Dream of Sangwoo

♫드림오브상우♫
クォン・サンウ-ssiに癒されて‥
Kwon Sang Woo Fighting!!

【俳優の魅力がたっぷり感じられる素敵な映画】~クォン・サンウ『マルチュク青春通り』‘このように美しい映画で彼は本当に輝いている。’

2017-07-11 15:58:10 | 200401  말죽거리 잔혹사 (マルチュク青春通り)




Soraと娘を送り帰ってきました~


別れの後はしばし脱力感。。。。


また月末には来るんだけどね








さて、昨日こんな記事が出てたね^^




サンウはヒョンスーーーーーーー



で。。ここにデマンの奥さんヨンヒさんもーーーーー



こういう役も。。。。。






 [共感新聞]俳優の魅力がたっぷり感じられる素敵な映画


2017.07.10。20:0923






[共感新聞]映画は監督の芸術とのである。さてここでは、おそらく監督が期待していたよりもはるかに魅力的に演じ出した俳優たちがいる。

もちろん、観客の脳裏の中に印象に残っても、もちろんある。自分の人生煙、あるいは風変わりな姿を見ることができる作品だ。




■<マザー>(2009)、キム・ヘジャ

「国民母」であったキム・ヘジャはどこに行った。私たちが考えていたマザーはなく、新しいマザーがあった。






ポン・ジュノ監督の2009年作品であった<マザー>のキム・ヘジャは衝撃的な演技を見せてくれる。

彼女はすごい演技派俳優であることは、私たちは皆知っていた。

しかし、彼女は若い頃に韓国映画がする話が変化しておらず、中年女優が今になって取ることができるキャラクターは、限定的なものだ。



彼女は<マザー>を介して中年女優の活動領域を一回高めた感じだ。

私たちは、彼女たちにはまだ見もの無尽蔵に残っているという事実。

彼女の演技は素晴らしいし、衝撃的だった。






■<ハイヒール>(2013)、チャ・スンウォン

最近俳優キム・スヒョンが「ジャルビン」(ハンサムアイスホッケー)で数多くの大衆の愛を受けている。

以前に、私たちもハンサムギロックジ長くフレンドリー」兄」があったから....彼はすぐにモデル出身俳優チャ・スンウォン!





三試三食など身近な魅力を現した彼のフィルモグラフィーの人々が覚えているのは、<先生ギムボンヅ>などがある。そんな彼<ハイヒール>で、本当に複雑なキャラクターを演じる。

明らかなのはチャ・スンウォンが、この役割をしたため、さらに魅力的に見えたのだ。





彼にそのような目つきがあることも、この映画をボゴソヤ分かった。

より多様な作品で見たい俳優だ。

この映画を見ると、そのように感じるだろう。





■<マルチュク青春通り>(2004)、クォン・サンウ

ナイスバディ俳優クォン・サンウは事実メロに強い俳優だ。

<天国の階段>というドラマで一躍スターダムに上がった。




彼の映画のフィルモグラフィーでは、実際に<同い年の家庭教師>、<恋するsinpu>、<探偵>のような多少カジュアル話の作品が目立つ。

しかし、彼は着実にメロー演技をしてきた。

その映画の中で最高のは、まさに<マルチュク青春通り」がだろうか。

この映画の中で最も魅力がよく露出さは断然クォン・サンウである。



彼は筋肉を隠し制服を着て初恋の痛恨の感情を細かく演技した。

極中盤には、それらの筋肉を映画に控えめなように、適切に使用する。

このように美しい映画で彼は本当に輝いている。





■<誠実な国のアリス>(2014)、イ・ジョンヒョン

<と>、<変え>などで、90年代の歌謡界でテクノ女戦士ではなく、女王として君臨していたイ・ジョンヒョン。

事実、彼女は最初から俳優であった。そして煙を大幅上手俳優である。




今月末に公開する<軍艦も>(2017)が期待される理由の一つは、まさに「俳優イ・ジョンヒョン」のためでもある。

彼女は実際には以前にも多様性が引き立つ映画に出演してきた。

彼女の才能と演技力はそのような多様なキャラクターを消化ことあまりにも十分ではないか。



韓国版「嫌われ松子の一生」のような映画は、イ・ジョンヒョンの少女で、おばさんのようで、純粋な、不屈で、残酷な魅力を精一杯示す。





■<いかさま師>(2006)、ペク・ユンシク・チョ・スンウ

ああ、この映画の中で誰かを挙げることができますか?すべての俳優が魅力があふれチョトオトか。

その中でも断然目に引き立つ学ぶペク・ユンシクとチョ・スンウであった。




ペク・ユンシクという俳優が長い時間演技をして大衆に姿に披露した役割のは、おそらく<いかさま師>で平鏡長が最も印象深く魅力的でなかったのか?

まだ人々は<いかさま師>のインスピレーションに濡れその代謝を一つ一つ覚えてだ。

チョ・スンウはなぜかって?

以前に俳優チョ・スンウが披露したキャラクターは、少年的であった。

しかし、この作品で演技した白鳥を通じ、当時のすべての大韓民国の女性の理想俳優として登板する。

本当に「汚れているセクシー」した。



さらにその巨大な演技をしたとき、彼の年齢がわずか27歳だったという事実は、まだ驚くべき!







■<ビー・デビル>(2010)、ソ・ヨンヒ

ドラマを通じてイプジャンた主人公の友人、程度照らしれたソ・ヨンヒ。

彼女がそう爆発力あり、恐ろしい俳優だったか知らなかった。

知らなかったのが申し訳ないほどだ。




彼女は本当に演技をしたい俳優だった。

この作品を通じて大衆にそのような自分の立場をすべて見せてくれたわけだ。




ソ・ヨンヒはここ本当に自分自身をもかけて演技した感じだ。

映画も映画が、彼女の演技に口がふさがらないほどだ。

「上手」を超え、本当に「ハードんだな」、それ肌の方や触れて尊敬スロプギカジである。






■<復讐者に憐れみ>(2002年)、ペ・ドゥナ

華やかなモデル出身ペ・ドゥナ?彼女の前のフィルモグラフィーは最初から強烈た。

彼女は現在30代女優ではなく、大韓民国女優の独歩的な道を歩くのは、もしかしたら当然のことかもしれない。

彼女はされる性緑の木々であった。





パク・チャヌク監督の2002年作品「復讐は私のこと>で、彼女はソン・ガンホ、シン・ハギュンととても強い演技を披露する。

当時、どんな女優でも簡単に挑戦できないほどの役割だった。




特有の神秘ではなく、中性的な魅力を精一杯表わし映画に溶け込んだ彼女。

すごい爆発力はないが、特有の何気ないような演技スタイルをここから構築やり遂げたような感じである。

パク・チャヌク監督の女優を見る目は以前から優れたなと思う。




この他にも多くの俳優たちが、さまざまな役割を消化して、観客たちの愛を受けた。

上記の作品は、映画自体も素晴らしいが、その俳優の魅力を追ってながら見るのがさらに楽しいことをあらかじめ明らかにしておきたい。

大衆の愛を食べて生きる俳優たちに、自分に似合う服を着ることがいかに恍惚か?

また、自分だけ着ることができる服がプレゼント場合!

その映画は、ランニングタイム中、彼らに栄光の記録許容だろう。






ヨンヒさん。。。。。



こういう役もされてたんだ。。。



すごい



書いてる方も絶賛してるよね・・



2010年・・・・探偵の前なんだね(^-^;



『探偵』夫婦のサンウとヨンヒさん二人が選ばれてて ちょっと嬉しい~~~~
『クォン・サンウ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日7/12再放送だよ🙋 クォン... | トップ | 今日の撮影①~🎬 クォン・サ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

200401  말죽거리 잔혹사 (マルチュク青春通り)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。