夢・茶・華の箱

茶・花の夢日記

早春の茶会 (京都 嵐山吉兆にて)

2017年02月24日 | 日記

  

  

淡交カルチャーのお茶会に参加 (2017-02-04)

 今日庵文庫長・筒井宗紘先生、奥様・宗曜先生ご夫妻の席主による、

筒井如是庵 早春の茶会 京都 嵐山吉兆本店での在釜に出席させて頂きました。

名品のお取合せと節分の翌日は立春(旧正月節)、素晴らしい心のこもった

おもてなしの 絶品お料理を楽しませて頂きました。

中でも、別席で頂くお濃茶前の主菓子は、温かい蒸し物で、蓋付きで、格別のおもてなしではないでしょうか・・・

銘「若菜」 吉兆製、 薄茶席・香合「鶏文蛤」・真葛長造造煙草盆・「時代竹笹蒔絵」で時代を感じることが

出来て素晴らしいお道具の数々でした。

6席目 14時半~のお席で、終われば18時過ぎ、夕暮れ時、外に出ると

明かりが入って、とても幻想的な嵐山の風景が目の前に広がっていました。

お茶会の余韻に酔いしれて、頬をなぜる心地良い風に吹かれて渡月橋を渡り、帰路につきました。

お席の写真は、今回もNGでしたが、濃茶席、薄茶席の会記を頂きました。

     

  

 床飾り結び柳と椿, お軸「ふくはうち」お多福と鬼の後ろ姿画賛   短冊(立春大吉)前大徳寺福本積応書 お香合「笑」赤絵

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の七草・ 華道新年会はホテ... | トップ | スイーツ特集 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵な体感を!! (伊mari)
2017-03-02 18:43:13
寒い寒い嵐山に(^-^;
Powerいっぱいでお元気ですね
見習わねば
でもお元気で何よりです
なかなかできない体験をされて羨ましいです
又稽古の折お話お願いします(*^^)v

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。