かじえいせい(Tabist))の「旅が人生の大切なことを教えてくれた」 

タビスト(Tabist)かじえいせいが世界の旅を通じて、人生の楽しみ方、生き様を赤裸々に綴る言霊エッセー

海外逃亡

2017年04月27日 | 100の力
北朝鮮がどうのこうのいう前から

海外逃亡先を押さえておくことを推奨していた。


最悪のシナリオは、

核ミサイルで攻撃され、

原発に数か所着弾しただけで、

もう日本には住むところがなくなるだろう。


あるいは、韓国の原発が狙われただけでも、

九州はおろか、西日本はどこも住めなくなる。


もちろん、放射能汚染を気にしなければ、

白血病で死んでいくことを覚悟すれば居続けることはできるだろうが。


だが、日本に留まっても

経済活動はパニックになり、

物資不足、物価高騰で生活自体ができなくなる可能性は十分にある。


とりあえず、食料を確保し、

シェルターなどで生き延びた後、

身の置き場所、その後の生活を確保しなければならない。


     ボクの家のシェルター(地下室)


ただ、インフラもやられるだろうから、

交通も遮断され、ガソリンも水も確保が困難となることが予想される。


飛行機も緊急以外は飛ばなくなるだろうし、

ことが起きてからの脱出は困難を極めるだろう。

日本人がボートピープル化することは大いに考えられることだ。


どさくさまぎれに、

尖閣だけでなく沖縄にも中国軍が入り込み、

最も近い海外は台湾だけになる。


無難なところ東南アジアに疎開場所を確保しておくことは賢明な選択だと思う。

それも数か所。


だが、

要人であったり、技術者であったり、

あるいはお金を持っていない取り柄のない日本人は

端から受け入れてもらえないだろう。


日本の銀行にいくら預金があっても何の役にも立たない。

日本円だって無価値になる。


仮想通貨だってまだ途上であり、

そういう事態になればどこまで価値があるのかわからない。


金(ゴールド)かドルで所有するしかないだろう。

そのため、海外(とりわけアジア)では子供にも金のネックレスを付けさせているほどだ。
(普段から危機意識を持っている)


日本人は、有事の時の備えに無頓着すぎる。

いわゆる平和ボケがまだ続いている。


ただ、海外に逃げおおせたとしても、

そこでの暮らしが待っているわけで、

言葉、食べ物、気候などに普段から慣れていなければ

いずれ生活に不便をきたすことは必至である。


今こそ求められることは、
(以前からもそうであるが)

変化に対する「順応力」であり、

なんといっても、

どこでも生き延びていける「サバイバル力」なのである。


「最悪の事態を想定し、

最善の行動をなせ」 by Asay


かのダーウィンも言う。

「強いものが生き残るんじゃない。

賢いものが生き残るんじゃない。

変化に対応(適応)できるものだけが生き残るんだ」と。


【追記】

うちのシェルターでも一週間くらい生き延びれる備蓄が必要だろう。


      水は常時置いてある


      トイレもある



【追記2】

私見としまして。


北朝鮮が核攻撃を仕掛けることは99%ないと思う。


なぜなら、お互い相打ちとなり、

少なくとも最終的には負けることは分かっているから。


金正恩一家は生き残りを狙っているだけなので、

そのための条件闘争(脅し、駆け引き)であって、

滅亡は望んでいない。

ましてやそれだけの攻撃能力も言っているだけで実際ない。


だから安心していいとは言わないが。




Comment
この記事をはてなブックマークに追加

4月26日(水)のつぶやき

2017年04月27日 | ライフスタイル
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

自己投資

2017年04月26日 | 100の力
本気度が試されている。


ここ数か月で数十万を使った。

先を見越した自己投資である。


ケチを自負する者としては

背水の陣(out of option)を敷いたも同じである。


その分、今年後半から巻き返しを図る。

もちろん、回収して余りある還元を見込んでのこと。


俗に言う投機とは違う。

全ては自分の努力次第。


ここしばらくは勉学に勤しむ。

もちろん、心身を鍛えることは怠らない。


したがって、酒と女を断つ、

いや、極力控えることにする。
(いきなり弱気)


自分に賭けたからには、

元を取るのは当たり前、

何十倍にして回収する。


乗り越える壁は、自分自身。


まずは、

瞑想をより深く習得するための心理士の資格取得のためのお勉強。

いわゆる受験生。


大学院はあくまでも長期的展望、

心理士の資格取得は短期決戦。
(9月には取得する)


それから、

IoTの一環としてドローン購入及び、

新会社設立に向けての準備。


さらに、

「笑いヨガ」リーダーになる。
(今週末実践)

そして、「笑いヨガ」の阿蘇支部を設立する。

その他諸々挑戦。



具体的目標として、

「瞑想ティーチャー」として、

「瞑想リーダー」育成のカリキュラムを作成し、

講座を開設。


企業における社員研修を受け持つ。

学校等教育現場にも趣く、などなど。


行く行くは、「世界行脚」。



「『旅する瞑想家』世界を行く」



こうして真の「世界を旅する瞑想ヒーラー」となるための外堀を着々と埋めている段階である。

一つ一つ階段を上るように。


自分らしく生きるためには(for my own lifestyle)、

こうした長期的展望に立ち、

短期的実践を同時に併せ持ち実行する(実際行動に移す)ことが必要なのだ。




Comment
この記事をはてなブックマークに追加

4月25日(火)のつぶやき

2017年04月26日 | ライフスタイル
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

瞑想ブログ

2017年04月25日 | 100の力
昨日、skypeによる

ライフコーチからの無料体験セッションを受けました。

テーマは、「好きなことをして生きるため」

(コーチは、マドリッド在住の美しい女性です)



自分自身、「健康」と「幸せ」をもたらしてくれている

『瞑想』をより多くの人に広めたいということで相談しました。




その結果、

より多くの人にボクの活動、存在、

そしてこの場所を知ってもらうことが先決だということになりました。


そのためには、

ブログやSNSをもっと強化する必要があると。


そこで早速、

「瞑想ブログ」

つまり、

瞑想に特化したブログを開設しました。

http://ameblo.jp/dreamincountry/entry-12268777519.html


もちろんこのブログとは別にこれから書き綴っていくわけですが、

無理せず、自然体で『瞑想』というものについて書いていきたいと思います。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

4月24日(月)のつぶやき

2017年04月25日 | ライフスタイル
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

心理学に魅了されて

2017年04月24日 | 100の力
心理学が面白い。

心理学を専門的に学ぶことは、まだ緒に就いたばかりだが、

すでにその面白さ、奥の深さに魅了されている。


        決意新たに気合い(氣愛)が入る(大学にて)


昨日、早速大学の「心理・カウンセリング研究会」なるものに参加した。


どんなものかと、全く雲を掴むような気持ちだったが、

一回目して早々とその効果を実感した。


その日のテーマを設けて、それぞれが意見を述べあったり、

経験談を語ったり。


       用いられるテキスト(無料貸し出し)


7人の参加者のうち2人が経験者でファシリエーターを務め、

初参加はボクを含めて3人。


出産、子育てについてがこの日のテーマ。

4人の女性は全員出産経験を持つ。


人生の辛い経験は誰しも持つ。

そして、共通していることは人間関係の問題だ。


中でもそれは、

配偶者であったり、義父・義母であったり、

子供であったりと近親者が多いことに驚かされる。


そのうちの一人が、つらい思い出を吐露し、涙する場面も。


それはまるでアメリカ映画などに見るグループカウンセリングの光景に似ていた。


その人は、相手を憎み、自分を責めていた。

ボクは、

「許す」ことをの大切さの話をした。


相手を許し、自分を許したとき、

そのカルマはスーッと消えて心が軽くなる。


全ての悩みから解放されていく。


心理学に一層の興味が湧いた一日だった。



【追記】


受けてみようかな。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

4月23日(日)のつぶやき

2017年04月24日 | ライフスタイル
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

MAPトレーニング始動

2017年04月23日 | 100の力
メンタリストDAIGOも推奨する「MAPトレーニング」。


これは、有酸素運動と瞑想を組み合わせた「Mental and physical(MAP)」トレーニングなのです。

体は動かし、心は休めるという画期的トレーニング法。

まさにボクが目指すところ。


そんな仲間が昨夜大集結。



これからのジム開設に向けて弾みがついた。


MAPトレーニングは、

何種類もの薬に頼った薬物療法で、

長期間抗うつ薬を服用した患者の健康状態が悪化するなどの問題も指摘されるなか、

新たなうつ病の治療法として期待されている。


そのうえ、不眠症などの睡眠障害にも有効である。

是非お試しあれ。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

4月22日(土)のつぶやき

2017年04月23日 | ライフスタイル
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

子供力

2017年04月22日 | 100の力
子供心を忘れない。


ボクのことを好きになる女性は、

だいたいこう言います。


「あなたの子供っぽいところが好き」


でもね、

年月が経つと変化していくんです。


「またー、子供みたいなんだから―」



「子供みたいなこと言わないでよー」



「もう、いつまで子供みたいなこと言ってんのよー」



「いい年して子供みたいにバカなこと言わないで!」


で、

終わります。

いつもこのパターン。


アダルトチルドレンならぬ、

オールドチルドレンなのです。



       時には童心に帰って

「いつまで外で遊んでんのー?」


「うちには親子ほど年の離れた子供が二人いる」とも言われる。


女心、理解不能。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

4月21日(金)のつぶやき

2017年04月22日 | ライフスタイル
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

結婚という切り札

2017年04月21日 | 100の力
独身である。

3度目ですけど。


振られたばかりで、

彼女いない歴2週間。


結婚紹介所へ問い合わせてみた。

もちろん好奇心からである。

どんなものかと思って。


入会金まで払って申し込む気はサラサラない。

ところが、

無料でいいから登録してくださいという先方からの申し出。


今、中高年の方の結婚熱が加速しているという。

熟年離婚ならぬ、熟年結婚ブームである。

50代、60代、もちろん70代もいらっしゃると。

第二の婚期なのか、。

婚姻率が下がる中、なかなかの貢献と言えよう。

ただ、少子化の解決にはほとんど役に立たないだろうが。


結婚紹介所曰く、

「あなたみたいな男性がモテモテなのです」と。


ちなみに、どんな男性が人気があるかというと、

多趣味、行動派だそうだ。


「だけど、なかなかいないんですよね、あなたみたいな魅力ある男性が」

「きっと、登録していただけるだけでも群がりますよ、女性が」

アラフィフ女性が殺到しているらしい。

老後の寂しさを結婚という形で埋めようというのか。


引く手あまた?濡れ手に粟?入れ食い?

気持ちは良いが、身がもたない。

ましてや、結婚詐欺にもなりたくはない。



もう一つ。

海外からのオファーもある。


これは途上国の若い女性が日本に来たがっているという理由。

昔からある現象だ。

日本人との結婚が一番手っ取り早い。


いわゆる偽装結婚。

婚姻届けは高く売れる。

もちろん、違法。


こうした違法行為はご法度だが、

真摯に恋して結婚できる相手が見つかれば、

それはそれで人助けにはなる。


最後の人助けのためにジョーカーを切るのも一つの手かもしれない。


ただ現実は、

本当に愛する人と巡り合い、

結婚してもいいと思うような人が現れるのだろうか。

甚だ疑問である。


いずれにせよ、結婚できるというカードは有効に使いたい。


さて、ジョーカーを切るのはいつ?誰に?

そう思えるだけでもワクワクする。


       もう一度花を咲かせましょうか


世の中高年独身男性諸君!

誰しも可能性はある。

男子力を磨いてモテモテ老後を送りましょう。



【追記】


恋愛は盲目であり、

結婚は打算であるというが、

近頃は、恋愛もずいぶんと打算的になってきた。


だが、「老いらくの恋」も捨てたもんじゃない。


恋は健康法の一つだという認識がある。


「健康になりたかったら恋をせよ。

寿命を縮めたかったら結婚せよ」 by Asay
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

4月20日(木)のつぶやき

2017年04月21日 | ライフスタイル
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

もうしばらく時間をください

2017年04月20日 | 100の力
孤独に耐えている。

孤独には慣れているはずなのに。


急にいなくなるなんてずるいぞ。

心の準備もないままに。

いずれこうなることはうすうす分かっちゃいたけど、

あまりに唐突すぎる。


さよならも言わずに。

人には自分勝手だとさんざんこきおろしといて。

なんか後味悪い。


君が言ったんだよ。

「お嫁さんにしてくれる?」って。


ボクは、少し躊躇してから、

「いいよ」といったけど。

もしそうしていたら「バツ3」は免れなかっただろう。


消えるならさようならくらい言うもんだ。

吹っ切れないじゃないか。


男のくせに女々しい、と言われるかもしれなけれど。

男は所詮女々しいものなのだ。


あー、自分はこんなにも女々しかったのかと

あらためて思い知らされた。


逆に女は、憎たらしいほどサラッとしている。


どうしているのだろう、と思って

こっそりfbを覗いてみると、

あらら、まさかのブロック。

なぜに?

(人の道に悖る行いは知られたくないのでしょう)


男は保存しながら更新するけど、

女は上書きだものね。


こうして愚痴るのも女々しい証拠だけど、

書いて消化するしか術を知らない。


あ、

もう少ししたら、傷心の旅に出るからね。

思い出を埋めに。

そして新しい思い出を作りに。


女にもビジネスでもよく騙されるけど、

騙されたんじゃない、

信じただけなんだ。


誰かを信じなきゃ生きていけないし、

生きる価値もないんじゃない。


だがこれだけは言える。

ボクはまた一つ強くなった。

そして、さらに優しくしなやかになったかもしれない。



【追記】

こんな時は瞑想に限る。

ただひたすら座る。


          「阿蘇瞑想の森」にて

こうして心を静めるのだ。





Comment
この記事をはてなブックマークに追加