なるるの釣りとロードバイクブログ

徳島ほのぼの釣行記とのんびりヒルクライム日記。
住吉丸と2016TARMAC-COMPが相棒です。

霧越峠⇒高の瀬峡⇒霧越峠 2016/10/29

2016-10-29 19:31:39 | ロードバイク
10/29 参加:成川、江口

紅葉がまだなのがわかってるのに、高の瀬峡に行くことにした。
クリートがボロボロだったので、こないだクロス用に買ったペダルに付いてきた黄色をセットして、お出かけ。
ルートは↓。

走行距離:140 km, 獲得標高:2069 m
※霧越峠が700 m強しかないのに、この獲得標高は大きい気がするんだけどな・・・

本当は、まぜのおかスタートにする予定だったんだけど、
ゲート閉まってたので、えぐっさんの別荘に車止めようともしたけど、結局博物館スタートにした。
11月のスペの試乗会ここまで来るの遠いな。。。
やっぱりやめておこうかな。
乗ると欲しくなるだろうし。。。

気温は温かいぐらいで、自転車日和だった。
序盤えぐっさんついてきてたんだけど、ゆるいアップダウンが連続してくると、
気付いたら居なくなってたw
いつものことだから、適当な休憩ポイントまでGO!

轟の滝との分岐ポイントで一旦えぐっさん待ち。
元気そうなので、ちょっとだけ休憩してもらって、すぐに霧越峠へ。
路面はえぐっさんから聞いてたの違って、まあまあよかった。
傾斜はきついところは10%越えたけど、概ね5~8%程度で、
傾斜の変化も少ないので、走りやすかった。
簡単に言うと、短い土須峠って感じ。
明確な峠なかったので、走行距離を頼りに走ってたら、2 km以上行き過ぎても何もない。
結局、Uターンして、石碑でえぐっさんを待つことにした。

あとで、GoogleMapみたら、林道との分岐のところが霧越峠だったらしい。
全くわからんわ。
今日は、ダンシングの練習してたんだけど、なんかペダルに力がうまく伝わらない。
なので、クリートの位置を、休憩ごとに変えることにした。
とりあえず、えぐっさん待ってる間に、左右ともに2目盛り後ろへづらしてみた。
だんだん寒くなってきたので、ウインドブレーカーを羽織ろうと思ったら、なかったw
なんか忘れてると思ってたの、これだったのか。。。
せっかくパールイズミのいいの買ったのに。

だいぶ遅れて、えぐっさん到着。でも元気。
写真撮って下っていったんだけど、こっち側は道が悪い。
落ち葉、落枝、落石大量の上に、苔一杯。
気をつけながら、あまり無理せず下っていったんだけど、
気付いたら、えぐっさんが居ない。
だいぶ下って開けたところがあったので、停車。

人工のきれいな滝があった。

えぐっさんと合流して、国道195号に出ると、
高知方面への道が崩落のため通行止めになってたw
工事のおじさんに迂回路聞いて、来た道を戻って、
迂回路の入り口でえぐっさん待ち。
クリートの感じは、左はいい感じだけど、もう少し後ろにずらした方がしっくりきそう。
右は、全然ダメ。
ってことで、今度は左右ともに更に1目盛り後ろへづらしてみた。

無事、高知方面へ行ける国道195へ復帰して、高の瀬峡へ。
ゆるい上りなので、ダンシングの練習を再度してみた。
クリートの位置変更が、かなりいい感じ。
左はOKかな。でもちょっと後ろにずらしすぎたかな。
右は、まだ前すぎる気がする。
クリートの感触を確認しながら、ゴール。

予想通り、紅葉は全くだった。残念。

店でうどん食べながら、おばちゃんと話ししたら、見頃は中旬とのこと。
今度は、家族と車で来ようかな。
クリートは、左を0.5目盛り前に戻して、右を更に1目盛り後ろヘずらしてみた。

来た道を戻って帰っていった。
緩い下り基調で、道が良いので、飛ばしていった。
クリートの位置は、これでOKかな。
右はこれ以上後ろにずらせないし。。。
結局、右は一番前固定⇒一番後ろ固定へと大きな変更となった。
ネットで調べて、理屈的にいい位置にしてたんだけど、
感覚優先するほうがいいんだな。
迂回路手前の自販機で補給がてら、えぐっさんを待つことにした。
遅いと思ってたら、途中で止まって写真撮ってたらしい。

迂回路も、ダンシングの練習して、進んでいったんだけど、
クリートの位置変更のおかげか、かなりいい感じ。
ペダルにきれいに力が伝わってる気がする。
でも、ダンシング多用すると、太もも前の外側の筋肉が張ってくるな。
やりすぎると、攣るかも。。。
国道193に復帰したところで、えぐっさんを待って、
合流後すぐに霧越峠へ。
最後の上りなので、結構頑張って踏んでみた。
ダンシングが気分良く行けると、なんか楽だな。
ご機嫌でゴール。

えぐっさん待ってると、風吹いてきて寒くなってきた。
これからの季節、ウインドブレーカー忘れないようにしないと、やばいよな。
今日は、まだ気温高い方だから、よかった。
下りは飛ばせるところは飛ばして、帰っていった。
途中から、風がかなり強くなって、
追い風になると軽く40 km/h越えて、
向かい風のゆるい上りになると大失速というのを繰り返してた。

今日も無事、終了。
結局、クリートは、シューズの目盛りの一番長い線(これが標準線なのかな?)を起点にすると、
左:前へ0.5目盛り、右:後へ1目盛り がいいことになった。
ちなみに、変更前は、左右ともに前へ3目盛り。
今までが、ダメダメな位置だったのかな?
クリートが全体的に後ろにずれたので、サダルが相対的に低めになった感じがするので、
明日1~2mmぐらい上げようかな。
これで、眉山タイム縮まるといいな。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勉強中 | トップ | 大坂峠⇒卯辰峠 2016/10/30 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ロードバイク」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。