Dream-Speaker

有縁の方々のインタビューを通じて、共感と共有の種を播き、育てたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

馬場中山に、野菜を植えよう。『苗プロジェクト』をご紹介します

2011年08月28日 | インタビュー
馬場中山に、野菜を植えよう。
宮城県の『苗プロジェクト』を紹介



写真は、『苗プロジェクト』の様子。馬場中山生活センターで被災直後から物資の管理などにご尽力なさっておられる小林様に許可を得て掲載。


 南三陸町の馬場中山生活センターに、かぼちゃもトマトもなすもきゅうりも実った。
 生活センターは古い集会所で、津波の後、近隣の方々が集まって暮らした。
 潮風に焼けた顔、深いしわ。海に生きる人々が、肩を寄せ合っていた。
 行政の手が回らない場所だった。被災者自身による避難所運営の話題が広まり、春の終わりには全国から多くの支援者が訪れるようになった。

 震災直後からしばらくは、すぐに食べられる食品を持参するのが支援の形だった。
しかし避難所生活が続くにつれて、生鮮野菜は今日食べる分だけが必要なのだという当たり前のことが問題になった。

 登米市に、農業者・哲学者の蛯名隆三さんという方がおられる。蛯名さんは震災直後からご友人を探して南三陸町に出入りし、各避難所を回っては救援物資を届け、また情報提供に努めておられた。
 避難所生活で生鮮野菜の問題を皆が意識し始めた6月には、蛯名さんは、長年付き合いのあった仙台の苗屋さんから苗や堆肥、有機質肥料などを買い、さらに山形県新庄市の農家グループの仲間からの援助も得ては馬場中山生活センターに届け、避難所の方々とともに野菜の苗を植え、育てるところにまでにこぎつけた。
 この仙台の苗屋さんは仙台市から東の海岸にかけて被災した地域の農家に苗などの物資を供給してきたが、津波でほとんどの取引先を失っていた。傷ついた人たちが、さらに傷ついた人たちの元へ駆け寄り、支え合っていた。
 
 『苗プロジェクト』と名付けられたこの活動には、全国各地の有縁の方々から基金が寄せられた。
 夏野菜、秋野菜と続いて、9月には冬の定番野菜、白菜のポット2,500株を届ける。津波で表土が流失しているので、大量のたい肥が必要だという。私がセンターを訪問した4月末、周囲はがれきの山だった。


写真は、4月末時点の様子。写真上部の建物が生活センター。周辺にもがれきが散乱していた。

 『苗プロジェクト』は、苗を買う。たい肥を買う。肥料を買う。しかし、支援する側のヒト・モノ・カネだけがあっても成立しない。そこに生活をする人がいて、その人が育てて食べてくれる必要がある。
 
 蛯名さんはご自身の畑を耕すのに機械を使わない。自身の腕で、一日中クワをふるう。一日中、土と向かい合うことが農業の本質であり、そこに自分のいのちも他者のいのちも見出すのだそうだ。
 「『苗プロジェクト』は相手との関係の中で、日々の生活の流れていくままに続けば良い。私の手元に集まった基金がある限り、届けたい」と、蛯名さんが言う。
 しかし、そのリアイティとは別に、私には、「もっと知ってもらおう」という欲がでる。
 「相手との関係性から飛び出した領域については、私はそれが大事なことだとは思わない。そういう社会性を獲得することと、生活を築いていくことは意味が違う」。
 蛯名さんは私が広報について言及すると、そう答えられる。
 ここに、飽食はない。新鮮な野菜を必要とする人がいて、育ててほしいと願う人がいて、支援したいと願う人がいて、皆がそれぞれの今日を生きている。
 
 夏を前にして、避難生活をなさっておられた方々は仮設住宅へと移られ、生活センターは避難所としての役目を終えた。しかし、物資の集積所として全国からの支援を受け入れるかたわら、多くの人々が関わって開墾した土地には多くの野菜が育っている。ここに暮らした方々が世話をし、収穫を分け合っておられる。
 
 1株数百円の苗が、仮設住宅や馬場中山地区で暮らす方々の食生活を支える実りをもたらしている。

 様々な支援を続けておられる皆様へ。
『苗プロジェクト』にもご協力くだされば幸いです。

 支援方法
 『苗プロジェクト』は、1口1,000円。
蛯名さんに直接、現金書留で基金をお送りください。その際、必ず実名で、メッセージも添えてください。


写真左が、馬場中山生活センターで生活されていた方々と話す蛯名隆三さん。

蛯名隆三様
〒987-0412 宮城県登米市南方町大門91 電話 0220-58-2759

馬場中山生活センター(馬場中山地区ホームページ)
http://babanakayama.client.jp/

(苗プロジェクト関連のレポートが掲載されている日は、5/31. 6/4.10.25.26. 7/20.22.29. 8/2.4.9.11.16.17.18.19.20.21.22.23.24.です)
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮城県七ケ浜復興イベント:... | トップ | 苗プロジェクトの近況報告~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。