茂原学習塾・予備校塾長日記(誠心学院予備校)

塾・予備校の出来事や内容紹介。
身の回りの出来事や思ったことを
綴っています。また、様々な情報
も発信しています。

注意事項

当ブログの記事・内容・画像等全ての転載転用・商業販売を固く禁じます。

中宮寺半跏思惟像

2013-12-10 14:47:58 | 美術

東洋美術における「考える像」で有名な、思惟半跏のこの像は

飛鳥時代の彫刻の最高傑作であると同時に、わが国美術史上

あるいは東洋上代芸術を語る場合にも欠かすことの出来ない

地位を占める作品です。また国際美術史学者間では、この像の

顔の優しさを評して、数少い「古典的微笑(アルカイックスマイル)」

の典型として高く評価され、エジプトのスフィンクス、ダ・ヴィンチ作

のモナリザと並んで「世界の三つの微笑像」とも呼ばれています。

中宮寺は法隆寺の隣にあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大公の聖母

2013-12-05 12:38:23 | 美術

この絵は、三巨匠の中で最後に登場したラファエロ作『大公の聖母』です。

フィレンツェで最も有名な聖母子像です。暗闇に浮かぶ聖母子。

幼子イエスの手は、母の胸と肩に置かれ、聖母マリアはその温もりを

感じているかのような優しい母の顔をしています。聖母子の姿と

家庭的な情愛に満ちた母と子の姿、ラファエロは見事にこの二つを

両立させています。ラファエロの代表作です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真珠の首飾りの少女

2013-11-30 14:14:41 | 美術

フェルメールはバロック17世紀オランダの画家であるが

その生涯ははっきりしていない。11人の子供をかかえ

貧窮のうちに45歳で亡くなっている。

時代はカラバジョ、レンブラントなどに見られるように、

光と闇の対比によって、劇的な効果を出す絵画が主流であった。

そんな中、一人、静かな光の使い方をした画家がいた。フェルメールである。

彼の絵はすべてが、やさしい静寂に包まれている。

この絵は彼の代表作の「真珠の首飾りの少女」である。

「オランダのモナ・リザ」とも称される。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加