Dream of Sangwoo

♫드림오브상우♫
クォン・サンウ-ssiに癒されて‥
Kwon Sang Woo Fighting!!

クォン・サンウ チェ・ガンヒ『推理の女王』~放映終了で残した意味‘五’~クォン・サンウ、チェ・ガンヒの再発見

2017-05-26 11:32:34 | 201704 KBS 추리의 여왕 (推理の女王)






 [M+TVインサイド]放映終了‘推理の女王’が残した意味‘五’




‘推理の女王’が16回を最後に放映終了したが開かれた結末で長い余韻と浮き立ったときめきを残した。

去る25日KBS2水木ドラマ‘推理の女王’(脚本異性(理性)民、演出キム・ジンウ、遊泳は、製作Aストーリー)最終回ではお父さんの意について警察を止めてハアンド情に入ったワンスン(クォン・サンウの方)とソル・オク(チェ・ガンヒの方)が秘密裏に協調してソヒョン数の遺骨を探して17年間も二人を困らせたトラウマに終止符を打った。

だが、本来最後の真犯人‘キム室長’は尻尾を隠したし彼のクナプリオットン コ刑事は拘置所で殺害されてしまう。

さらには死んだものとばかり思ったソヒョンスがキム室長の前に現れて意味深長な微笑でまだ解けないミステリーが依然として残っていることを暗示した。

各自の日常に戻ったワンスンとソル・オク、だが、いつもそのように新しい事件が広まっていれば‘おばさん’を探して共に共助捜査を行う場面で終えられて終わりでない新しい開始を意味する開かれた結末で浮き立ってときめくようにさせる妙な余韻をプレゼントした。

‘推理の女王’は視聴者たちに見慣れない推理ジャンルを扱いながらも大衆性と作品性という2匹のウサギを共に捉えることができた。

わずかな生活密着型推理から連続殺人、拉致など現実感あふれる凶悪事件捜査までピョンピョンはねる個性と魅力を吹きだした‘推理の女王’の永らく思い出すことになる余韻五種類を確かめ合った。





#. クォン・サンウ、チェ・ガンヒの再発見

何より男女主人公であるクォン・サンウとチェ・ガンヒのセーミが歴代級で光った。

オーダーメード服を着たようにぴったりくっつくシンクロ率からどうのこうのしながらも離そうとしても離すことはできない名コンビに成長していく冷たくなった演技合計は愉快ながらも躍動的な面白みをプレゼントした。

このように過激強いワンスンとソル・オク キャラクター組合が作り出した予測不可の化学作用銀ロコボださわやかでメローより心どしんとするようにさせる歴代級‘ワンソル’(完全ときめく)推理コンビを誕生させた。






#. 主、助演別にない俳優の猛活躍

ソル・オクの非公式捜査アシスタントである美男派出所長イ・ウォングンと最後まで的なのか味方なのかだまされる分からなかったシンヒョンビン、迷惑姑の暖かい反転を見せたパク・ジュングム、憎らしい小姑であり嘘専門家伝授陣のゴマ粒活躍と直説話法のツンデレ親しいキム・ヒョンスク、愉快な刑事コンビ アン・ギルガンとキム・ミンジェ、冷徹なプロパイルロパク病はさらに派出所家族からスーパーマーケットおばさんに至るまで誰一人抜けられない穴ない実感できる演技力は毎週水木‘推理の女王’を楽しみに作る期待感をプレゼントした。





#. また見たい高クォリティー映像美、演出陣に対する異例的な嵐関心

‘推理の女王’はぴりっとした推理ジャンルのリアリティーをよく生かした映像美で大変賞賛された。

酒に酔った被害者がふらつく実感できるカメラ ウォーキングから恐怖と不安感を漸層的に積んでいく実験的な構図は見る人々のモール入道を高めた。

これと共に感心を呼ぶ斬新なロケーションと日常的な場所を見慣れなく見せる独特の照明と感覚的な色感までまるで映画やCFを連想させる高クォリティーの名場面は所長欲求を呼びおこした。

特に緊張感あふれる推理だけでなくわずかな日常と愉快なコミックまで溶かして出す均衡感あふれる演出と絶妙の緩急調節は毎回絶賛を引き出した。

だから‘推理の女王’製作スタッフの次の行動と作品に大いなる関心と期待があふれている。






#. 日常+コミック+推理三拍子が等しくオルアー陣味私は‘推理レシピ’

‘推理の女王’はジャンル物の公式のように見なされる複雑で難解なトリックのためのトリックでなく日常の中ミステリーを興味深く解いていく親切な方式で視聴者たちを次第に推理の世界へ引き込んだ。

息を継ぐ隙間ない快速展開と躍動的なエクションシンが視線をひきつけるかと思えば、さしつさされつする味私はセリフの饗宴は耳をピンとたてるようにさせた。

アーカイブ窃盗から下着泥棒と同じ日常的な事件が麻薬と連続殺人という大きい犯罪に有機的に連結されて刺身を度重なるほど徐々にあらわれる17年前事件のパズル組閣は16部作全体をより一層興味深くさせた。

特に勧善懲悪を基本モチーフでしているが被害者にからまった極めて人間的な理由はかすかで寂しい情緒を増幅させて視聴者たちの怒りと感性を刺激した。







#. 韓国型推理ドラマの新しい可能性、シーズン制要請相次いで

このように自然に一杯になって溢れる俳優のセーミとこまかいストーリー、所蔵したい映像美まで三拍子が交わった‘推理の女王’は放映終了以後にも各自の日常で絶えずまた他の事件に向き合っている登場人物の次の話に対する想像力を刺激して相変らずときめくようにさせている。

生活密着型チュリクィンソル・オクと熱血刑事ワンスンそして私たちと特に違うことがない町内のアマチュア探偵が力を合わせて事件を解決していく明朗で愉快な活躍は視聴者に相変らず長い余韻とときめきを残すものと見られる。

一方‘推理の女王’が離れた席には来る31日からは‘7日の王妃’が後続放送される。




そうかーーーーーーー


>‘ワンソル’=‘完全ときめく’

そういう意味になるんだね

ますますいい~~~~~






綺麗な映像も多かったよね^^



>酒に酔った被害者がふらつく実感できるカメラ ウォーキング・・・

うんうん リアルだったよ・・・




主演助演関係なく皆さんが活躍できる場がちゃんとあって~しかも微笑ましいシーンが多くて良かったよ~


もう一度見てみたい~~


そう思える作品だと思うんだけど・・・


まだ内容がしっかり把握できてないので。。現時点では断言できないのが残念



早く字幕見なきゃだ(^-^;



『クォン・サンウ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クォン・サンウ['推理の女王'... | トップ | クォン・サンウ【推理の女王... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。