ドリームピックのウクレレ日記

モアナ・ワイルドジャイブスなる
ジャンクウクレレバンドの「お腹の大きなオヤジさま」
dreampicのウクレレ日記。

M橋編集長古希祝いで福島旅行

2016年10月16日 09時56分06秒 | ヨット系飲み会
10月14日(金)
この日の朝は、車で常盤の阿部脳神経外科に。実は1日に行った時、1日と8日は学会で休み、との張り紙が
貼ってあったので、2週間薬が切れての通院です。
この日はYachtingのM橋編集長の古希祝いで東北への旅行があり、その前に是非とも薬を手に入れておきたかった。
9時の開院前から入って順番を待つ、早めに診てもらえて、9時過ぎには完了。
車で家に戻り、ウクレレ、着替えなど持って東京駅へ向けて出立しました。

11時前に東京駅の古典的待ち合わせ場所である“銀の鈴”広場で、TO会長、ダイゴローさんに連絡を
すると、ダイゴローさんは既に到着とのことで見渡すとベンチに座っておりました。TO会長の携帯を
呼んでも返事がないので、致し方なく二人で先に買い出しをすることに。いつもの、駅地下商店街でちょっと
しゃれたおつまみと酒。それにいなりずし。レジに並んでいるときにTO会長登場。3人で新幹線のホームへ。



ホームで待つと、主役のM橋編集長、トミー、MT氏と東京駅集合組が全員集合し、いつものように
わいわいがやがやと船の事、海の事、社会のこと、病気のこと、この前の飲み会のことなど…始終会っているのに
何でこうも話題が尽きないのかと思うくらい。東北新幹線の2号車自由席で6人で8人分を占拠し早速しホームで
既に呑み始めていた続きとはいえ、これにて正式に開宴です。6人掛けに4人、TO会長、MT氏、M橋編集長
トミー。4人掛けにダイゴローさんと私の若手(?)2人。
途中大宮駅からアニイが乗り込んできたら、絶対ダイゴローたちの方へ座るぞ、と6人掛けの皆が口ぐちにのたまう。
そんな予想をされているとは知らないアニイが大宮駅で、予測通り黙って、私とダイゴローさんの座る4人掛けへ。




みんないい気分になって、福島駅に到着し駅前まで迎えに来てくれたK地さんとヤヘイさんの車に分乗して
一路飯坂温泉へ。実はその前に駅前の蕎麦屋に寄るが、残念昼時間が過ぎており休憩に入っていた。
旅館は“摺上亭大鳥”我らは“ライディーン様御一行”9名。
定番の表現をすれば、旅装を解くやいなや早速温泉へ直行する面々。そのあとは、宴会場で宴会でございます。
ダイゴローさんと私はウクレレと譜面台と楽譜持参ですので、もちろんご披露させて頂きましたが写真は私の
スマホには残っていませんので、後日頂いたらアップします。
そして、ここで呑んで部屋に戻って今度は部屋で宴会開始…とこの辺りから記憶が無いので割愛。
MT氏が私が寝落ちしている様子を写真に撮っていたのを、自分のブログに載せると言ってました。




10月15日(土)
翌朝、いつもよりぐっすりと寝て起床。早めに寝ていたのが良かったのでしょう、全然二日酔いでもなく
寝不足でもない、快調な朝です。朝食を食べ、朝酒を呑み、みなさん歳を重ねている割に元気です。
出発までゲーム(良い子は仲良くしてね!)をしたり、もう一度温泉につかりに行ったりしてから清算です。

そして、家の用事があるということでひとり帰るトミーを見送って、一同は吾妻小富士へ向けて出発です。
途中標高が上がってくると、道路の左右には紅葉し始めの斜面の木々が美しい。窓を開けてスマホでカシャカシャ。
やがて木が生えていない山肌むき出しの山頂に近付く。山肌むき出しなのは、標高が高いからではなく、火山性
ガスが噴き出しているからで、白い噴煙を上げている一切経山の姿を見るまでもなく、蔓延する硫黄臭でここが火山で
ある事が分かる。
ダイゴローさんとK地さん、ヤヘイさんの3人は吾妻小富士の山頂まで登って火口をグルッと回ってくると、すたすた
上って行く。残りの我々は、レストハウスでこんにゃく玉を食べたり、お土産を買ったりして待ちます。

こんなときに噴火が始まったらえらいです。そんな心配をしてたら火山になんて来ないのでしょう。でも何もなくて
良かった。全員集合して、下山。温泉地帯を過ぎて、福島駅前へ。昨日空いてなかった蕎麦屋さんに入り
日本酒ぬる燗を1升呑んで、ミニソースかつ丼&せいろ蕎麦セットを。満腹。
帰りの新幹線は6人掛けを確保出来て、そこでダイゴローさんと私は、ワンカップをちびちびやりながら帰って
きました。

全てが予定どおりに済み、快晴無風という良い天気にも恵まれ、全員が無事に戻れたことに感謝します。✝






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TVドラマ「傷だらけの天使... | トップ | 義母納骨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。