三毛猫博士のコラム

ネット批判とフェミニスト批判と政治批判

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いやそのりくつはおかしい

2016年10月15日 00時04分48秒 | 条例
auのポータルサイトを見ていたら、「透析患者は死ねというブログに怒りの声」というタイトルがあったので、「なんてひどい事を言う人だ」と思って見てみたら、「じゃあ、あなたは腰痛を抱えていますが、これは立ち仕事を選んだあなたの自業自得なんでしょうか?自業自得だから死ねと言われたらどう思いますか?」って書いてあった。

何の事かと思って、該当者のブログを見てみたら、なんのことはない。贅沢三昧して不摂生して糖尿病になった人は死ねと書いてあった。まあ、それはそれでひどいけど、少なくとも「透析患者は死ね」なんて書いてないではないか。

そんなの、喪中の人に「あけましておめでとうございます」って言ったら、「喪中の人におめでとうと言った」って言われるようなもんだぜ。言葉の一部だけを切り取るなっての。

ただ、この人のブログも見ててけっこうムカついた。「じゃあ、保育園落ちた日本死ねっていうのは、日本でテロを起こすっていう意味だってか?んなわけねーだろ」って書いてあったんでムカついた。死ねはネットスラングだって主張してるようだけど、ネットスラングだろうがなんだろうが、死ねって言われたらそりゃショックでしょうに。

日本に対してだから言ってもいいなんて主張は通らんね。私もあの「保育園落ちた日本死ね」なんていう書き込みに味方して同意する気はまったくないね。だって自分の住んでる国に対して死ねとか言っちゃうんだぜ。それはちょっと違うんじゃないかなぁ。

もっとも、「あれは世間に賛同してもらえるのに、なんで俺ばっかり悪く解釈されなくちゃいけないんだ、不公平じゃないか」っていうのはその通りだけどな。「保育園落ちた日本死ねに対して言葉が汚いという人ほど、自分だって言葉は汚い模様」などという意味不明な擁護論まで出る始末だし。自分が汚い言葉を言ったかどうかは、日本に対して死ねなんて言っていい理由にはなりませんから。

それはともかく、この人を擁護する気はまったくないが、責めるつもりもない。なぜなら私は「理屈を憎んで人を憎まず」だからだ。で、今回は何が問題かっていえば、ここだよ、ここ。「じゃあ、あなたは腰痛を抱えていますが、これは立ち仕事を選んだあなたの自業自得なんでしょうか?」ってとこ。

だって、「不摂生で病気になった人は死ね」って言ってるのに、なんで職業病が出て来るのよ。それこそ、NHK実況板によく出てくる「で、出たー、極悪フェミニストの得意技、似てもにつかないものを一緒くたが出ましたー」だよ。職業病を「不摂生」と呼ぶ人がどこにいる。職業病は不摂生とは何ら関係ないと思いますがね。なんで、そこで職業病と不摂生を一緒くたにしますか。

だから、最初から不摂生が原因で病気になった人のために健康保険から負担する必要はない。どうせ不摂生して贅沢に飲み食いする金があるんなら、その分を医療費に回させろとか、そういう風に書けばよかろう。なにも死ねと言わんでも。それに対して「医療費を負担するなというのであれば、どちらにしろ死ねって言ってるのと同じでは?」などと、言葉尻を取ってくるひとがいれば、それについては味方でもしよう。

それに、贅沢病になるような人が医療費を自己負担できないほどの貧乏とは到底思えんがね。だって、贅沢病になるような人なら、その贅沢をやめて今まで飲み食いに使ってた分を医療費に当てればいいんだからな。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江戸の敵を長崎で討つのはお... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む