goo

ザ・ウインザーホテル洞爺


今日はお弁当作りもないOFF・・・ゆっくり寝ようと思ってたら、

早朝、頭痛で目が覚めました。久々。
昔から、典型的な週末型片頭痛なのです。
そんな時は昔なら起き抜けすぐに薬を服用していたけど、
最近は胃の負担を考えて何か食べるまで我慢ガマン。

昔のように耐えられないほど痛むことはないので、それもできるんだけど。
そう。片頭痛は年齢とともに軽くなるものらしい。
歳をとって良いこともあるんだな。
とは言え、一度始まるとしつこい痛み。

朝から3回鎮痛剤飲んで、スッキリしたところで・・・


《ザ・ウインザーホテル洞爺 ディナー編》

春休みの北海道旅行で、一番楽しみにしていたのがこのディナー。
優雅な空間でラグジュアリーなディナー。
至福のひとときの回想・・・。



前菜
菜の花ソースに飾る北海道の天然旬魚と水蛸、季節の彩野菜
伊達産鶏と“とよまさり”豆乳入り大地の香る牛蒡のスープ
洞爺の海より作られる“淡雪塩”とオリーブのディップソース

美しいねぇ。
グラスに入ったスープは冷製かと思ったら、
ちゃんと温かかった。



魚料理
苫小牧より届く天然カジカのフリット
トマトのレリッシュ、蜂蜜・バルサミコ・オレンジ風味のソース
ビーツのピュレと蘭越産ななつぼし米のリゾット



肉料理
甘い玉葱に包まれた柔らかい真狩村ハーブ豚のシャリアピン風
ロース肉5時間オーブン焼きと黒胡椒風味月浦ワイン香る仔牛のジュ
彩り野菜と原木椎茸、カペリーニパスタのクロッカン飾り


デザート
ヴァローナショコラのフランとキャラメルソース
キルシュ風味のジュレとグリオットチェリーのコンポート
アロマハーブ“タラゴン”の香る爽やかな北海道のミルクソルベ


ブーランジェリー“ウインザー”北海道産小麦の自家製パン

・・・・

どれも夢のようにおいしかったです。
食べ放題のビュッフェもいいけど、
前菜からデザートまで、計算されて供されるコース料理の方が満足度が高い、と感じたお料理の数々。
素材にこだわって丁寧に料理すると、こんな風になるんだなぁ。


5時間オーブン焼きのお肉のやわらかさと凝縮された旨味はすごかった。
デザートは見た目ヘビーだけど、そんなことはなく、
コースの終わりにふさわしく、
さっぱりと甘さ控えめでキルシュのジュレとチェリーの酸味が絶妙。
さすが、ウインザーホテル・・・
これはもう、芸術作品ですな。

好き嫌いの多いお姉さん、心配したけど完食&絶賛。
特にビーツのリゾットがおいしかったらしい。どんぶり一杯食べたいって(笑)
チビにはちょっと量が多かったみたい。
部屋に帰って倒れてました。
「コース料理はもういいや~~、苦しい!」と。
チビもあと2年くらいしたら、堪能できる、かな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 今週のお弁当 今週のお弁当 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。