かじえいせい(Tabist))の「旅が人生の大切なことを教えてくれた」 

夢はでっかく!オレの行くとこ世界晴れ

世界を旅する「タビストかじえいせい」が人生について語るブログエッセー

砂漠でキャンプ

2017年06月15日 | 100の力
ラクダで1時間ほど歩いたところにそのキャンプ地はあった。

人間の歩く速度とほぼ同じなので、

4キロほどであろうか。


そこで一泊するる。

一様テントはあるが、

蒸し暑いので外に毛布ろ枕を持ちだし、

砂漠の砂の上に野宿スタイルで寝た。


砂はざらざらではなく、まるでパウダーにように柔らかくさらっとしていて

寝心地はすこぶるよい。




まさに降ってくるうな満天の星空のを見上げながらこうして寝るのは最高に心地いい。


そして月が上りだすと、満月に近いせいもあって、

周囲は街灯がついてるように明るくなった。


実は夕食もここで提供され、

ろうそくの灯りでタジンをいただいた。




ここにビールかワインがあれば最高なんだけど。

もちろん、電気も水もないところで、

しかも、ラマダン中とあっては期待のしようもない。


だが最大のおもてなしは、

ボンゴの演奏だった。




砂漠に響き渡るドラムの音は

旅人たちの疲れを癒すに十分だったかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サハラツアー | TOP | 6月15日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。