ま、いいか

日々の徒然を思いつくままに。

「狸穴あいあい坂」「恋かたみ」「心がわり」

2017-06-14 20:22:54 | 

 

多分、再読 ……

記憶が定かでない (笑)

 

「狸穴あいあい坂」  諸田玲子    集英社    2007.8.30

 

火付け盗賊改めとして活躍した祖父・溝口幸左衛門と狸穴の口入屋の離れに暮らす結寿。


様々な事件に出合うたび、結寿は

町方の妻木道三郎に心惹かれてゆくが……

祖父は未だに、町方に敵愾心を抱いている。



「恋かたみ」    2011.7.30


「狸穴あいあい坂」の続編。


結寿と妻木は、ままならぬ思いを秘めながら

それぞれの宿命に従う。



「心がわり」   2012.12.20


「狸穴あいあい坂」3作目。


自分を追いつめてはいけない、道がひとつしかないと思ってはいけないーー。

結寿はそのことを新之助に伝えたかった。おもえばそれこそが、別れのとき、まさにこの坂で、道三郎が結寿に教え諭してくれたことだ。

ーー人は変わる、歳月は悲しみを癒してくれる。


ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオキンケイギクかぁ | トップ | じっくりと……夕陽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事