Dream of Sangwoo

♫드림오브상우♫
クォン・サンウ 권상우-ssiに癒されて‥♡♡
Kwon Sang Woo Fighting!!

クォン・サンウ『推理の女王』~チェ・ガンヒ インタビュー "ギフトのような作品。シーズン2で再び会える"

2017-06-18 16:32:35 | 201704 KBS 추리의 여왕 (推理の女王)







これ・・・昨日の記事みたいだけど・・・


さっき出てきたよ(^_^;)


ガンヒさんのインタビュー~^^






 [インタビュー]「推理の女王」チェ・ガンヒ、 "ギフトのような作品。シーズン2で再び会える"


俳優チェ・ガンヒが2年ぶりにテレビ劇場に戻った。

チェ・ガンヒは最近放映終了したKBS 2TV水木ドラマ‘推理の女王’でタイトルロールである流説オク役に熱演を広げた。

‘推理の女王’は生活密着型チュリクィンソル・オクとハードボイルド ベテラン刑事ワンスンが幻想の共助パートナーに新たに出て犯罪で傷ついたこれらの心まで解きほぐしたヒューマン推理ドラマ.

劇中ソル・オクは結婚8年目である平凡な主婦.

愛らしい容貌の中に優れた推理能力を備えている。

今しがた赴任したホン所長を偶然に助けることになったソル・オクは多様な事件事故を解決して自身の推理能力を十分発揮する。

視聴者たちに見慣れない推理ジャンルを扱いながらも大衆性と作品性という2匹のウサギを共に捉えた‘推理の女王’はわずかな生活密着型推理から連続殺人、拉致など現実感あふれる凶悪事件捜査までキャラクターと一つになった俳優の熱演でピョンピョンはねる個性と魅力を吹きだした。

初放送から同時間帯1位を記録してテレビ劇場の熱い関心を立証した‘推理の女王’は放映終了まで樹木劇1,2位を争ってその開くを継続した。

16年ぶりの再会に注目を集めた俳優クォン・サンウとは自然な呼吸でトムとジェリーケミを発散した。

最近ソウル江南区(カンナムグ)に位置した北カフェでラウンド インタビューを進めたチェ・ガンヒは‘推理の女王’からスランプを体験するまで彼の率直淡泊な話を加減なしに打ち明けた。

‘推理の女王’がプレゼントのように感じられたというチェ・ガンヒ、彼女の話を聞いてみよう。





次はチェ・ガンヒとの一問一答.


-放映終了所感.

チェ・ガンヒ:幸せです。

そのまま放映終了なら悲しかったはずなのに、ドラマ撮影が快適でさらに惜しいこともします。

ところでシーズン2に対する話も出てきてするとまた会いそうだという希望があります。

だから幸せです。

特異にドラマ始める時俳優が団体メッセンジャー部屋を作るのに‘推理の女王’は分派のふりが終わってその次の日作られました。

私が携帯電話に劇中の名前を一緒に保存しておくが、それでメッセンジャー中に劇中人物らとまだ一緒に住むようです。




-俳優らと呼吸.

チェ・ガンヒ:クォン・サンウさんは16年前に控室で一度見た記憶しかないです。

その状態でこのように会ったが、本来分かってまた会った感じのようにかなり安らかでした。

互いに演技する時も本当に気楽だったんですよ。

何度も話したがサンウさんは韓流スターでところが演技する時からだも引き締めないでしましたよ。

卵戦う時開きました。

ぶすっと打つシーンがいるからにして不便に思えば私もアクションが小さくなるのがあります。

容貌も見えることに考えたら私も不便だったはずなのにそうしたことなしで、青少年ドラマを撮る時友達が上手にしたら良いと感じた感情が再び浮び上がりましたよ。

感情がよく出てこれるようによく支えられたようです。

パク・ビョンウン氏と同じ場合には五情傾向と親しいです。

私の友達の友達に同い年です。

このような年齢帯組合がなかったです。

ほとんどの年下に、年齢も幼かったが同じ年頃俳優がいるからとても気楽だったんですよ。

私がソン・ウニ、キム・スクで親しいです。

ヒョンスクさんはスクとあるようでした。

ウォングンは台本練習する時見つめられませんでした。

ある程度でなくとても子供同じだったが、言葉がとてもよく通じました。

二人とも音楽と映画を共有するのが似ていて、私がその年齢帯に暗いのが好きだったがウォングンもちょうど良がりましたよ。

私も映画を推薦して自分も好きだとそして。


映画共有もたくさんしたし、サンウさんも音楽をたくさん好きです。

それで現場でそのような話を主に交わした。

別に集まることはあまりなかったし、自然に気楽に過ごしたようです。

パク・ギョンスク女史(パク・ジューングムの方)様はおとな俳優同じでなくてあまりにもファッショニスタだったためか分からないが、若く生きてください。

本当に可愛くて皆友達同じでした。

スジンは私が昔青少年ドラマする時思い出しましたよ。

ウォングンもスジンも難しくて不便なこともあるがそうしていなかったです。

全部良い方々なので福受けたと考えました。




-大変な点。

チェ・ガンヒ:殆どなかったです。

演技する時演技にならなくて鋭敏だったことはあるのにそれは仕方ないことだから。

練習してというスタイルでなく没頭してしようとする方なのに、真剣な開くことなくサンウさんや他の俳優が愉快でクールに雰囲気を作って鋭敏さがはやく転換されたようです。

監督様も‘もう一度’を要求するスタイルではありませんでした。

結果に執着されなくて心安らかにすることができたことのようです。

キャスティングする時も監督様やスタッフも何か違いました。

鋭敏な人がいなかったです。

問題に執着する人なしでとても愉快で安らかだった現場でした。




-雰囲気反映された作品.

チェ・ガンヒ:ソル・オクイを演技する時無条件明るくしようと考えました。

他の人々よりさらに先に感情におぼれなくしてもしたんですって。

視聴者たちのように呼吸するべきなのにしていればさらに没頭してしまう場合もあります。

そのようにすればキャラクターが持っている性格が明るいから劇自体がダウンする傾向があって、実際にもそうなるようだったんですよ。

私が明るければ周辺が明るくなって、私がダウンすれば周辺もダウンするようで作品する時はそうした点に重点を置きました。

問題を近く立ってみることになる時は寝て起きてまた見るといったのか違ったことをし終えてみてそうしました。





-記憶に残るシーン.

チェ・ガンヒ:ワンスンと初めて交差するシーンがとても良かったです。

私は薬飯取りワンスンであるガムをかんで過ぎ行くシーンであったのにその場面がとても美しかったし、あれが私たちのドラマのムードだと感じました。

古ぼけないで各自の苦悩がにじみ出るのに明るくて暖かいシーンに繋ぎますので。

監督様もそのシーン良かったといわれましたよ。

姑が寃罪をこうむって犯人に集まったが、私が汚名を明らかにして姑と家に戻るところも記憶に残ります。

‘警察仕事をするな’でしたがずっと特別捜査チームにあとで姑を救い出したのが幸せでした。

私はソル・オクイで生きたためか姑とつくシーン良かったし姑の顔色を見る時幸せでした。

人々は苦しいといっても私はその間で存在感を感じました。

婚家暮らしのようだが私は幸せだったんですよ。

その場面をソル・オクイも好きだったでしょう。

それで劇中夫の浮気を直面した時一番恐ろしかったのは、ソル・オクイとして事実なのかどうか知りたいより二家族にある構成員としてその調和が崩れそうな不安感に尋ねたくなかったようです。

私はそのような感性を好きです。

選ぶ努力でやり遂げたとすれば他の人との感情には関心が多いです。

面白味もあって上手にしたがる分野です。

ラジオも好きだったこと、私は毎日同じ時間に行く所があるというのが良かったです。

私が誰かに約束した時間があって必要な存在になるというのが良かったです。

ワンスン利刀その延長線の一つか分からないが同質感ないしは助けをやり取りする関係なので良かったようです。





-無心

チェ・ガンヒ:本来作家様がソル・オクイは愛を分からないキャラクターといいました。

私は私的感情が入ればシーズン2が頭が痛かったりその状態で終わることができると考えます。

人が愛すれば結婚をしたり完成ということがあるが、友情のようにあるそのケミを人々が好きになって下さったように適当な道路で来るヒーリングがありました。

それで私もそのままその程度でソル・オクイの感情に対してさらに心配していなかったことのようです。





-22年目俳優.

チェ・ガンヒ:また戻ったようです。

‘22年目女優’こういうのを考えないで自由に生きるほうだったがある瞬間他の変身もしなければならないようだしどのようにすれば良いか分からなかった時期がありました。

再び今回のドラマを基点に安らかになりました。

もう少し率直に言ってみれば映画<愛子>をとった後にますます台本が入ってきました。

どうする時は10冊が入ってくるほどだったが映画<ミナ文房具>、ドラマ‘7級公務員’が終わった時急に切れたのです。

子ママの役割離居私ロコ同じ、似ているキャラクターでした。

そのような時期に私に残るタイトルは‘間’や‘4次元’二つの字でした。

年を取る時期に4次元なのも変でしょう。

それが親しく感じられないで異質感が聞きました。

その時うつ病がさっと来ました。

その字が恐ろしく感じられましたよ。

年齢に対する概念もさらに触れてそんなに感じられたようです。




-うつ病.

チェ・ガンヒ:周辺であう人々が恐ろしく感じられました。

単純に私を眺める視線さえ好意的でないと感じられたし、私がどんな表情でも行動をしても4次元-間で縛られるようでした。

正確に問題だと感じたのは<ミナ文房具>ラン‘7級公務員’当時でした。

その時ぐらい表現的にらしくなったし、人々を避けたかったです。

家に入れば理由なしに涙が出てそんなに外に出て行きたくなかった時期があるのに今は信仰持って回復しました。

それで‘推理の女王’は私にプレゼントのようです。

劇中人物がみなソル・オクイにおばさんといいますね。 それがサイダーのように感じられました。

‘おばさん’という単語の語感が身近に感じられます。

今はおばさんになり得て再び推理をする事もできどんな表情になってもあの自体で見られるようです




-今後の計画.

チェ・ガンヒ:ワールドビジョン広報セリフ使なのに1年に二回程度紹介するのがあります。

それもしなければならないようだし、暖かい天気を好きです。

夏が好きでそのまま送り惜しいです。

よく似合って活気に満ちる夏を送りたいです。






監督さんをはじめ スタッフさんもあまりうるさい人がいなかったんだね(^-^;


中には相当こだわる人もいるだろうから・・・


そうだと撮影もなかなか進まないよね・・・


それが今回吉と出て良かった~~^^





記憶に残るシーン。。

二人がすれ違うところだね・・


うんうん・・・

夕日が沈みかけた一日の終わり・・・

屋台から見える湯気がまたなんだか温かくて。。。

いいよね^^




ガンヒさんにとっても 癒しで安らかな作品?になったようで・・・^^



そこにサンウが一緒にいられた~~ってのが また嬉しい~



これからも頑張ってほしいな~



まずはシーズン2が正式に決まりますように・・・


『クォン・サンウ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クォン・サンウ  ソン・ドン... | トップ | 放送終わったって~(*´▽`*)... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

201704 KBS 추리의 여왕 (推理の女王)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。