世界毛髪科学研究所・理学博士Dr,伊藤の「薄毛脱毛症の最新育毛発毛アドバイス」http://薄毛脱毛症の治療.com/

40年以上の発毛実績のある、最先端の毛髪科学の安心安全な発毛をします。自然皮膚科学・無添加療法で早期の発毛保証をします。

秋のヘアケア 薄毛予防と脱毛症の悪化 ③

2016-09-18 | 円形脱毛多発性脱毛全頭脱毛脱毛症薄毛

秋のヘアケア 

薄毛予防と脱毛症の悪化 ③

子供の薄毛や脱毛症が増えています。

 2歳くらいから12歳で、頭部全体に薄く脱毛していて、部分的に脱毛していないのが特徴です。

全体の毛量が通常の場合の10%にも満たない状態で、円形脱毛症や多発性脱毛症とは明らかに違う症状です。

毛質はファファで軽く引っ張れば簡単に切れてしまいます。

毛穴からは全く一本も生えていない部分と、切れたように毛先だけが少し見えているところがあります。

これは決して遺伝的なものではなくれっきとした脱毛症です。

私のところに発毛相談にくる前に皮膚科に行ったり鍼や温灸、ドライアイス療法などを何年にもわたり治療行為をした子供が多くいます。

その挙句は、発毛しないということです。

子供の脱毛症の原因は一つではありません。

脱毛症を皮膚病ととらえているのが、現代西洋医学です。

しかし、ここに大きな誤りがあります。

脱毛原因が西洋医学ではわからないといいます。原因がわからなければ治す方法はわからないのが当然です。

しかし治す方法を知らない、治す方法はないと言っているのに訳のわからない治療法をしているのが現代医学の現状です。

ワールドサイエンスで確かな発毛法をしましよう。

正しい薄毛脱毛症の対処法は下記のホームページをご覧ください。

http://女性の薄毛脱毛症.com

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋のヘアケア 薄毛予防と脱... | トップ | 子供の薄毛や脱毛症④ »
最近の画像もっと見る