私たちからあなたへ伝えたい事

各分野のプロたちが贈る人生を好転させる魔法のノウハウ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

空のピーチとバニラの相性は? ANA子会社戦略に注目

2017-03-13 08:39:39 | 日記

-----------------------------------------------------------------
最新の在宅ビジネス情報!
成功ランキング堂々1位


-----------------------------------------------------------------




 ANAホールディングス(HD)は、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションを2017年4月に子会社化する。安い運賃を武器としたLCCは今後も市場拡大が見込まれ、ANA・HDはピーチの成長を取り込みたい狙いとされる。だがピーチはこれまでユニークな経営が競争力の源泉とされており、子会社化により独自性が維持できるかが課題となりそうだ。


 ピーチは2011年、ANA・HDと官民ファンドの産業革新機構、香港系ファンドのファーストイースタンが共同出資して設立した。ANA・HDは今回、他2社から保有株式の一部を計約300億円で買い取り、持ち分比率(議決権ベース)を現在の38.67%から67%に引き上げる。


■「ピーチの成長を取り込んでいきたい」


 ピーチは関西国際空港を拠点に、現在、国内外27路線で就航する。累計旅客数は1700万人に上り、「国内LCCでは最も成功した企業」(航空業界を知る関係者)と呼ばれるほどだ。その力の源泉はユニークな経営だと言われている。元々ピーチは、ANAの社内ベンチャーから始まり、周囲から縛られたくないという姿勢が強いとされてきた。そんなピーチのポイントの一つが、関空に地盤を置いたことだ。24時間利用が可能なうえ、専用ターミナルも活用でき、コストを低く押さえることに成功。地域に密着した姿勢は地元経済界から好感され、利用増につながっているとされる。


 また桃色という斬新な機体カラーは女性客をはじめ、桃を縁起物ととらえる台湾人らの心もつかんだ。機内食では大阪名物の「たこ焼き」を提供するなど、話題性も常に豊富だ。競争激化でLCC各社が苦戦する中でも、2016年3月期の最終利益は過去最高を更新し、「ピーチの独り勝ち」とも言われている。


 LCCのシェアは欧米では3~4割とされるが、日本ではまだ10%程度。訪日外国人が急増する中、国内線の乗り継ぎを含め、今後の市場拡大が確実視される。ANA・HDの片野坂真哉社長は記者会見で、「ピーチの成長を取り込んでいきたい」と語ったように、子会社化で自身の成長につなげたいと狙っても当然といえる。








1/2ページ








引用:空のピーチとバニラの相性は? ANA子会社戦略に注目



-----------------------------------------------------------------
スポーツにリアルマネーをベットして熱く観戦

-----------------------------------------------------------------


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤマトを追いつめたアマゾン... | トップ | 「初カーナビ」の日本メーカ... »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL