ま、いいか

日々の徒然を思いつくままに。

松代と川中島

2017-07-01 08:43:49 | 旅行

 

松代行きのバスを待つ間に

長野駅の観光案内所で聞いたのは……

 

松代の真田宝物館が燻蒸中で閉館中、

佐久間象山記念館も観られず(理由は忘れた)、

小布施の北斎館は入れ換えで、

観られないという現状!

 

だけど、行くっきゃない。

 

松代行きのバスに乗った。

 

まずは、松代城跡。

真田丸放映中の去年なら

もっと人がいたんだろうな。

 

  

 

 

 

石垣は往時の姿を留める。

 

 

         

 

ぶらり、真田邸に。

ここは戦国時代ではなく、江戸末期の建物だ。

 

ボランティアガイドに説明して頂いた。

 

立ち入れる部屋や廊下、しつらえなどが、

身分によって厳格に区別されている。

藩主の居室は壁や天井が賑やかに彩られていた。

豪華さを表そうとしたのだろうが、

どうも落ち着かない (^^;

 

他は殆ど回らないと決めたので、

ガイドさんとお喋りしたり、ゆっくり見学。

 

樋口家住宅を観て、文武学校は素通り。

 

 

竹風堂であんみつを食べた。

あんみつを食べるのは何年ぶりだろう……。

美味しかったけど、栗餡は甘過ぎた~ (>_<)

 

因みに松代のマンホールは、

 

           

 

 

 

川中島で途中下車した。

川が近くにあるかと思い込み、

一気に公園を突っ切ったけど……

川は影も形もない。

 

すごすごと戻った公園入り口近くの神社に

説明があった。

はじめに寄ればよかったのね (^^;

 

 

 

確かに……

数万人が戦ったのだから、

ここいら一体が戦場だったわけだ。

 

謙信と信玄の像があった。

 

 

 

 

町並み、屋根の形や建築様式、庭の草花、

どのコンビニがあるか、とか……

路線バスも楽しい。

 

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「敵の名は、宮本武蔵」 | トップ | 小布施 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む