ま、いいか

日々の徒然を思いつくままに。

「ちいさな天使のものがたり」「鳥海山の空の上から」「妖精の森へ」

2017-08-09 22:26:54 | 

 

「ちいさな天使のものがたり」  かわかみ せいじ

  東洋館出版社   2017.7.1

 

絵  としくら えみ

 

長崎の薬店で生まれた絵本。

淡く、やさしい絵。

 

母親の悲しみと希望に寄り添う。

 

ーー大切な人を失って悲しんでいる人は多いと思います。

しかし、どんなに短い間でも、逆に授かっていた真実に気づけば、感謝しかないと思うのです。

 

 

「鳥海山の空の上から」   三輪裕子    小峰書店

  2014.11.23

 

久しぶりに三輪さんの本を読んだ。

 

小学5年生の翔太は、生まれて初めて

たった一人で、

上野から夜行寝台に乗り、

更に由利高原鉄道に乗り換えて

終点の矢島にたどり着いた。

 

そう言えば……数年前まで

この路線にも寝台特急があったなぁ。

何だか懐かしい。


待っていたのはお波さん。

優しいけど、サバサバした感じが良い。

 

鳥海山に登りたくなった。

 

 

「妖精の森へ」   村山早紀     教育画劇    2002.11.1

 

佐竹美保の挿し絵。

 

魔法少女マリリン Ⅳ 。

読むのは何度目だろう……

 

暑かったり、頭がボーッとしていて

それでも活字を読みたいときに丁度いい (笑)

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「天女湯おれん」「天女湯お... | トップ | 「孫がASDって言われたら⁉」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事