トップ | 神山森林公園⇒梨の木峠⇒大坂... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。