毛髪科学・理学博士Dr,伊藤の「薄毛脱毛症の最新育毛発毛アドバイス」をします。http://女性の薄毛脱毛症.com/

40年以上の発毛実績のある、最先端の毛髪科学の育毛発毛をしています。自然皮膚科学・無添加療法は安心で早期発毛を望めます。

春季育毛発毛トライアルケアキャンペーン中!

2017-02-28 | 円形脱毛・脱毛症・発毛ケア

春季・育毛発毛トライアルケアキャンペーン中! 平成29年5月31日まで

育毛発毛トライアルケア 80%割引

詳しくは、http://女性の薄毛脱毛症.com/をご覧ください

毛髪トラブルで困っている方は年齢に関係なく年々多くなっています。

薄毛や脱毛原因は一人ひとり違っていて、この育毛・発毛ケアで全ての人に対応できるということはありません。

薄毛や脱毛症でも遺伝的なこともあれば、突発性の脱毛症もあります。

また、食生活やストレスから薄毛や脱毛症になることもあります。

最近では飲む発毛剤などと言って男性型脱毛(AGA)に対してフィナステリドなどの合成ホルモン剤を飲ませる医師もいます。

しかし、合成ホルモン剤などはどのような副作用が身体に出るのか明らかではありません。

ましてや女性ホルモン作用のある環境ホルモン(性ホルモンを狂わし奇形児を産んだり発癌促進作用)の怖れがある、これらの合成ホルモン剤を飲むことはあまりにも危険な行為です。

さらに、もともと心臓病の治療薬であった血圧降下剤などを育毛剤として販売している製薬会社もあります。

頭皮の血流不足はたしかに育毛を考えたときに血流が良いほうがいいに決まっていますが、しかし、それが薄毛や脱毛症の原因になるかと言えばそうではありません。

極端にきつい帽子や毎日長く締め付けるかつらを使用していれば薄毛の原因になることが考えられますが、よほど長い間そういうことをしなければ薄毛や脱毛症にはならないでしょう。

頭皮の血流が悪いという脱毛原因にこのような薬で血流を改善することで薄毛が改善することは考えにくいものです。

血流が悪くなる原因は緊張体質でいつも交感神経が優位に働いていたり、ストレスの強い生活を続けていたり、夜型生活の方、低体温体質、喫煙、動物性脂肪の摂り過ぎ、寒い所で帽子もかぶらずに頭皮を保温しないことなどが考えられます。

ですから、危険な副作用のあるホルモン剤や心臓病薬などの血流促進剤を使用してはいけません。

身体に一切のダメージを与えないワールドサイエンスの理学育毛発毛ケアをしましょう。

 特に女性は身体そのものが大変にデリケートに出来ています。

合成ホルモン剤や心臓病の薬などを使用していますと体内にその化学物質が蓄積されていき、胎児に大きなダメージを与えることも考えなければなりません。

本来正しい育毛発毛ケアは、その育毛・発毛ケアをすることによって体の中から健康になることなのです。

今、年齢や男女に関係なく起きる円形脱毛症になる人が増えています。

そして、その円形が多発性脱毛症へと広がりついには全頭脱毛症になり全ての髪が抜けてしまい、中々生えずにかつらを使用している女性が増える一方です。

 この脱毛症は年齢や男女の区別なく発症します。

そして、その原因が分からず脱毛症になった方は毎日すごい抜け毛の量に驚き右往左往してしまいます。

とりあえず皮膚科に診てもらいに行く方がほとんどのようですが、残念ながら多くの医師はそのままにしておけばいずれ生えるからと言い、ほとんど処置は行いません。

しないというよりは発毛処置は西洋医学ではないというのが正しい答えです。

なぜならば脱毛症は皮膚病ではないからです。病気でないならば医学での治療は無いということです。

私は、40年以上前から色々な脱毛症の原因を研究しその発毛法を発見しました。

もう、40年以上前当初は3ヵ月から6ヵ月を要した発毛期間を今では一週間で産毛の発毛を約一か月で成人の太い人毛の発毛が出来るようになりました。

もちろん発毛には個人差がありますので、100%全ての人の発毛が出来るという確定はできませんが、、一週間で産毛の発毛や一ヵ月間での成人毛が、ほとんどの人は発毛しています。

どんな脱毛症にもそれぞれ原因があります。そして、一人ひとり原因が違います。ですから、その方の脱毛症の原因に対処した発毛ケアをする必要があります。

正しい発毛ケアは、約一か月間で発毛を望めます。

私が責任を持って、毛髪検査や頭皮の検査、色々な毛髪環境、頭皮環境、体質、食生活、嗜好品、生活環境、生活リズム、仕事や学業など、色々な観点からヘアカウンセリングをして発毛アドバイスをします。

正しい原因究明とそれに対する発毛ケアは、長年の脱毛症の発毛研究と発毛実績により、

早期の発毛回復には、まず最初にヘアカウンセリングを受けましょう。

そして、ワールドサイエンスにて発毛ケアを一週間に一度、理学発毛ケアをしましよう。

女性の薄毛や脱毛症の治療の詳しいことは、下記のホーム無ページをご覧下さい。

http://女性の薄毛脱毛症.com/


この記事をはてなブックマークに追加

子供の薄毛や脱毛症④

2016-10-22 | 円形脱毛多発性脱毛全頭脱毛脱毛症薄毛

子供の薄毛予防と脱毛症の悪化 ④

子供の薄毛や脱毛症が増えていると申しましたが、ほとんどのその原因は皮膚病ではありません。

2歳から3歳くらいに薄毛や脱毛症のような症状が出るのは多くは食生活に関係しているようです。

離乳食の与え方に問題があるということと、本来子供は寝て育つというように睡眠が大切なのですが、親の夜更かしの生活につき合わされ、大きく体内時計が狂い体内リズムが乱れています。

こうした乱れは交換神経の緊張を生み、自律神経のバランスを崩すことになります。

睡眠が浅くなって熟睡が出来なくなり、成長ホルモンの分泌が正常に出なくなることが考えられます。

成長ホルモンが少なくなればからだの成長や毛髪の育成に支障が出ます。

子供が甘いものを欲しがるのは当然なのですが、砂糖や合成甘味料の入ったカルピスやジュース、ケーキや洋菓子、和菓子を小さい内から与えると自然の甘みでは満足しなくなり砂糖などの甘味料の入ったものを好んで飲食するようになります。

その結果食生活の偏りが生まれタンパク質の摂取が出来なくなるおそれがあります。

からだも毛髪もタンパク質でできています。タンパク質を摂らなければからだも毛髪も成長しません。

また、砂糖は摂取量に応じて免疫力が下がるといわれ、合成甘味料などの清涼飲料水は少しでものめば免疫力がゼロになるとも言われます。

薄毛や脱毛症のことは、下記のホームページをご覧ください。

http://女性の薄毛脱毛症.com/

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

秋のヘアケア 薄毛予防と脱毛症の悪化 ③

2016-09-18 | 円形脱毛多発性脱毛全頭脱毛脱毛症薄毛

秋のヘアケア 

薄毛予防と脱毛症の悪化 ③

子供の薄毛や脱毛症が増えています。

 2歳くらいから12歳で、頭部全体に薄く脱毛していて、部分的に脱毛していないのが特徴です。

全体の毛量が通常の場合の10%にも満たない状態で、円形脱毛症や多発性脱毛症とは明らかに違う症状です。

毛質はファファで軽く引っ張れば簡単に切れてしまいます。

毛穴からは全く一本も生えていない部分と、切れたように毛先だけが少し見えているところがあります。

これは決して遺伝的なものではなくれっきとした脱毛症です。

私のところに発毛相談にくる前に皮膚科に行ったり鍼や温灸、ドライアイス療法などを何年にもわたり治療行為をした子供が多くいます。

その挙句は、発毛しないということです。

子供の脱毛症の原因は一つではありません。

脱毛症を皮膚病ととらえているのが、現代西洋医学です。

しかし、ここに大きな誤りがあります。

脱毛原因が西洋医学ではわからないといいます。原因がわからなければ治す方法はわからないのが当然です。

しかし治す方法を知らない、治す方法はないと言っているのに訳のわからない治療法をしているのが現代医学の現状です。

ワールドサイエンスで確かな発毛法をしましよう。

正しい薄毛脱毛症の対処法は下記のホームページをご覧ください。

http://女性の薄毛脱毛症.com


この記事をはてなブックマークに追加

秋のヘアケア 薄毛予防と脱毛症の悪化②

2016-09-15 | 健康・体質改善・低体温

秋のヘアケア 

薄毛予防と脱毛症の悪化 ②

日中はまだまだ暑くちょっと動くと汗が出ます。

しかし朝晩は涼しくなり気持ち良く過ごせるようになってきました。

頭皮に痒みが出てくることもある時期です。

それは気温の低下とともに頭皮が乾燥しているときや、気温差により交換神経が優位に働くと、皮膚が刺激に敏感になって痒みが出ることもあります。

気を付けなければならないことは、一般のシャンプー剤では一日に何度も洗髪をしないようにしましょう。

頭皮の皮脂を取り過ぎると益々頭皮が乾燥して湿疹や痒みが出るようになります。

シャンプーは夜一回にして、汗をかいて一日に何度も洗髪をしたいときはシャワーですすぎ洗いにしましよう。

適度な皮脂は頭皮の乾燥を防ぎ皮膚のバリアー機能に必要です。

 

女性の薄毛や脱毛症の詳しいことは下記のホームページをご覧ください。

http://女性の薄毛脱毛症.com


この記事をはてなブックマークに追加

秋のヘアケア 薄毛予防と脱毛症の悪化

2016-09-03 | 円形脱毛多発性脱毛全頭脱毛脱毛症薄毛

秋のヘアケア 

薄毛予防と脱毛症の悪化

猛暑に苦しめられた夏も季節の上では終わりました。

しかし、過酷な暑さはまだまた続きます。

事、毛髪に関しての本当の深刻なトラブルが目に見えて出てくるのは秋も深まってからです。

そして、そ秋はさらに悪化させる原因や要因が沢山あります。

抜け毛が多くなり薄毛が益々酷くなったり、脱毛症がさらに広がり深刻さを増すことになります。

今すぐに気を付けたいことは環境面では、朝晩の気温低下です。

涼しくなって睡眠が気持ちよく取れることはとても良いのですが、夏のままのエアコン設定や寝具などをそのままにしていると内臓を冷やす事になります。

それから食事もさっぱりしたものや身体を冷やすカリウムのおおいものを続けてたべていたり、炭酸飲料や合成甘味料、アイスクリームや氷菓子、砂糖を多く使ったお菓子類を食べていることなどは、すべて内臓を冷やすことになります。

低体温体質になっていると内臓が冷えていたりして免疫力の低下を招きます。

さらにホルモンの分泌の低下にもなります。

これらのことは薄毛や脱毛症の原因になります。

今から気候の変わり目に、生活も少しずつ変えて行きましょう。

 

薄毛や脱毛症の詳しいことは下記のホームページをご覧ください。

http://女性の薄毛脱毛症.com/

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

真夏のヘアケア ② 紫外線対策

2016-08-14 | 円形脱毛多発性脱毛全頭脱毛脱毛症薄毛

 真夏のヘアケア ②

薄毛・脱毛予防

 夏は一年の内で最も薄毛や脱毛症の原因になる事柄が多くあります。

 但し、薄毛や脱毛症は夏にいきなりなるという事は少なく、その結果は秋に現れることがほとんどです。

 ですから秋に抜け毛が急に多くなり、あっという間に薄毛や脱毛症を引き起こすことになります。

 そうなってからの対処では回復することが遅くなったり、酷くなる一方です。

 今から薄毛や脱毛症の原因になる、下記の事柄を知って対策をして行くようにしましょう。

 薄毛や脱毛症の予防対策

 紫外線対策

紫外線を直接頭皮に長く当たらないように心掛けましょう。

紫外線は思っている以上に頭皮にダメージを与えます。特に海や山登りの時は帽子などを被りましょう。

頭皮に汗や皮脂が多く出ているところへ紫外線が長く当たると、頭皮に紫外線の酸化作用によりダメージが強くなります。

また、この時期は汗をかくと皮脂も多くでますので、外から帰ったらシャワーで汗や皮脂を流しましょう。但し、シャンプー剤の使用は一日一回にしましょう。

特に、紫外線対策を大切にするときはワールドサイエンスのヘアケアトリートメントをしてからお出掛けしましょう。このヘアケアトリートメントが頭皮と髪を守ってくれます。

髪のトラブルは下記のホームページをご覧ください。

http://女性の薄毛脱毛症.com/

 

ヘアケアトリートメントは

http://女性の薄毛脱毛症.com/%E8%82%B2%E6%AF%9B%E3%82%B1%E3%82%A2%E8%A3%BD%E5%93%81/

 


この記事をはてなブックマークに追加

真夏のヘアケア 薄毛・脱毛予防 ①

2016-08-01 | 健康・体質改善・低体温

真夏のヘアケア ①

薄毛・脱毛予防

夏は一年の内で最も薄毛や脱毛症の原因になる事柄が多くあります。

但し、薄毛や脱毛症は夏にいきなりなるという事は少なく、その結果は秋に現れることがほとんどです。

ですから秋に抜け毛が急に多くなり、あっという間に薄毛や脱毛症を引き起こすことになります。

そうなってからの対処では回復することが遅くなったり、酷くなる一方です。

今から薄毛や脱毛症の原因になる、下記の事柄を知って対策をして行くようにしましょう。

薄毛や脱毛症の予防対策

頭皮の状況に付いて

エアコン 
頭皮に直接的に冷風が当たらないようにする。もちろん身体にも冷気が直接当たらないようにする。

エアコンの設定温度を20度や21度などに極端に下げて、なおかつ直接に頭皮に風が当たると、外から帰った時や汗をかいた時に頭皮温が極端に下がり、頭皮の血行が阻害されます。

そうしたことは、頭皮が乾燥して頭皮に強いストレスが掛かることになります。

乾燥は常在細菌のバランスを崩し湿疹や痒みの原因となり薄毛の原因ともなることが考えられます。

また、直接的このような極端な冷気を吸うことは、
気管支炎や低体温症を引き起こす恐れも出てきます。

設定温度は25度以上にしてできるだけ26度か27度にして、冷気は扇風機などで撹して壁や天井に向けて、身体には直接的には当たらないようにしましょう。

詳しくは

女性の薄毛脱毛症の治療.com

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

熱中症に付いて

2016-07-24 | 健康・体質改善・低体温

熱中症に付いて

まだ本格的な夏前だというのに、もう既に熱中症で救急搬送された人は大変な数に上っています。

消防庁の報告によりますと28年の6月20日~6月26日までに867人、6月27日~7月3日までに2,933人、7月4日~7月10日は4,890人、7月11日~7月17日は3,099人といいます。

熱中症予防には水分を摂ることが必要だといいますが、水分を摂れば大丈夫かと言いますと、一気ににガバガバ水を飲んでもダメです。

ちょくちょく間を置きながら、一口ずつ飲むことが大切です。

環境によってエアコンが効いていたり、冷たいものばかりを食べたり飲んでいるとお腹をひやしてしまい、下痢や腹痛に見舞われることになります。

また、夜更かしや寝不足も要注意です。

夜型生活の方は低体温体質になっていることが多く、もともと体温が低いので汗をかきずらくなっていますので、汗を掛けないことにより体温を下げることができません。

そのために体温の上昇により脳に支障をきてたして、体温調節が出来ないことにより熱中症になることが考えられます。

ですから、暑い最中に外で運動やお仕事をすることは、よくよく注意が必要です。

夜中にムシムシと暑いとなかなか睡眠がとれませんが、こんなことにも注意して熱中症に気を付けましょう。

 


この記事をはてなブックマークに追加

初夏の薄毛予防対策

2016-07-16 | 女性のウィッグ・かつら/薄毛/医療ウィッグ

初夏の薄毛予防対策

夏は頭皮や毛髪にとってはとても過酷な季節です。

秋にに抜け毛が多くなり、一挙に薄毛になる原因はこの夏の時期に多くあります。

まず、汗をかいたり皮脂分泌が活発になることで頭皮が不潔になりやすくなります。

夜に洗髪しても翌朝には、頭皮にしっかり汗をかいています。

朝は寝苦しさから睡眠不足になり頭が重く、中々起きられず頭皮の汗を落とすことができないとなれば頭皮の整理機能は落ちたままになります。

また、紫外線が強い中で作業するときは帽子などを被り紫外線対策をするべきなのですが、ついついしないままでいることがあります。

また、帽子を被れば今度は汗や皮脂の分泌が多く出ます。

夏のヘアケアはこうしたことを考えただけでも、色々な点で育毛発毛を阻害し薄毛の原因が多々あることが分かります。

午前0時前後に寝ることは毛髪をつくる成長ホルモンの分泌が少なくなりますので、育毛や発毛に大きなリスクとなります。

紫外線が頭皮に容赦なく何時間もさらされることはさけなければなりません。

頭皮の汗や皮脂は長くそのままにしておくのではなく、シャンプー剤の使用は夜に一回とし、朝やたくさん汗をかいた時はシャワーのお湯だけで濯ぎあらいをして流しましょう。

帽子やウィッグ、ヘルメットなどの使用はなるべく短時間にして、絶えず清潔にしましょう。

この時期のヘアケアは大切です。

出来ればワールドサイエンスの、ご自分の頭皮にあった育毛ケア用アミノ酸シャンプーを使用して洗髪をし、ヘアケア用ヘアローションのご使用をお薦めします。

脂漏性湿疹や汗もなどは不潔にしているとなりやすいので、清潔が大切です。

女性の異常な抜け毛や薄毛は夏季のホームページをご覧ください。

http://女性の薄毛脱毛症.com/

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

梅雨時のヘアケア

2016-06-23 | 円形脱毛多発性脱毛全頭脱毛脱毛症薄毛

梅雨時のヘアケア

ムシムシ、じめじめ! じーとしていてもこの梅雨時は汗が出て来て、その汗もなかなか乾きません。

シャンプーをしても、ヘアドライヤーで乾かす最中から頭皮に汗が出てきます。

この時期困るのは汗とともに皮脂分泌も多く出ることです。

そのベタベタ感が嫌で一日に何度もシャンプーをしてしまう方も多いのではないでしょうか?

しかし、ここで気を付けなければならない事にシャンプー剤があります。

汗や皮脂は拭いたり洗い流したりして清潔にすることが頭皮や皮膚を細菌や皮膚の生理機能を落とさないためにも重要ですが、シャンプー剤を使用洗うのは夜で、一日に一回にしましょう。

他のときはシャンプー剤を使用せずにお湯やシャワーで洗い流すだけにしましょう。

最近の市販のシャンプー剤は石油合成のシャンプー剤で、大変に脱脂作用が強くこのシャンプー剤を使用し過ぎると皮脂を取り過ぎるばかりか角質までも傷付けたり剥がしてしまうことになります。

そうしますと頭皮は異常乾燥を起こして細菌感染をおこすことになります。

湿疹や痒み、フケが出るときはこのような原因があることも覚えてください。

また、もっと怖いことに石油合成シャンプーで洗い過ぎて薄毛になる危険があります。

出来れば育毛ケアを考えるならばワールドサイエンスの育毛ケア用品のヘアケアシャンプーを使用しましょう。

このヘアケアシャンプーは石油合成ではなく頭皮と組成成分と同じアミノ酸コラーゲンを主体につくられてます。

さらに毛髪の成分のケラチンがはいっていますので、頭皮と毛髪を守りながらに栄養を与えることが出来る理想のシャンプー剤です。

このヘアケアシャンプー剤ならば一日に何回洗髪しても心配はありません。

シャンプー後すぐに痒くなるとかフケが出る人は、是非早めに切り替えて、ご使用をおすすめします。

お薦めの育毛ケア用品は

http://女性の薄毛脱毛症.com/care_prod/index.html

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

初夏に気を付けたいヘアケア

2016-06-04 | 円形脱毛多発性脱毛全頭脱毛脱毛症薄毛

初夏に気を付けたいヘアケア

6月は気温が上がるとともに湿度も高くなります。

日中に汗をかいて夜にシャンプーをしても夜中にまた汗をかいてしまいます。

汗をかくとどうじにこの時期は皮脂の分泌も活発になり一晩で頭皮がべたつくようになります。

そのために朝晩シャンプーをすることになります。

市販のシャンプーは石油合成のシャンプー剤がほとんどですから、このシャンプーで洗い過ぎると皮脂は良く落とせるのですが、あまりにも脱脂作用が強すぎて頭皮の角質までも傷付けたり剥がしてしまうことになります。

そのために頭皮が乾燥してしまい細菌が繁殖しやすくなります。

その結果フケや痒みが出ることになります。

また、合成界面活性剤が頭皮から浸透して毛母細胞を破壊する恐れがあります。

夏季の間に薄毛になる原因をつくることになりますから、合成シャンプーでの洗い過ぎには注意しましょう。

詳しくはhttp;//薄毛.tokyo/ のホームページの最新・育毛ニュースをご覧ください。

/


この記事をはてなブックマークに追加

脱毛症の改善・発毛のための無料電子書籍

2016-05-18 | 円形脱毛多発性脱毛全頭脱毛脱毛症薄毛

脱毛症の改善・発毛のための無料電子書籍

脱毛症で 今なを多くの方が苦しんでいらっしゃいます。

皆さんが一様におっしゃるのは脱毛症の原因がわからないとか、正しい脱毛症の知識や発毛方法が知りたいといいます。

そこで、今まで有料でした発毛に関する電子書籍を、無料でご覧できるように致しました。

下記のホームページより、知りたい情報をクリックしてご覧ください。

http://薄毛脱毛症の治療.com/


この記事をはてなブックマークに追加

育毛発毛の為の有料電子書籍を無料でご覧になれます!!

2016-05-14 | 女性のウィッグ・かつら/薄毛/医療ウィッグ

育毛発毛の有料電子書籍を無料でご覧になれます!!

http://女性の薄毛脱毛症.com/ は

薄毛や脱毛症でお困りの方のためのホームページです。

知りたい抜け毛の異常や薄毛、脱毛症にかんすることが詳しく知ることが出来ます。

また、今回有料電子書籍を無料でご覧いただけるように致しました。

どうぞ、各項目をクリックしてお読みください。

そして、一日も早く髪の悩みを解消してください。

 


この記事をはてなブックマークに追加

春の育毛ケア

2016-05-05 | 円形脱毛多発性脱毛全頭脱毛脱毛症薄毛

春は、気温の上昇は毛細血管を広げ血流を促進し、汗腺の働きや皮脂腺の分泌も多くなり、細胞分裂も活発になります。

春の頭皮ケアは、頭皮を常に清潔にすることです。

ここで気を付けなければいけないことは、清潔を意識するあまり洗髪回数を多くしてはいけません。

そして、毎回シャンプー剤をたっぷりつけて洗うことも良くありません。

毎年この時期になると明らかに石油合成のシャンプーによるものとみられる、薄毛が増えてきます。

こうした化学物質によるものはすぐには薄毛にはなりませんが、春から夏に洗い過ぎ抜け毛が進行して、晩夏から初秋に薄毛の相談にみえる若い人が増えます。

スポーツや汗をかく機会が多いのと清潔志向が強いから余計に意識してシャンプーをするのでしょう。

しかし、市販のシャンプー剤はほとんどが石油合成の合成シャンプーで、合成界面活性剤なので脱脂作用が強く、洗い過ぎると皮脂を摂り過ぎてしまい頭皮の乾燥を招きます。

さらに、角質までも傷付けたりし、毛表皮(キューティクル)を剥がして乾燥毛や切れげの原因をつくります。

スーパーやコンビニ、ドラッグストアで安価に変えるからとか、匂いが好きという理由で買っている方がほとんどですが、育毛のことを考えると決してお勧め出来るものではありません。

製造コストを下げるために大量生産で造ります。当然在庫は大量になりますから、変質や腐敗しないように造ります。

強力な防腐剤を入れ、いつまでたっても腐りません。防腐剤や殺菌剤は頭皮の自然な生理機能を損ねる恐れがあります。

頭皮のバリヤー機能をつくっている正常菌を殺してしまい、頭皮の乾燥を招き痒みや湿疹の原因ともなります。

育環境を考えずに、市販の合成シャンプーを使用するならば、一週間に2回のシャンプー剤の使用にしましよう。その時もシャンプー剤は少なめにして、一回洗いにしましよう。

その代わりに、シャンプー剤を使用しないでシャワーのお湯だけで頭皮をよくゆすぎ洗いしましょう。

このゆすぎ洗いは朝晩、汗をかいた時、その時どぎに汗や汚れを落とすようにして清潔にしましよう。

育毛を考えるならば、ワールドサイエンスの育毛ケアシャンプーを使用するようにしましよう。

ワールドサイエンスの育毛ケアシャンプーは頭皮の成分のアミノ酸のコラーゲンや毛髪成分のケラチンを主体にお創りしています。

脂漏性、乾性、普通肌、敏感肌用と4種類があり安心して育毛環境を整えることが出来ます。


この記事をはてなブックマークに追加

春の異常な抜け毛 頭皮の異常

2016-04-19 | 円形脱毛多発性脱毛全頭脱毛脱毛症薄毛

春の異常な抜け毛 頭皮の異常 

美しい毛髪は健全な頭皮から育ちます。

もともと皮膚は外部の刺激から肉体を守る働きをしますので、もし怪我をしても再生能力があり皮膚はみずからの自然治癒力によって治ります。

暑い日には汗をかいて体温を下げますし、冬は皮脂膜によって皮膚の乾燥を防ます。

ですから自然の摂理に反したことをしなければ皮膚は丈夫なのです。

しかし、アトピーで苦しんでいる方が大変に多くいます。こうした人は皮膚が乾燥しています。

当然、頭皮も乾燥しています。ですから皮膚のバリヤー機能が働きません。

アトピーというのは皮膚の排泄機能が働かないということです。要するに汗をかかない、かけない体質ということです。

近年、低体温体質の方が増えていますが、冷え症と低体温体質とは違っていて、低体温体質の人は内臓が冷えているということです。

内臓の冷えは免疫力の低下ともなりますが、汗をかきずらい体質になっています。

そのために頭皮も乾燥して痒みが出やすく、乾燥毛になり粃糠性脱毛症になる恐れもあります。

こういう頭皮の乾燥タイプの方が市販の石油合成シャンプーやアルカリ性のシャンプーで、毎日洗ったりして皮脂を取り過ぎると益々頭皮の乾燥が進むことになります。

頭皮が洗髪後に突っ張るとかピリピリする、赤くうっ血しているように見える場合は頭皮の異常を表しています。

症状がひどいときは、薄毛になる怖れがありますので、頭皮の検査を受けるようにしましよう。

 

抜け毛のことなら

http;//抜け毛.co/


この記事をはてなブックマークに追加