Dream of Sangwoo

♫드림오브상우♫
クォン・サンウ-ssiに癒されて‥
Kwon Sang Woo Fighting!!

クォン・サンウ チョン・ジュナ『四十春期』見ても40代は離れることはできない

2017-02-13 13:50:18 | 20170128 MBC사십춘기 (四十春期)





こんな記事も出てたよ・・



 [イシュー&パッと] '四十春期'見ても40台は離れることはできない

17.02.13.11:20 ティブイデイルリ



一時社会的にキドルトゥジョクが照明を受けた時期がある。

時にはキドルトゥ族が成人になっても自らおとなであることを認めないピーターパン症候群で誤解を受けることもした。

だが、これらは市場経済の新しい大きい損失で登場してもうキドルトゥ族に対する認識が変わることになった。

だが、これも30台まで可能な話だ。

40台だけ移ってもこのような個人の好みよりは家族のための犠牲に焦点が合わされる。

家長としての重さ、あるいは社会的な位置を守るための必死の努力により童心は単なる腹がいっぱいである声に過ぎない。

しかしMBC芸能番組‘家出宣言-四十春期’(以下‘四十春期’)は40台でもふらっと出かけたくて時には相変らず汚れがつかなかった童心を大事に保管していることを見せた。

‘四十春期’は40台になった芸能界親しいが家長としての重さを下ろして二番目青春を楽しむ青春ロマン リアリティープログラムだ。

クォン・サンウとチョン・ジュナは初日から旅行地を定めることができないが済州島(チェジュド)に行って夜遅くウラジオストックに出発をした。

‘はやくはやく’を叫ぶクォン・サンウと遅さの美学が何なのかを見せるチョン・ジュナは違ってもとても違った。

総てのこと挑戦をしようとするクォン・サンウと安全第一が最高であるチョン・ジュナは毎度あたった。

それでも二人が共通で見せた姿は幼い子供のような姿だ。

雪原にごろごろして時には世間知らず子供たちでもするそうないたずらをする姿は誰もこれらが40台という事実を忘れるようにさせる。

雪ゾリを乗っても数十番を乗ったクォン・サンウはウラジオストックでも誰より楽しく雪ゾリを乗った。

石クチバシにかかってお尻が痛くてもつぶれた雪ゾリを乗って注目を滑って降りてくれば歓呼をした。



これらが分別がない両親なのでそうしたのではない。

旅行をしながら二人は時には真剣に職業に対する悩み、家庭の家長として感じる負担を語った。

チョン・ジュナは40台になると自ずから保身を図ることになるという程守らなければならない家族に対する負担を表わすこともした。

このような姿を通じてからだが離れているが相変らず心だけは家族に向かっていることを見せた。

最近‘パパ’という位置に多くのことを要求している。

KBS2芸能番組‘スーパーマンが帰ってきた’というパパの育児を、KBS2芸能番組‘生活する男たち’は育児を越えて暮らしの上手な家長になれと差し出している。

間違った話でない。

過去の家父長的価値観から抜け出して男女が平等に育児と暮らしをしなければならないということが明らかだ。

しかしここで重要な点はこのような‘スーパーマンが帰ってきた’ ‘生活する男たち’は一般的なパパでない芸能人パパという点だ。

そのために彼らに与えられた時間と経済力の差がなければならない。

それでも育児に参加しないパパを‘育児に無関心なパパ’で売り渡した。

その一方で‘スーパーマンが帰ってきた’と‘生活する男たち’が放送された後パパに育児と暮らしに参加しろと話をしながらも本来‘四十春期’放送以後‘苦労したパパで、気楽に離れろ’という話を誰もしない。

ただ‘四十春期’は‘無限挑戦’の空席を‘四十春期’が十分に満たせなかったという批判を受けることもした。

だが、11才子供と今まさに生まれて3週になった幼児が同じであるはずがないことにもすべての焦点がここに合わされているだけだ。

男女の組に分けようということでない。

つらいことと家長の重さを耐えられる40台を少しだけ理解しようということだ。

‘育児と暮らしを一緒にしよう’したとすれば一回ぐらい家長の重さを脱いで‘童心に戻ってみなさい’で息をする隙間を与えようということが結局‘四十春期’の真の意味ではないだろうか。





家長としても 職場における立場にしても大変な40代・・・・



たまには日々の生活から少し離れてすべてを忘れて童心に戻ってみると見えてないものが見えてくるよ・・・・ってことかな(^^;



普通のサラリーマンには 時間的になかなか難しいことだと思うけど・・



『クォン・サンウ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相手役にはクォン・サンウが... | トップ | 【クォン・サンウ Family】... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。