ま、いいか

日々の徒然を思いつくままに。

「団塊の後 三度目の日本」

2017-07-29 23:35:25 | 

 

「団塊の後 三度目の日本」   堺屋太一

     毎日新聞出版     2017.4.15

 

202X年「三度目の日本」に向けて

究極の選択が始まる。

 

2020年東京オリンピックの後こそ深刻!

安心・安全はあるものの

「夢ない、欲ない、やる気ない」の

「低欲社会」こそ危機!

そんな社会を活性化させるにはーー。

 

ーー戦後官僚政治の本流は国民人生の規格化、流通の無言化、東京一極集中。

それを実現するための抵抗封じに、食料の輸入規制やら、高価格を維持し、補助金やら公共事業をバラ撒いて来たーー

 

「天国・日本」の重大危機に

若き徳永総理が挑むーー。

「第一の日本、つまり『明治の日本』は先進諸国に負けぬ『強い国』を目指しました。二度目の日本、『戦後日本』は『豊かな国』を目指しました。そしてこれからはじまる『三度目の日本』は『楽しい国』にしたい」

 

道州制や、多種多彩な製品を短時間で安価に提供する第四次産業の推進など……

近未来日本の道筋は、こうあるべきと

著者の考えが、繰り広げられている。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 災害ボランティア | トップ | スパッツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事