伊澤屋

軍事・歴史系同人誌サークル「伊澤屋」の広報ブログ。

『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ』 #6  所感。

2017年04月21日 20時17分13秒 | Weblog
所感である。

キリコとバーコフ分隊は相変わらず命を狙われ続けペールゼンは同様に拷問され続ける。それだけだ。
「漆を塗り重ねるような」 高橋良輔監督の作り方はこの段階平成10年代に至っても決してブレない。

しかし最後で基地司令と副官を拳銃で射殺するコチャック、見ると射撃の腕は相当なものだぞ。
奴は条件さえ揃えば優秀な兵士っぽいのだが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内田春菊に触発される。 | トップ | あさの☆ひかりの凄い仕事 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL