Honda DREAM Kirishima

霧島市のホンダドリームです!様々なアソビを提案できるお店作りを目指しています。

愛車「クロスカブ」の初回点検をしました

2017年04月17日 18時27分12秒 | スッタフまさし

走行距離が約800キロになったので愛車「クロスカブ」の初回点検をしました。

それでは、簡単に作業を紹介していきたいと思います。

まずは、エンジンオイルの交換です。ドリーム霧島で購入してもらったら初回点検時のエンジンオイル交換は無料となってます。モチのロン初回点検の点検代も無料です!!

初回点検は当店で車両を購入して1ヶ月もしくは1000キロ以内で来店してもらえれば、大丈夫です。初回点検のお葉書を送らせてもらってますので、そちらを目安にしてもらっても結構です。新車はもちろん中古車も初回点検は実施してます。

とりあえず「クロスカブ」のエンジンオイルの交換の作業を説明していきます。

まずは、エンジンの下のほうにあるドレンボルトを緩めます。

↑ 写真の真ん中にあるボルトがドレンボルトです。

↑ ボルトの径は17mmなので、サイズの合った工具を使って緩めます。

↑ ボルトが緩んだら、ちょっと前に紹介したオイル交換の秘密兵器を使ってボルトを外すと、

↑ ドバァーとエンジンオイルが出てきます。

↓ 800キロ走行したエンジンオイルがコチラになります。

だいぶ汚れてますね~。もう少し早めのオイル交換でも良かったかも知れませんね。

エンジンオイルがだいたい抜けるまでちょっと待ってドレンボルトを締めています。

その時ドレンワッシャーは必ず新しいのに交換しましょう。

↑ 左が付いていたドレンワッシャー、右が新しいドレンワッシャーです。左の方に段が出来てるのが、分かりますかね?このまま使用をするとオイルが漏れてくる可能性があるので、必ず新しいワッシャーと交換して下さい。

↓ 新しいエンジンオイルはこんなにもキレイなんですよ。

サラダ油みたいですよね?クロスカブのオイル交換時のオイル量は0.8ℓ。

↑ ドバドバと入れていって、ちゃんと正しい量が入ってるか確認をします。どーやって確認をするかと言うと、エンジンオイルを規定の量を入れたら、キャップをしてエンジンを掛けます。1分ほどエンジンを掛けて、またエンジンを停止してからキャップを取り外し、

↑ エンジンオイル量の最終確認をします。こちらのキャップを良く見ると先端が模様みたくなってます。

↑ 写真で分かりますかね?こちらの先端にエンジンオイルが付けば規定量がちゃんと入ってる事になります。

その時、注意しないとイケないのが、エンジンオイルの規定量の確認をする時はキャップをねじ込まない。

↑ この状態でエンジンオイルがキャップに付くか確認します。ココが大切ですね。ねじ込んでチェックをするとエンジンオイルが少ないですからね。エンジンオイルの規定量のチェックをする時は、キャップはねじ込まない!!大切な事なんで2回言いました。

↑ 写真がちょっと見づらいですが、バッチシ先端の模様の所にエンジンオイルが付いてます。多からず少なからず。これでキャップをちゃんと締めてあげて、オイル交換の終了となります。

どーでしたか?画像をたくさん使ったから理解しやすかったんじゃないですか?ご自身で作業される場合は、自己責任でお願いしますね。エンジンオイルの交換の説明だけでもこんなに時間が掛かってしまったので、後の初回点検の作業は駆け足で説明します。

↑ ホンダのメンテナンスノートです。車両を購入時にお渡ししてます。クロスカブは110ccなので125cc以下のメンテナンスノートになります。他に126cc以上のメンテナンスノートがあります。コチラのノートに初回点検のページがあり、15個のチェック項目があります。それを参考に初回点検を実施していきます。

初回点検時に特に気を付けるのはブレーキの効きとブレーキの遊び。

そして、タイヤの空気圧。

↑ 車体の何処かにタイヤの空気圧ステッカーが貼ってあるのでコチラを参考にチェックします。スイングアームの左側に貼ってある事が多いです。スクーターはフットステップの周辺だったりしますね。

チェーンの遊びもチェックして、

チェーンがゆるゆるなら、チェーン調整をしてあげます。自分のクロスカブはまだそんなにチェーンが緩んでなかったので、チェーンオイルだけ注油しました。

最後に灯火系のチェックです。左右のウインカー、ホーン、テールライト、ブレーキをしたらテールライトが点くかのチェックをしたら、初回点検の終了です。駆け足で説明しましたが、だいぶ長くなってしまいました。

※初回点検を簡単に説明しようとしましたが、長くなり過ぎました。明日は火曜日なのでドリーム霧島の定休日となってます。皆さん、お間違いの無いように★

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州に「道の駅」は全部で1... | トップ | 新製品「Rebel250/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL