かじえいせい(Tabist))の「旅が人生の大切なことを教えてくれた」 

タビスト(Tabist)かじえいせいが世界の旅を通じて、人生の楽しみ方、生き様を赤裸々に綴る言霊エッセー

右脳時代

2017年05月16日 | 100の力
日本の教育は主に左脳教育が行われてきた。

今そのやり方が行き詰まりを見せている。


一般に、

左脳は、思考や論理を司る人間的な脳であり、

右脳は、五感を司る動物的な脳と言われている。


つまり、

左脳は文字や言葉などを認識し、

右脳は視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚などの五感を認識する。


結果、

人の知能、知性を計るのにIQ(Intelligence Quotient) が重んじられてきた。

そして、昨今、いわゆるこころの知能指数と言われるEQ(Emotional Quotient) を重視する傾向にある。


     ロープにぶら下がって遊ぶ筆者


もちろん、どちらかに偏らず

全脳教育が望ましいことは論を待たないでしょう。


左脳4:右脳6くらいが望ましいかと。

ここではどちらが良いとかいうことではなく、

どうすれば右脳を鍛えられるかについて述べます。


いろいろ方法はあるが、

ボクが主に実践していることは二つ。


① 左利きに換えたこと。

特にお箸を使うのは、完全に左にしている。


② 瞑想すること。

瞑想により自然に右脳が開発されていく。
(詳しくはまたの機会に)


右脳を開発することにより、

閃きやアイデアが出やすくなることは言うまでもないことです。


     ロープ遊びも右脳開発?


お試しください。


また、何故いまさら右脳かというと、

現代そしてこれからの世の中の動きと密接に関係しているからなのです。

そのことについても折に触れ述べていきます。


勘の鋭い方(右脳人間)はもうお分かりかと思いますが。





ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月15日(月)のつぶやき | TOP | 5月16日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL