世界発毛科学研究所・Dr伊藤の薄毛脱毛症の最新発毛治療と発毛アドバイス薬品や合成ホルモンを使用しない安心な無添加療法です

40年以上の発毛実績!どなたにも短期一ヵ月の発毛を目指します発毛療法のアドバイス相談は直通電話090-3335-9900

育毛発毛のための頭皮環境! 育毛環境を整える・無添加ヘアケアトリートメント -31

2017-11-22 | 円形脱毛・脱毛症の治療・薄毛の治療・発毛アドバイス

 深刻な薄毛脱毛症  

子供を含む複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !? (31)

 
「育毛発毛のための頭皮環境!」 育毛環境を整える・無添加ヘアケアトリートメント 

頭部常在菌の善玉菌を整える唯一のヘアケアトリートメンです。

表皮ブドウ球菌、アクネ桿菌、黄色ブドウ球菌は頭皮のバリアー機能のためにとても重要な働きをしていますので、引き続きもう少しアドバイスいたします。

ヘアドライヤーの掛け過ぎや頭皮に近ずけ過ぎての乾燥は、毛髪を脆くしてバサバサにしたり切れ毛を起こしやすくなります。

毛髪は毛髄、毛皮質、毛表皮の3層になっています。

毛髄は身体でいえば骨にあたるところで。毛表皮は一番外側の部分でキューティクルと呼ばれていますがこの二つは意外と熱には強いのですが、真ん中の毛皮質にあるケラチンタンパクが水分を保持してしなやかさや柔軟性を出しています。

キューティクルが剥がれたり傷ついていますと、このケラチンタンパクが外に流れ出てしまいますので、毛髪はしなやかさや柔軟性が無くなりバサバサになります。

また、ヘアドライヤーの熱風の掛け過ぎは、ケラチンタンパクの変質を招いてしまい柔軟性がなくなってしまいます。

ケラチンはタンパク質ですから、60度以上になりますと化学変化を起こし、生卵が茹でると硬くなると同じで毛髪も硬くなってしまいます。

一度高熱でこのケラチンが硬くなると、もう元のようなしなやかさや柔軟性は戻りません。

いつもヘアードライヤーの高温でセットしている毛髪は、硬くなってしまいしなやかな感じはもう出ません。

ですから洗髪後の乾かすことも完全に乾かすことはやめましよう。ヘアドライヤーの乾燥温度は50度から60どくらいにして頭皮や髪にチ被けすぎずに、風を一か所に集中させないようにドライヤーの先を左右に動かして風当りを散らすようにしまょう。

それからヘアードライでーセッするときは髪を少しぬらしたのム湿らせてからしましよう。

毛髪ケラチンの水分が乾燥するときに固まるために形が決まります。

ストレートヘアーやパンチパーでストレートパーマ用アイロンやパンチパーマ用アイロンを使用した毛髪がガサガサになったり切れ毛を起こしやすくなることも高温の熱を加えることが原因です。

洗髪した後の濡れた髪を乾かすのは、

①まず最初にタオルで毛髪の上から頭皮に押し付けるようにして、頭皮と髪の水分を軽く取ります。

②次に、髪を鋏込むようにして上下から両手で抑え付けるようにして、毛髪の水分をタオルに吸わせます。これを全体の髪に同じようにします。

③そして、50度から60度くらいの温風で頭皮をかわかすようにヘアードライヤーを当てます。

④最後に毛髪をしたから指先でつむじに向かって搔き上げるようにして、搔き揚げるところへ温風を当たるように風を当てます。

くれぐれも熱風で乾燥させ過ぎないようにしまょう。

また、傷んでしまった毛髪や頭皮や毛髪に潤いやすこしでも風合いを取り戻すには、ワールドサイエンスのヘアケア用トリートメントのご使用をお薦めします。

ラノリンなどの油を使用せずに毛髪に栄養を与え、頭皮の育毛環境を整えます。

しなやかな毛髪の立ち上がりと手触りの良さにきっとご満足いただけると思います。

合成香料などは一切使用せずに天然ラペンダーですから、自然で優しい香りで自然に香りも消えます。

お問い合わせご相談は、

直通 ℡046-854-4955 または、090-3335-9900へどうぞ!

 


この記事をはてなブックマークに追加

育毛発毛のための頭皮環境! 育毛用・無添加コラーゲンシャンプー -30

2017-11-18 | 円形脱毛・脱毛症の治療・薄毛の治療・発毛アドバイス

 深刻な薄毛脱毛症  

子供を含む複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !? (30)

 
「育毛発毛のための頭皮環境!」 育毛用・無添加コラーゲンシャンプー -5

頭部常在菌

表皮ブドウ球菌、アクネ桿菌、黄色ブドウ球菌は頭皮のバリアー機能のためにとても重要な働きをしていますので、引き続きもう少しアドバイスいたします。

表皮ブドウ球菌は角質層に存在していて、無理に角質を落とすような行為をすると減ることになります。
アルカリ性の強いシャンプー剤で洗髪、及びそれでの毎日のシャンプーや2度3度と洗い過ぎると頭皮の皮脂が極端に取り過ぎてしまいます。

今はほとんどの方が手洗い用の固形石鹸で先発することはしないとおもいますが、それでもシャンプー剤を切らしたり手元に無く、固形石鹸がたまたまあると、年配の人の中にはその石鹸で洗うことをする場合があるようです。

かなりしっかりとこの石鹸をゆすいで落とせばよいのですが、それでも皮脂を取り過ぎてしまったり、濯ぎが少ないと石鹸が細菌のエサとなりフケや痒みが出たりします。

また、アルコール分の多いトニックの使用やヘアスプレーを噴霧して頭皮にスプレーがかかりますとそのアルコールで頭部常在菌が死ぬことがあります。

その上、アルコールは角質や毛髪にダメージを与えますので、切れ毛や枝毛の原因になったり頭皮の痒みの原因になることがあります。

育毛用・無添加コラーゲンシャンプーは、皮脂や汗、汚れなどをお年清潔にするとともに頭皮に栄養を与え育毛環境を整え、毛髪に艶やコシを与え毛髪が太くしっかりしてボリュームがでるようになります。

シャンプー剤は育毛発毛の基本ですので、ご自分に適した育毛用・無添加コラーゲンシャンプーのご使用をおすすめします。

お問い合わせは ℡03-5625-9905 へどうぞ

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

育毛発毛のための頭皮環境! 育毛用・無添加コラーゲンシャンプー -29

2017-11-17 | 円形脱毛・脱毛症の治療・薄毛の治療・発毛アドバイス

深刻な薄毛脱毛症  

子供を含む複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !? (29)

 
「育毛発毛のための頭皮環境!」 育毛用・無添加コラーゲンシャンプー -4

頭部常在菌

表皮ブドウ球菌、アクネ桿菌、黄色ブドウ球菌は頭皮のバリアー機能のためにとても重要な働きをしています。

シャンプー剤の成分によっても頭部常在菌に大きなダメージを与えます。

石油合成シャンプーなどの合成シャンプー剤による洗髪は、常在菌を死滅させるとともに角質を傷付けたり剥がしてしまう怖れがあります。

石油合成シャンプーなどの合成シャンプー剤は早く言えば、食器洗いの中性洗剤の成分といえば分かりやすいと思います。

これは界面滑性作用が強く、食後に付いた強い油分などを落とすには良いのですが、それでも主婦の手が荒れる湿疹などの原因になります。

手袋をして中性洗剤を使用しないと手荒れが酷く社会問題になりました。現在は改良されてはいます。

しかし、シャンプー剤にはまだ使用されています。

ですからこの合成シャンプーで洗髪すると毛髪は乾燥気味になりパサパサになるので、リンスを使用しないと髪がもつれたり枝毛や切れ毛になる恐れがあります。

その上、頭皮の乾燥をもたらしますので、表皮ブドウ球菌が働けませんので、頭部常在菌のバランスが崩れ育毛環境に良くありません。

シャンプー剤は育毛環境を整える上で、とても重要なものです。

私が開発しました、ワールドサイエンスの育毛用・「純国産の無添加フィッシュコラーゲン」原料のシャンプーのご使用をお薦めします。

お問い合わせは、03-5625-9905 


この記事をはてなブックマークに追加

育毛発毛のための頭皮環境! 育毛用・無添加コラーゲンシャンプー -28

2017-11-16 | 円形脱毛・脱毛症の治療・薄毛の治療・発毛アドバイス

 深刻な薄毛脱毛症  

子供を含む複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !? (28)

 
「育毛発毛のための頭皮環境!」 育毛用・無添加コラーゲンシャンプー -3

頭部常在菌

表皮ブドウ球菌、アクネ桿菌、黄色ブドウ球菌

これら常在細菌は、頭皮のバリアー機能のためになくてはならない皮膚のための善玉菌ですが、これらの菌のバランスが何等かの原因で壊れてしまいますと、常在菌の正常な働きがあるときは弱酸性ですが、壊れるとアルカリ性頭皮の状態になります。こうなると皮膚のトラブルに発展します。
ですから、バランスを壊さないように常在細菌と上手に付き合い表皮ブドウ球菌を減らさないことが大切です。


表皮ブドウ球菌を減らさないように保つことは、アルカリ性を好む病原性の強い黄色ブドウ球菌や真菌などの繁殖を防ぐことにつながります。このことは皮膚のバリア機能を保つ意味でとても重要です。

季節的にも、秋冬は特に乾燥します。乾燥すると表皮ブドウ球菌が減る恐れがあり、皮膚はアルカリ性になったりします。頭部常在細菌のバランスが壊れないように注意しましょう。

 頭部常在菌のバランスは常に外の環境に左右されますので、育毛に与える影響は一番大きいのです。

そこで、頭皮の汚れや皮脂は悪玉菌の餌になりますから、頭皮を清潔にすることがまず第一です。

その次に、頭皮を清潔にするシャンプーの選定が大切です。

皮膚の状態は一人ひとり体質の違いや、そのときの頭皮環境で大きく左右されます。

まずは自分の皮膚の状態にあったものが重要です。

その上で、朝昼晩と頻繁に洗髪をすることは頭皮の皮脂を取り過ぎてしまいますので、角質が乾燥することになります。季節の影響に+洗い過ぎは危険です。 

スポーツなどをしていますとどうしても汗が出て洗髪の回数が多くなりますが、その時はシャンプー剤を使用せずにシャワーのお湯だけで濯ぎ洗いだけにして、洗髪でシャンプー剤を使用するときは、どんなに良いシャンプー剤でも、せいぜい一日に一度にしましょう。 

本格的な育毛発毛ケアをする方のために

育毛用・「国産」無添加コラーゲンシャンプーは頭皮の状態により4種類あります。乾燥肌Aタイプ、脂性肌Bタイプ、普通肌CタイプC、敏感肌Dタイプを、平成29年12月20日までのお申込みに限り、一般の方にも会員価格にて販売を致します。

お申し込みは ☎ 03-5625-9905 へお問い合わせください。


この記事をはてなブックマークに追加

育毛発毛のための頭皮環境! 育毛用・無添加コラーゲンシャンプー -27

2017-11-14 | 円形脱毛・脱毛症の治療・薄毛の治療・発毛アドバイス

 深刻な薄毛脱毛症 

 子供を含む複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !? (27)

 「育毛発毛のための頭皮環境!」 育毛用・無添加コラーゲンシャンプー -2

頭部常在菌

腸内細菌は善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌とありそのバランスが重要で食生活などで食物繊維を摂ることの必要性や発酵食品の大切さをいいましたが、そうすることによっていつも善玉菌が優位となり免疫力が低下せずに健康に寄与します。

腸の善玉菌優位においてこそ皮膚のバリアー機能もバランスが保たれ細菌やウィルスなどから守ることが出来ます。

皮膚のバリアー機能を創っている菌には、表皮ブドウ球菌、アクネ桿菌、黄色ブドウ球菌があります。

表皮ブドウ球菌は、皮膚表面や毛穴に存在して、汗や皮脂を餌にグリセリンや脂肪酸を作るといいます。脂肪酸は肌を弱酸性に保ち抗菌作用で、黄色ブドウ球菌の増殖を防ぐことができます。

アクネ桿菌は、嫌気性菌なので酸素ある環境ではほとんど増殖できず、死んでしまいます。そのため、酸素を嫌い毛穴や皮脂腺に存在し皮脂を餌にプロピオン酸や脂肪酸を作り出します。
そうすることで皮膚表面を弱酸性に保ち、皮膚に付着する病原性の強い細菌の増殖を抑える役割を担っているといいます。ニキビの原因と言われていますが、増殖しなければニキビの原因菌になりません。皮脂の分泌量が増えたり、何かの異常で毛穴を塞いだりすると、アクネ桿菌が過剰に増殖し炎症を引き起こしてニキビになるといいます。

黄色ブドウ球菌は、皮膚表面や毛穴に存在します。存在しているだけでは何も問題がありませんが、ブドウ球菌の中で黄色ブドウ球菌は病原性が高いため、皮膚がアルカリ性に傾くと増殖して皮膚炎などを引き起こします。傷を受けた皮膚をそのままにしておくと化膿し悪化させるおそれもあります。

上記の、頭部常在菌のバリアー機能は皮膚表面を弱酸性に保っていますから細菌やウィルスの侵入を防いでいるわけですが、このバリアー機能が壊れる原因が細菌性脱毛の原因にもつながりますので、次回よりこの点に付いてアドバイスをします。

参考ホームページ

本格的な育毛発毛ケアをする方のために

育毛用・「国産」無添加コラーゲンシャンプーは頭皮の状態により4種類あります。乾燥肌Aタイプ、脂性肌Bタイプ、普通肌CタイプC、敏感肌Dタイプを、平成29年12月20日までのお申込みに限り、一般の方にも会員価格にて販売を致します。

育毛用・無添加コラーゲンシャンプー 

http://女性の薄毛脱毛症.com/

http://薄毛脱毛症の治療.com/


この記事をはてなブックマークに追加

 育毛用・「国産」無添加コラーゲンシャンプー  「育毛発毛の頭皮環境!」 -26

2017-11-13 | 円形脱毛・脱毛症の治療・薄毛の治療・発毛アドバイス

深刻な薄毛脱毛症 

子供を含む複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !? (26)

 「育毛発毛のための頭皮環境!」 育毛用・無添加コラーゲンシャンプー -1

脱毛症は色々な原因やそれにより脱毛症状も違います。

しかし、脱毛症が毛髪に起きることは当然、皮膚から生えるわけですから、その関係性には重要な必然性があります。

皮膚には身体を寒さ暑さから守ったり、紫外線からのダメージから保護したりします。また、細菌やウィルス、怪我や火傷などから守るためにいろいろな機能を持っています。

元来、皮膚は体を守るために、絶えず新陳代謝をして常に皮膚は新しくなっています。そして、重要な排泄器官でもあります。

およそ4週間くらいで皮膚は新しく入れ代わると言います。ですから、よほど深く傷をしない限り傷なども4週間くらいで元のように戻ります。

この再生能力は皮膚がそれほど人体にとって重要なものだということです。

しかし、そんな重要で再生能力がある皮膚でも、近年はアトピーや湿疹、乾燥肌や脂性肌、アレルギーなどによって苦しむ人が多くいます。

こうしたことやその他の原因で、皮膚のバリアー機能をつくっている頭部常在菌叢が正常にならないことがあります。

頭部常在菌叢というのは出産時に母親の皮膚常在菌が一瞬のうちに赤ちゃんに付くといいます。

母親の常在菌が赤ちゃんを守ることになります。

皮膚常在菌は腸内細菌(腸内フローラ)と同じ身体を守る免疫系の働きをするとても重要なものです。

この点から、育毛のための頭皮環境をアドバイスします。

 

参考ホームページ

本格的な育毛発毛ケアをする方のために

育毛用・「国産」無添加コラーゲンシャンプーは頭皮の状態により4種類あります。乾燥肌Aタイプ、脂性肌Bタイプ、普通肌CタイプC、敏感肌Dタイプを、平成29年12月20日までのお申込みに限り、一般の方にも会員価格にて販売を致します。

http://女性の薄毛脱毛症.com/%e8%82%b2%e6%af%9b%e3%82%b1%e3%82%a2%e8%a3%bd%e5%93%81/

http://薄毛.tokyo/

http://女性の薄毛脱毛症.com/

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

薄毛脱毛症の治療・発毛アドバイス -25

2017-11-11 | 円形脱毛・脱毛症の治療・薄毛の治療・発毛アドバイス

 深刻な薄毛脱毛症 

子供を含む複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !? (25)

 複合性の薄毛脱毛症の治療 「育毛発毛のための頭皮環境!」 -5

 日本には日本人に適した幾つもの、腸内環境を整える素晴らしい食べ物があります。その一つ、梅干しです。

美肌効果や薄毛予防などにも効果が期待できるといいます。

近年の日本人の食生活は洋風に偏っていますので、梅干しで動物性脂肪の害を少しでも解消するようにしましょう。

梅干しは整腸作用がありますから、悪玉菌が増えるのを防ぐことが出来ます。

 梅に含まれる梅ポリフェノールには血流を良くするだけでなく、血管の老化を防いでくれる働きもあります

血液サラサラ効果で、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの予防にもなるといいます。。

肉類や卵、砂糖、乳製品、米、パン、アルコールなどは酸性食品ですから、アルカリ性食品の梅干しで酸性に傾いた身体を中和することが出来ます。

加工食品なども酸性食品が多く、現代の人は体が酸性に傾いていると言われています。

梅干しはそんな酸性になった体をアルカリ性にして、バランスを調整してくれる役割を持ちます。

  • マグネシウム、カリウム、、リン、ナトリウム、鉄分、カルシウムなどのミネラルを多く含んでいますので、身体に大変に良い食べ物です。
マクロファージは老廃物も退治してくれる免疫細胞ですが、梅干しはマクロファージを増やす働きがあるといいますから、毎日一つは食べるべきものです。
2つまでならば塩分の摂り過ぎになることはないといいますし、高血圧の方は食べる前に水に漬け置きして、塩分を抜いてから食べるのも良い方法です。
また、塩分を水抜きして水分を拭いてから蜂蜜漬けにすれば塩っぱさはなくなります。

梅干しに含まれるクエン酸、フマール酸、リンゴ酸、オキザロ酢酸アルファケト、グルタル酸、イソクエン酸、アコニット酸、コハク酸といった8種類の有機酸は、クエン酸サイクルという働きを活性化させ、体内の疲労物質が産出されるのを防いでくれるといいます。

また、梅干しには糖質を吸収するα-グルコシダーゼという酵素を抑制する働きがあり、糖質の消化吸収を防いで血糖値の上昇を抑えてもくれます。

さらに、梅エキスには血圧上昇作用のあるアンジオテンシンという成分が増えるのを防ぎ、高血圧、動脈硬化を予防する働きもあるといいます。

梅干しに含まれるバリニンには脂肪燃焼効果があることがわかりました。

私たちの体は運動すると筋肉を動かし、糖分を消費します。糖分が分解される際に乳酸が作り出され、この乳酸が疲労の原因となります。梅干しに含まれるクエン酸がこの乳酸の生成を抑制してくるのです。

梅干しに含まれる梅リグナンには体内の活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。

美容のためには細胞が酸化しないこと、老化しないことがとても大事です。いつまでも若々しい肉体を維持し、美肌を保つためにも梅は効果があるのです

梅干しは、様々な料理の味付けもできますし、梅ジュース、梅シャーベット、梅酒、梅ジャム、梅を使った菓子などでも同じような効果が得られます。

梅干しの効用は驚くべきものがあります。日本人の食の知恵は素晴らしいものがあります。

是非、梅を毎日食べる食生活をしましょう。

 

参考ホームページ

http://女性の薄毛脱毛症.com/

http://薄毛脱毛症の治療.com/

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

薄毛脱毛症の治療・頭皮環境と腸内環境 -24

2017-11-10 | 円形脱毛・脱毛症の治療・薄毛の治療・発毛アドバイス

深刻な薄毛脱毛症 

子供を含む複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !? (24)

 複合性の薄毛脱毛症の治療 「育毛発毛のための頭皮環境!」 -4

腸内環境を良くしていることは、健康面や育毛環境を考えるときにとても重要なことです。

便秘や下痢を繰り返している人は和食に切り替え、パン食を止めて、ご飯と味噌汁を中心にし、酢の物や漬け物などの発酵食品をいつも摂り、海藻類を食べるようにして、和食の食生活を基本としましょう。

そして納豆や納豆キナーゼを摂るようにしますと、腸内環境はいつも善玉菌が多い状態となり、免疫力の向上とともに皮膚のバリアー機能も向上して、細菌に侵されにくくなり細菌性脱毛症になりにくい頭皮状況が出来ると思います。

納豆菌は高熱には弱いので、40度前後くらいまでの温度状態で食べるようにしましょう。

納豆の大豆が持つバランスの良いアミノ酸や大豆イソフラボン,大豆サポニン、ビタミン,ミネラルなどに加えて、納豆菌での発酵過程の中でビタミンB群やビタミンK2,ナットウキナーゼなどのタンパク質やビタミンがさらに加えられ「納豆」という素晴らしい健康効果を持つ食材ができます。

納豆菌にはナットウキナーゼの血栓融解作用の他に、血液をサラサラにして流れを良くする血流改善効果,腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を減らす整腸作用(プロバイオティクス),カルシウムの吸収を促進して骨を強くする骨粗鬆症を予防する効果,そして菌の繁殖を抑える抗菌効果,抗酸化効果など多彩な健康効果があるといいます。

参考ホームページ

http://薄毛.tokyo/

http://薄毛脱毛症の治療.com/


この記事をはてなブックマークに追加

薄毛脱毛症の治療・育毛発毛のための頭皮環境! 23

2017-11-09 | 円形脱毛・脱毛症の治療・薄毛の治療・発毛アドバイス

深刻な薄毛脱毛症 

子供を含む複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !? (23)

 複合性の薄毛脱毛症の治療 育毛発毛のための頭皮環境! -3

腸内環境を良くするということは、いつも腸内の善玉菌を多くし悪玉菌を増やさないということです。

日和見菌は善玉菌が多ければ善玉菌の方に付き同じような善玉菌の働きをしますが、悪玉菌が通常は1割なのですが、悪玉菌の餌が多くなれば悪玉菌が増え善玉菌よりもおおくなれば、腸内細菌の7割を占めている日和見菌が悪玉菌に変わり、ウェルシュ菌などの腐敗菌が腸内の食物を腐らせるということになり腐敗毒素が身体中に行くことになります。

いわゆる食中毒や酷い下痢の症状です。また、そこまで行かない状態で善玉菌と悪玉菌が拮抗する状態が砂糖や動物性脂肪の摂り方です。

子供達にジュースや砂糖を一杯使用した洋菓子などを食べさせることは、悪玉菌を増やし免疫力の低下とともに皮膚病に罹りやすくなります。

善玉菌の餌は野菜などの食物繊維や海藻などの水溶性食物繊維ですが、これらが摂れていない上に砂糖や動物性脂肪を多く摂っていますと悪玉菌優位の状況となります。

これは免疫力の低下を招き、皮膚のバリアー機能の低下のなり、細菌感染を引き起こしやすくなります。

これは一つの脱毛原因となることが考えられます。

日本人は遺伝的に動物性脂肪の消化酵素が欧米人に比べて少ないといいますですから、牛乳や牛乳から作ったヨーグルト、チーズなどの乳製品や、牛脂は摂るべきではありません。

未消化の乳糖が小腸に溜り消化吸収を阻害することになります。

さらにカルシウムを身体から奪ってしまうことになりますから、日本人は乳製品は摂らないようにしましょう。

動物性脂肪の摂り過ぎは毎日飲む牛乳が原因のことが多いのですが、この牛脂は先ほどもいいましたように日本人は遺伝的に消化酵素を多く持っていないために身体に皮下脂肪や体内脂肪として蓄積されやすいのです。

皮下脂肪や体内脂肪などに化学物質は蓄積されるといいます。

身体のためには牛乳ではなく豆乳にしましょう。

そして腸内環境の善玉菌を増やすには日本には植物性乳酸菌が摂れるお漬物があります。植物性乳酸菌は生きたまま腸に届きます。

味噌、醤油、酢などの発酵食品は善玉菌を増やすものです。

食生活は和食が日本人には一番合っています。

 

参考ホームページ

http://薄毛脱毛症の治療.com/

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

薄毛脱毛症の治療 「育毛発毛のための頭皮環境!」 -22

2017-11-08 | 円形脱毛・脱毛症の治療・薄毛の治療・発毛アドバイス

深刻な薄毛脱毛症 

子供を含む複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !? (22)

 複合性の薄毛脱毛症の治療 「育毛発毛のための頭皮環境!」 -2

小学生や中学生、高校生の10代で色々な脱毛症を発祥したり再発するのは、初めての場合もありますが、2~3歳くらいのとき薄毛や脱毛症になった経験を持つ人がいます。

そして成人に達しても何度も脱毛を繰り返す方も多くいます。

「育毛発毛のための頭皮環境!」-1 のところでも少しいいましたが、腸内細菌のバランスで免疫力も大きく変わります。

母乳で育てられている乳児はビフィズス菌などの細菌が最優勢で他の菌が極めて少なくなっているのに対して、人工のミルクで育てられている乳児では、ビフィズス菌以外の菌も多く見られるようになる。このことが人工栄養児が母乳栄養児に比べて、細菌感染症や消化不良を起こしやすい理由の一つだと考えられています。

そして、もう一つ離乳食のときに何を食べさせるかで腸の善玉菌の量が決まります。

ビフィズス菌や乳酸菌が多いものが良いのですが、もともと日本人の持つ遺伝子の腸内細菌は、炭水化物の代謝能力が高く、海藻類の食物繊維の代謝能力が高く、産生される水素をメタン産生よりも酢酸産生に利用するなどの傾向が高かったとの報告があります。

このことから日本人炭水化物を主食として海藻類、野菜などの食物繊維を多く摂って善玉菌をふやす食生活をして免疫力をアップし、皮膚のバリアー機能をいつも高めるようにしましょう。

 腸内細菌の全体の2割を占めている善玉菌と呼ばれるものにはビフィズス菌に代表されるビフィドバクテリウム属 や、乳酸桿菌と呼ばれるラクトバシラス属 の細菌など乳酸酪酸など有機酸を作るものが多いといいます。

 悪玉菌は有機酸の多い環境では生育しにくいものも多いといいます。

ですから母乳から離乳食の時点で、食べ物によって腸内環境が大きく変わるということになり、間違った食生活で砂糖や動物性脂肪を多く摂ると、悪玉菌が増え免疫力の低下を招き細菌感染を起こし脱毛症の原因になります。

人工のミルクや牛乳はビフィズス菌以外の菌も多く見られるようになり、細菌感染症や消化不良(日本人は遺伝的に牛脂などを分解する消化酵素をもっていないために消化できず下痢をしたりします。そして未消化の乳糖が小腸に溜り消化吸収を阻害するようになる。)をおこします。

 悪玉菌の餌が増える環境とは砂糖や動物性脂肪(肉)を食べることや抗生物質を飲むと善玉菌が減り悪玉菌が増えるということになります。

こうした乳幼児のときから脱毛原因がつくられ母乳でなく人工ミルクや牛乳などで育てられますと、腸内細菌の善玉菌が少なくなり免疫力が低くなります。そして、感染症に罹りやすい身体の弱い大人になる危険があります。

これが細菌性の脱毛症を何度も繰り返す、脱毛症体質の根本原因の一つと考えられます。


この記事をはてなブックマークに追加

薄毛脱毛症の治療 「育毛発毛のための頭皮環境!」 -21

2017-11-07 | 円形脱毛・脱毛症の治療・薄毛の治療・発毛アドバイス

深刻な薄毛脱毛症 

子供を含む複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !? (21)

 複合性の薄毛脱毛症の治療 「育毛発毛のための頭皮環境!」 -1

複合性の薄毛脱毛症とは、薄毛で円形脱毛症になるとか、円形脱毛症から多発性になったり全頭脱毛症、全身脱毛症になるなど一つの脱毛原因ではなく、違った原因で複合的な脱毛症になることをいいます。

ですから、脱毛原因が一つではないということは、より深刻な脱毛症になり発毛回復が困難になります。

いままで食生活の観点からの、脱毛原因になる恐れがあるものをアドバイスしてきましたが、そうした食生活によって身体の内から頭皮環境に悪影響を及ぼすものと、育毛発毛環境を外部からのことによってさらに薄毛や脱毛原因を悪化させる場合があります。

この事に付いて、育毛発毛アドバイスをしてまいります。

まず体の内部からの頭皮環境に及ぼす問題です。身体と皮膚との関係は腸内環境と大きく関係します。

腸内環境が悪玉菌に支配されますと、からだの免疫力は著しく低下します。そうなりますと皮膚のバリアー機能も低下して感染症に罹りやすくなります。

このような皮膚の状態の時に毛穴から細菌が入り、様々な脱毛症を引き起こす怖れが出てきます。

腸内環境とは腸内細菌の善玉菌や悪玉菌、日和見菌のバランスによって免疫力などが大きく左右されます。

人の腸内には100種から3000種類の細菌が100兆個から1000兆個の腸内細菌が長さ約10mの腸内に生息しており、重量にすると約1.5-2kgに相当します。

 人の腸内細菌には主に5つの働きがあるといいます

  • 病原体の侵入を防ぎ排除する。
  • 食物繊維を消化し短鎖脂肪酸を産生する。
  • ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK、葉酸、パントテン酸、ビオチンなどのビタミン類の生成をする。
  • ドーパミンやセロトニンを合成する。
  • 腸内細菌と腸粘膜細胞とで免疫力の約70%を作りだしている。

腸内細菌の組成には個人差が大きく、人それぞれ自分だけの細菌叢を持っていると言われ、しかしその組成は不変ではなく、食餌内容や加齢など、宿主である人の様々な変化によって細菌叢の組成もまた変化するといいます。

例えば、母乳で育てられている乳児と人工のミルクで育てられている乳児では、前者では、ビフィズス菌などの細菌が最優勢で他の菌が極めて少なくなっているのに対して、後者ではビフィズス菌以外の菌も多く見られるようになる。このことが人工栄養児が母乳栄養児に比べて、細菌感染症や消化不良を起こしやすい理由の一つだと考えられています。

日本人には他の国民に比べて放線菌門ビフィズス菌、フィルミクテス門ロストリジウ綱ブラウチア、放線菌門、フィルミクテス門バシラス綱レンサ球菌、未分類のクロストリジウム綱の菌が最も多く存在していたといいます。
日本人の腸内細菌は、炭水化物の代謝能力が高く、海藻類の食物繊維の代謝能力が高く、産生される水素をメタン産生よりも酢酸産生に利用するなどの傾向が高かったとの報告があります。

腸内細菌は善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割といいます。

腸内細菌を善玉菌と悪玉菌に分類することが腸内環境の説明に使われることがある。前者は宿主の健康維持に貢献し、後者は害を及ぼすとされる。腸内環境は一般に菌の花畑にたとえられて腸内フローラと呼ばれています 

この考えは19世紀終わりにイリヤ・メチニコフが発表した「自家中毒説」に端を発している。小腸内で毒性を発揮する化合物が産生されたことが発見され、それが腸から体内に吸収されることがさまざまな疾患や老化の原因だと考えた。腸内の腐敗は寿命を短くするという仮説を立て、腸内腐敗を予防すれば老化を防止できると考えた。ヨーロッパ各地を遊説中に、長寿国であったブルガリアでヨーグルトが摂食されていることを見出し、そこから分離した「善玉菌」である乳酸菌(ブルガリア菌)を摂取することによって、腸内の腐敗物質が減少することを確認したといいます。

その後の研究によって、腸内細菌と宿主であるヒトの共生関係が徐々に明らかになり、また腸内細菌叢のバランスの変化が感染症や下痢症などの原因になりうることが明らかになったことから、腸内細菌叢のバランスを変化させることによってヒトの健康改善につながるという考えが改めて支持されるようになった。そして、癌、心臓病、アレルギー、痴呆症のような病気との関連性も高いことがわかりました。。

腸内細菌の全体の2割を占めている善玉菌と呼ばれるものにはビフィズス菌に代表されるビフィドバクテリウム属 や、乳酸桿菌と呼ばれるラクトバシラス属  の細菌など乳酸や酪酸など有機酸を作るものが多いといいます。

腸内細菌の全体の1割を占めている悪玉菌にはウェルシュ菌に代表されるクロストリジウム属大腸菌(病原性)など、悪臭のもととなるいわゆる腐敗物質を産生するものを指すことが多い。悪玉菌は二次胆汁酸やニトロソアミンといった発がん性のある物質を作る偽膜性大腸炎の原因となるクロストリジウムディフィシルや病原性を示すバクテロイデス属フラギリなどもあげられる。悪玉菌は有機酸の多い環境では生育しにくいものも多いといいます。

善玉菌や悪玉菌に必ずしも分類されず、他の菌の影響を受けて作用が変化するものを日和見菌と呼んでいます。日和見菌は全体の7割を占めるといいます。

しかし、この日和見菌は悪玉菌が増える環境になればすぐに悪玉菌に変わるという状態になります。悪玉菌の餌が増える環境とは砂糖や動物性脂肪(肉)を食べることや抗生物質を飲む善玉菌が減り悪玉菌が増えるということになります。

トクホに認可された食品には、研究によって血圧や血清コレステロールの低下が確認された製品があります。花粉症などのアレルギー症状が軽減されるという研究報告もあります。整腸と関連した癌やアレルギーなど、様々な疾患を抑制する作用の研究が行われています。ほかに生きたまま腸内に到達可能な乳酸菌(プロバイオティクス)や、腸内の善玉菌が栄養源に利用できるが悪玉菌は利用できない物質(オリゴ糖など、プレバイオティクス)を、製剤や機能性食品として用いることが考案され、多くの製品が開発・実用化されています。

 ですから、腸内環境を良くするということは、皮膚のバリアー機能を高めるということで育毛発毛環境を良くする上でとても重要なことです。

 参考ホームページ

http://薄毛脱毛症の治療.com/

htt://脱毛症.jp/


この記事をはてなブックマークに追加

薄毛脱毛症の治療・発毛アドバイス⑳

2017-11-05 | 円形脱毛・脱毛症の治療・薄毛の治療・発毛アドバイス

深刻な薄毛脱毛症 

子供を含む複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !? 

 複合性の薄毛脱毛症の治療 「育毛発毛の食生活を考える!」

 食品添加物の害-5

ガムやスポーツドリンク、栄養ドリンクを食べたり飲んでもでも何の栄養にもならず、かえって身体の害になります。

ガムには合成甘味料のアスバルテームが入っています。アスパルテームは脳腫瘍になる危険があるなど大きなリスクがあります。

ガムは一切の栄養価はなく健康には貢献しない、不必要なものです。昔はチクルという木の樹脂から取ったものでガムベースを作っていましたが、今は化学合成樹脂の酢酸ビニルで作られています。

 また、チューウンチューインガムには軟化剤が使われています。

 チューインガム軟化剤として認められている添加物は3品目で、グリセリン、プロピレングリコール、ソルビトールです。3品目の中で一番危険度が高いものは、プロピレングリコールです。

プロピレングリコールは、自然界に存在しない物質です。毒性は高くありませんが身体には必要ないものです。軟化剤の他にも、保湿、保存目的で使用されるのも特徴のひとつです。有害化学物質を体内吸収をさせやすくするといいます。

 スポーツドリンク 健康飲料とメーカーは宣伝していますが、糖分が多く飲み過ぎや子供が飲むと急性糖尿病になるリスクがあります。

スポーツドリンクに使われるのは、デンプンなどの「多糖類」ではなく、ほとんどが「単糖類」(果糖、ブドウ糖など)や「二糖類」(砂糖など)です。

糖度が比較的低い「スーパーエッチツーオー」「レモンウォーター」「アクエリアス」「ダカラ」の原材料は、人工甘味料のスクラロースが使われています

スクラロースは、ノンカロリーなうえ、砂糖の六百倍も甘みがあるといわれています。近年使用量が急増しています。

しかし、スクラロースはれっきとした有機塩素化合物で、動物実験で流産が発生するなど、安全性に疑問がもたれているといいます。

スポーツドリンクは果汁などと違って、成分を調整した合成飲料です。

血液中に速く糖が吸収され、血糖値の急上昇を招きます。とくに乳幼児には飲ませてはいけないものです。

スティックシュガー11本分相当が使用されているのです。

血糖値を正常な状態に下げる働きをするホルモンがインスリンですが、日本人は欧米人に比べ、半分しか持っていません。そのため、ジュース類を飲むと血糖値が急上昇し、インスリンが浪費されてしまいます。これが将来の糖尿病につながる怖れとなります。

戦後の五十年間で米の消費は半分に減り、糖尿病の患者数は三十倍になつたといいます。

米などの炭水化物はゆっくり分解・吸収され、インスリンの分泌もゆっくりです。ご飯をしっかり食べることが食生活の基本です。

 栄養ドリンクの有効成分のほとんどは、カフェインと糖分だといわれています。わずかに含まれているタウリンも、疲労回復効果は科学的に実証されていないといいます。

カフェインや糖分の摂り過ぎは、カフェイン中毒や頭痛、糖尿病の原因にもなるので良くありません。栄養ドリンク一本には、なんとスティックシュガー7本分の糖分が入っており、急激に血糖値が上がることで一瞬元気になりますが、その後にもっと疲労感が出てしまうことも

参考ホームページ

http://薄毛.tokyo/

http://薄毛脱毛症の治療.com/

 


この記事をはてなブックマークに追加

薄毛脱毛症の治療・発毛アドバイス⑲

2017-11-04 | 円形脱毛・脱毛症の治療・薄毛の治療・発毛アドバイス

深刻な薄毛脱毛症 

子供を含む複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !? 

 複合性の薄毛脱毛症の治療 「育毛発毛の食生活を考える!」          食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 安部 司氏 著書参考

 食品添加物は健康を害し癌や免疫力を低下させるものです。こんなものは企業の利益のためだけにつくったものです。

人間の健康を一切考えない化学物質の食品添加物絶対は、多くのものに発癌性があり絶対に身体に入れてはいけないものです。

こんな異常な状態は化学物質の食品添加物の被害と言っても過言ではありません。

食が汚染されれば健康な身体はできません。当然、薄毛や脱毛症になる怖れは起きます。

食品添加物の害 -3

防かび剤  ポストハーベスト、OPP、OPP-Na、TBZ(チアベンダゾール)

輸入柑橘類や果物などに使用

発癌性、胎児の先天性障害、遺伝子損傷、変異原性、染色体異常のリスクがあるといいます。

バナナ、オレンジ、グレープフルーツ、レモンなどの輸入柑橘類や果物 などに使用

日本では収穫後の、防カビ剤の使用は認められていませんが、海外からの輸入において使用されています。 

グルタミン酸ナトリウム(調味料アミノ酸と表示されているが、これは調味料ではなく化学物質です。)

グルタミン酸は旨味成分 ですが、グルタミン酸ナトリウムは味覚障害を起こさせ、化学物質の作用により脳に旨いと感じさせる物質です。

アメリカの脳神経外科医ラッセル・ブレイロック博士はグルタミン酸ナトリウム(興奮性・神経伝達物質)による過剰な刺激が神経細胞を破壊しアルツハイマー、パーキンソン病、知能障害、うつ病、めまい、注意欠陥、多動性障害、不眠症の原因になると指摘され、
動物実験でも肝臓、脳下垂体、卵巣、子宮、副腎、ホルモン異常が認められ、アメリカでは離乳食への使用が禁止されています。

使用されている食品には、出汁用パウダー 、加工食品全般(漬物、インスタント麺、カマボコ、ソーセージ、ポテトチップス、せんべいなど)、調味料全般 です。

トランス脂肪酸マーガリン、ショートニング(硬化油)

マーガリンには動脈硬化、心臓病、ぜんそく、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などの、健康被害が懸念されるトランス脂肪酸が多く含まれるため、アメリカでは2018年までに原則全面禁止されました。
マーガリン、菓子パン、クッキー、ケーキ、、ミルクピッチャー、、チョコレート(板チョコ)、揚げ物 、ポテトチップスなどに使用されたりしていますが、硬くしたりパリパリ感の食感をごまかしたり、ケーキやチョコレートを固めるために使用

 

参考ホームページ

http://薄毛.tokyo/

 

  


この記事をはてなブックマークに追加

薄毛脱毛症の治療・発毛アドバイス⑱

2017-11-02 | 円形脱毛・脱毛症の治療・薄毛の治療・発毛アドバイス

 深刻な薄毛脱毛症 

子供を含む複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !? 

 複合性の薄毛脱毛症の治療 「育毛発毛の食生活を考える!」

食品添加物の害は、この添加物そのものが化学物質ですので、体にすぐに悪い反応が出ないことにより、沢山蓄積されて身体に異常が現れてからでは遅過ぎるという事になります。

現代病のさえたるものは癌です。そして、心臓病、腎臓病、脳卒中、化学物質過敏症、免疫不全症候群、ネフローゼ、アトピー皮膚炎、子供の薄毛や脱毛症など、まだほかにもありますが、チョット考えただけでもこれだけありますが、しかし、これらは化学物質によって引き起こされるものですから薬は勿論ありません。西洋医学では治せないのです。何故なら病気の原因が化学物質によってだからです。しかし、西洋医学は対症療法で薬で抑えようとします。だからアトピー皮膚炎にしても炎症を沈めるためにステロイド剤で抑えこもうとします。そして、それでも炎症が抑えられなくなると免疫抑制剤を投与します。人間の健康は免疫力が働いてこそ、細菌やウィルスなどから身体を守ることが出来るのです。

若い女性は女性ホルモンの関係や免疫力が強いために、化学合成食品添加物の害で炎症が起きやすいといいます。ですから関節炎などを起こしやすくなります。驚くべきことに妊娠中でも免疫抑制剤の投与を厚生労働省は認可したといいます。

免疫抑制剤を投与されて全身脱毛症になった方が何人もいます。こんな危険な薬が、単なる疲や、冷えからの身体の浮腫み、怠さに対して投与されている実態に大変な恐怖を感じずにはいられません。

また、化学合成食品添加物の摂取により腎臓や肝臓に負担が掛かり、肝機能低下、腎機能低下につながることになりますので、くれぐれも気を付けましょう。免疫抑制剤はむやみの使用するものではありません。これを投与されたら大変に危険なことになります。

 食品添加物の害 -2

 合成着色料のタール色素 

発癌性、不妊症、胎児にダメージ があるといいます。

使用されているものには、お菓子類の飴、ゼリー、和菓子、菓子パン、アイス類、かき氷、飲料類、洋酒、清涼飲料水、漬物、副腎漬け、佃煮、紅生姜、ソーセージ、ウニ、タラコ、かまぼこ、タコ、ハム、医薬品などです。

これらは子供や女性が好むものが多く、深刻な健康問題が起きます。

タール色素は コールタールから化学的に合成してつくられます。

発癌性や催奇性のもんだいがあり、いままでに赤色4号・5号、黄色1号、緑1号などを含む17品目が使用禁止になっているといいます。

アメリカでは赤色2号が禁止。北欧では赤色2号・3号・104号・106号、黄色4号・5号、緑いろ3号、青色1号・2号が禁止といいます。

しかし、日本はアメリカや北欧で禁止されているものが全て使用が許されています。健康は正しい知識をえて自分で時分の健康を守るようにすることです。

合成保存料 

安息香酸塩(ナトリウム)ビタミンCと反応し、白血病を起こす物質へ化学変化するといいます。

 発癌性、神経障害、変異原性(細胞の突然変異)、めまい、食欲不振などの症状がでるといいます。

 清涼飲料水、栄養ドリンク、エナジードリンク、シロップ、果汁、合成醤油、合成酢、キャビア、マーガリンなどに使用されています。

合成保存料のソルビン酸 (細菌やカビの増殖を抑えて腐敗を防ぐ目的)

発癌性、免疫障害、成長不順、腎臓肥大、膠原病などのリスクがあるといいます。

クリーム類、コンビニ弁当

ハム、チーズ、ソーセージ、かまぼこ、ちくわ、はんぺん、裂きイカなど

漬物、佃煮、あんこ類、煮豆など

清涼飲料水、ワイン、ジャム、シロップに使用されているといいます。

 参考ホームページ

http://薄毛脱毛症の治療.com/

http://女性の薄毛脱毛症.com/

 


この記事をはてなブックマークに追加

薄毛脱毛症の治療・発毛アドバイス ⑰

2017-11-01 | 円形脱毛・脱毛症の治療・薄毛の治療・発毛アドバイス

深刻な薄毛脱毛症 

子供を含む複合性の薄毛脱毛症の根本原因 !? 

複合性の薄毛脱毛症の治療 「育毛発毛の食生活を考える!」

食品添加物の害 -1

せっかく良質なタンパク質や脂質、糖質を摂ろうとしても、その前に、その食事が食品添加物まみれではかえって身体にダメージを与えることになります。

食の安全に関心のある方は、無農薬や有機野菜を購入していますが、外食が多くなる方や手作りのお弁当を持って行かれない場合もあります。

また、最近は一人暮らしや共働きの家庭が増え、主婦としても家族の健康は気になるもののスーパーやコンビニなどでお惣菜やお弁当を買ってすませる場合が多くなっています。

しかし、スーパーやデパート、コンビニはお弁当やお惣菜など、大量に造って原価を下げたりするために、食材は有機野菜を使うことはまずありません。

いかに原材料を安く仕入れるかが重要で、食べる人の健康は考えていません。

いまも食中毒の発生があとを絶ちませんし、食品添加物の危険は更に増す一方です。

食虫毒の怖れと腐敗を防ぐためにソルビン酸、ソルビン酸K(カリウム)などの防腐剤が使用されています。

これらは、以前変異原性、発ガン性が認められた添加物です。
単独でも毒性は強いのですが、ビタミンCと反応し白血病の原因となる物質(ベンゼン)に変化する危険性があるという心配もあります。

そのほかのリスクは、免疫障害、成長不順、腎臓肥大があるとも言われています。
ソルビン酸は免疫障害である「膠原病」の一因とも言います。

先に言いました亜硝酸塩(ナトリウム)は胃の中で発ガン性物質に変わるといいます。

鬱症状、頭痛、記憶障害を起こすともいいます。 

ハムやウィンナー、ベーコン、サラミ、魚肉ソーセージ、イクラ、タラコ、明太子、パック野菜などに添加されています。

発色剤として食品が赤黒くなるのを防ぐ目的です。

日本では強い毒性を懸念することから亜硝酸塩の使用量を制限していますが、それでも魚肉、魚卵、食肉に含まれるアミンと言う成分と胃の中で結合してニトロソアミンという発癌性物質に変化するといいます。強い毒性がありますから、摂らないように気を付けましょう。

合成甘味料のアスバルテーム、アセスルファムKは発癌性があり、内蔵異常の怖れがあるといいます。

他には、失明、視力低下、精子減少、鬱病、パーキンソン病などのリスクがあるといいます。アメリカでは脳腫瘍やリンパ腫、白血病になる危険との報告もあります。

アセスファムKは、発癌性のほか、肝疾患、肝臓や腎臓への悪影響、鬱病、記憶力低下、怠さ、頭痛などが起きるといいます。

動物実験ではリンパ球の減少や肝障害の報告もあるといいます。使用されているのは、ダイエットや健康志向ののみものやお菓子などです。ノンカロリー食品やダイエット飲料、健康飲料、ゼリー、コーヒー、ガム、飴、アイスなどです。

参考ホームページ

http://薄毛脱毛症の治療.com/


この記事をはてなブックマークに追加