超級龍熱

香港功夫映画と共に

“薄命の貴公子”傅聲が残した最後の言葉!!「伝説の映画帝国、邵氏兄弟有限公司」

2017-04-20 09:55:40 | ニュース
絶賛発売中の「激闘!アジアンアクション映画大進撃」ですが、前回ご紹介しました「知られざる70年代韓国アクション映画の世界」と共に、私が本書で担当した原稿がもう1本あります。
それが邵氏兄弟公司の50年余の激動の歴史を1万字(!)に及ぶ原稿に纏めた「伝説の映画帝国、邵氏兄弟有限公司~その栄光と波乱の興亡史」です。
私も邵氏公司に関しては長年に渡って多くの媒体で取り上げて来ましたが、今回の原稿をその集大成とするべく気合いを入れて書きましたし、本稿にはこれまで1度も書く事が無かった事実も数多く盛り込んでいます。
特に1983年7月7日に自動車事故で急逝した“薄命の貴公子”傅聲が、その事故現場で実弟に残した“最後の言葉”を今回書く事は私にとってかなりの勇気が要る事でした。
思えば、当ブログで連載中の「邵氏兄弟電影黄金時代」をスタートさせた一番の理由がこの「激闘!アジアンアクション映画大進撃」において邵氏兄弟公司の原稿依頼を頂いた事でしたし、まさに今回の原稿は私にとって邵氏兄弟公司研究が自分のライフワークである事を再認識させてくれたわけです。
邵氏公司ファンの方々に限らず、多くのクンフー映画ファンの方々に是非読んで頂ければ幸いです。よろしくお願いします。
そして当ブログ「超級龍熱」の邵氏公司専門セクション「邵氏兄弟電影黄金時代」も満を持して再起動します!
そう、香港映画の原点にして“最強無敵影城”は嘉禾影業にあらず、邵氏兄弟公司にあり!!
今後の「邵氏兄弟電影黄金時代」をどうぞお楽しみに!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「知られざる70年代韓国アク... | トップ | 充実の執筆陣による豪華パン... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kurosakura)
2017-04-22 13:54:45
知野師父の著書で、邵氏兄弟公司電影コレクターとなった私にとって、新たな名著となるでしょう。ありがとうございました。😊
Unknown (kurosakura)
2017-04-22 20:23:49
知野師父、邵氏兄弟公司電影武打星で、私が一番好きなアレクサンダー・フーシェンの最期の言葉については、彼が香港映画界の輝く明星である事を彼自身が自覚していた証拠だと思います。合掌。
薄命の貴公子 (龍熱)
2017-04-23 10:38:04
kurosakuraさん、

こんにちわ!
「激闘!アジアンアクション映画大進撃」をお読み頂き、ありがとうございます(^_^)。
何時かはこの傅聲の“最後の言葉”を書かなくては、と思っていたのですが、今回がその機会だと思い勇気を出して書きました。
大事故に遭いながらも俳優にとって命である顔の事を思った傅聲。
余りに気高く、余りに悲しい事実だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。