茂原学習塾・予備校塾長日記(誠心学院予備校)

塾・予備校の出来事や内容紹介。
身の回りの出来事や思ったことを
綴っています。また、様々な情報
も発信しています。

注意事項

当ブログの記事・内容・画像等全ての転載転用・商業販売を固く禁じます。

今日のねこ。(最近仲の良いねこ)

2008-11-19 14:17:28 | 動物
散歩に出たら最近仲の良い猫に会いました。

呼んだらやってきました。


日記ブログランキングに参加中です。
よろしければ下のボタンを押して下さいね。

日記@BlogRanking
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界遺産。(バクー市街)

2008-11-10 15:59:54 | 風景
この世界遺産が設定されているのは、カスピ海沿岸の都市バクー
の旧市街である。城壁内は一般にイチェリ・シェヘル(アゼルバイ
ジャン語で「内城」の意)と呼ばれている。

バクーの町は5世紀頃からあったとされるが、その存在が確認される
のは10世紀以降である。バクーは伝統的に現在のアゼルバイジャン
共和国東部にあたるシルヴァン地方の主要都市で、もともとペルシア
人のゾロアスター教徒の多い街であったが、アラブ人とともにイスラム
教が到来し、さらに現在のアゼルバイジャン人の直接の先祖となるテュ
ルク系の遊牧民が侵入した。

1538年までは、土着の王朝シルヴァン朝が首都としていたが、南のアー
ゼルバーイジャーン地方(現在のイラン領アゼルバイジャン)に興った
サファヴィー朝の支配を受け、さらに1585年にはオスマン帝国によって
征服された。まもなく17世紀にはサファヴィー朝の支配下に戻るなど、
イランとトルコの政権の間で争奪が続いたが、1806年にはカスピ海西岸
を南下してきたロシア帝国によって占領され、ロシア人主導で近代都市
が建設された。

さまざまな民族の支配を受けたことにより、バクーはアゼルバイジャン
固有の文化はもとより、アラブ、イラン、ロシアなどの影響と文化が共
存する独自の景観を持つようになった。


日記ブログランキングに参加中です。
よろしければ下のボタンを押して下さいね。

日記@BlogRanking

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のねこ。

2008-11-04 14:34:45 | 動物
最近、近所のにゃんこと仲良くなりました。

ご飯をあげると走ってくるので可愛いです。


日記ブログランキングに参加中です。
よろしければ下のボタンを押して下さいね。

日記@BlogRanking
コメント
この記事をはてなブックマークに追加