かじえいせい(Tabist))の「旅が人生の大切なことを教えてくれた」 

夢はでっかく!オレの行くとこ世界晴れ

世界を旅する「タビストかじえいせい」が人生について語るブログエッセー

ボクは死にます

2017年07月01日 | 100の力
死を覚悟して毎日を生きている。

つまり、必死だ。
(必死でボーッとしていることが多いが)

死ぬことが分かっていたら、

何をするだろうか。


今できること、

今やりたいことをするだろう。


先の計画というものは無くなる。

今ここに集中して生きる。


もう十分生きた。

いつ死んでも思い残すことはない。


やりたいことは尽きない。

たとえ、何百年生きても。


お金も使い果たす。


では、

もっと生きてお金が足りなくなったらどうしよう、と思う。


その時はその時。

ホームレスでも何でもなってやる、という覚悟だ。


ホームレスの生き方も、

考え方によっては楽しいだろう。


ボクは楽しめる。

アウトドア、

その日暮らし、

今とあまり変わらない生活がある。

むしろ守るものが何もなくなる分だけ

気が楽になるだろう。


旅も、

これが最後かもしれないといつも思って出かける。


次回は、

片道切符にした。

帰りがいつになるかわからない旅。


そして、

敢えて、ビジネスクラス、ファーストクラスに乗ってみる。

ちょっとした贅沢を味わってみたくなった。



もし生きて帰ってきて

すっからかんだったら?


背水の陣を敷く。

生き延びたら、

その経験が新たな生きる力を創造する。


旅に出る前の自分と、

帰ってからの自分は

格段に違う。

成長を遂げた自分がそこに入る。


行く前の自分が想像して

お金が無くなったらどうしようと考えることじたい

ナンセンスだ。


だって、

帰ってくることができるなら

それは行く前の自分とはあきらかに違うのだから。


     裏の渓谷で瞑想する筆者



ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月30日(金)のつぶやき | TOP | 7月1日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL