かじえいせい(Tabist))の「旅が人生の大切なことを教えてくれた」 

夢はでっかく!オレの行くとこ世界晴れ

世界を旅する「タビストかじえいせい」が人生について語るブログエッセー

瞑想とひらめきの関係

2017年05月06日 | 100の力
ボクは閃き(ひらめき)を非常に大切にしている。

直感とか、インスピレーションといってもいいかも。




閃きに従って生きているといってもいい。

なぜなら、それが自然だからだ。

そして、それはなにより天からの贈り物(お告げ)だから。

天からの恩恵でありご褒美といってもいいかもしれない。


瞑想を続けていると、創造的なインスピレーションがたくさん湧いてくる。

それはまるで枯れることない湧き水のように。


しかも、

考え方や感じ方も、とても前向きで建設的になっていく。


むしろ、考えに考えた思考よりも

超意識から来る直感(インスピレーション)の方が、大局的には正しい判断ができる場合が多い。

考えることも大事だが、

最終的には直感に従うほうがうまくいくのだ。


ボクの場合、

旅がそうなら、

生き方、人生そのものが閃きによる直感主義で、

まったく行き当たりバッタリと言える。


またそのほうが断然面白いし、

むしろ理に適っている。


はっと何かに気づいたら(何かを感じたら)、すぐに実践する(行動に移す)。


直感やインスピレーションには、

天からのメッセージが含まれている。

だから、

直感やインスピレーションを受け取ったら、

そのとおりにすぐに行動してみる。


直感やインスピレーションは、

霊魂の成長に必要なことは何であるかを正確に教えてくれる。


ではその閃きはどこからもたらせるのか。

それは、「瞑想」によってである。


瞑想を続けると、

言うまでもなく感性が研ぎ澄まされる。

つまり、感受性が強くなる。

感じやすくなる。


最初はいろんな考え、アイデア、雑念が浮かんでくるが、

その中で、これだ!と思えるものに出くわす。

それが閃きである。


迷ったらひらめき(勘)に頼れ。

もし仮に間違ったとしても、

最終的につじつまが合うように必ずなる。


たとえ失敗したとしても、

その失敗が良い意味を持つようになる。

後々、あの時直感に従って良かったと必ず思えるようになる。


それは何故か。

瞑想をすると、

右脳が活性化してくるからである。

(これは科学的に証明されている)


瞑想により、

意識が覚醒し、観察者が目覚めてくると、

さまざまな次元の記憶や情報とつながることができるようになり、

より多くの次元の情報が飛び込んでくるようになる。


だから瞑想が進んで無の境地を達成した人たちは、

考えて行動するのではなく、直感(インスピレーション)に従って行動するのだ。


無の境地に達した場合は、

超意識が物事を判断するようになるので、

自然と直感(インスピレーション)にしたがって生活するようになる。

そして不思議な事に、

直感(インスピレーション)だけに従ったほうが生活はうまくいくのだ。


逆に、考えに考えた事の方が、実際には違う方向にずれていることが多い。

つまり、

直感や閃き、インスピレーションといったものは

天からの贈り物であるからして、

それにに従って行動するのがもっとも天にかなった行動といえるのだ。


直感や閃きを大事にすることで、

その時に最も重要なことを自然と選択して実行できたり、

上手くいく結果に導いてくれたりする。



逃げるな、受け入れなさい。


愛する人との別れはつらいけど、

その結果、

もっと良い人に巡り合えることになる。


往々にして良い結果には痛みを伴う。

その痛みを甘んじて受け入れ、耐えて乗り越えればれば自ずと良い結果に導かれる。

逆に、忌み嫌い、避けようとすれば良い結果は得られない。

もちろん人の道に悖るような行為は論外である。


面白いことに、

直感に従って生活していると、

必要な時に、出会うべき人物と出会うことができるし、

必要な情報を必要な時に見つけることができるようになる。


「人間は一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。

しかも一瞬も早過ぎず一瞬も遅過ぎないときに。

しかし、うちに求める心なくば、

眼前にその人ありと言えど縁は生じず」

という名言がある。


つまり直感で「その人だ」と閃かないといけない。

すなわち、それが運命の人なのだ。


極端に言えば、出会う人が全て運命の人といえる。

どういう運命かということは、

どういう意味付けをするかに係る。、


偶然だろうが何だろうが、

その時に出会った人には、

その時に出会った理由がある。


いや、それは偶然ではなく(そう思えても)、

「すべては必然」と言えることなのだ。


つまり、起り得るべくして起こる。

しかも一瞬も遅からず、早からず。

実にタイムリーである。


人との出逢い、またものごととの出会いも全て必然であり、すべて最善なのだ。

一番いいタイミングで一番いい人に出会える。

そして、良いことがドンドン起こってゆく。


また、役に立たないと思う人も今の自分に必要なるがゆえ

目の前に現れる。


さらに、わが身に降りかかってくる一切の出来事は

自分にとっては絶対必然であるとともに

また実に絶対最善である。


プラスのことでもマイナスのことでも

一切のことはすべて必然、すべて最善なのだ。


それを全て素直に受け入れることが大切である。


世の中はすべて公平にできている。


「わが身にふりかかることはすべて天意なり」


多くの出会いと別れの中で、

一人一人どういう意味があったのか、

考えてみるとよい。


悪い人もいただろう、

憎しみ合う場合もあるだろう、

出会わなければよかった思う人もいるかもしれない。


だが、それはすべて良い意味付けがなされるべきなのだ。


悪い人には絶対に会わない。

意味のない人には絶対に出会わない。


要は意味付けの問題だ。

幸せと思えばどんな状態でも幸せになれるように。


愚痴を言ってはいけない。

文句を言ってもいけない。

悪口を言ってもいけない。

憎んでもいけない。

嫉妬してもいけない。


ただひたすら感謝すればいい。

そうすれば、必ず良いように転ぶ。


それが「人生好転」の極意である。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月5日(金)のつぶやき | TOP | 5月6日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。