超級龍熱

香港功夫映画と共に

天下第一ジャッキー・チェンSP④

2017-09-17 12:23:23 | その他

天下第一ジャッキー・チェンSP④

さてさて、再起動しました「スキップトレース」公開記念特別企画のジャッキー特集ですが、第4回の今回はお約束通り「サンダーアーム龍兄虎弟」で幻に終わったジャッキーvsシンシア・ラスロック戦について「スキップトレース」劇場パンフレットに入り切らなかった部分も含めて取り上げたいと思います。
皆さんもご存知のように、当初「サンダーアーム~」は「スキップトレース」にも出演している曾志偉がメガホンを撮り撮影されていました。
この曹志偉が撮影した「サンダーアーム~」のフィルムは相当量あるようで、もしこの曹志偉監督版「サンダーアーム~」のフィルムが現存しているとしたら是非公開して欲しいものです。...
で、この曹志偉監督が「サンダーアーム~」の目玉として企画したのがジャッキーvs当時香港映画、いえ白人女武打星最強の女ドラゴンとして君臨していたシンシア・ラスロックの対決でした。
「レディハード香港大捜査線」でのミシェル・カーン(当時)との女帝コンビでド迫力のクンフーアクションを披露し、香港の観客を驚愕させたラスロックとジャッキーが真っ向から闘う!
当時これほどのビッグ・ファイトは他に有り得ませんでしたし、実際嘉禾影業の出演要請を快諾したラスロック本人もジャッキーとの対決に闘志満々でした。
余談ですが、一説にはこの「サンダーアーム~」でラスロックが演じる予定だった役柄をローラ・フォルネルが演じた、との文献を見かけましたが、それはちょっと矛盾している情報だと思います。
何故なら曹志偉監督が想定していたラスロックの役柄は、映画の終盤に登場する黒人アマゾネス軍団をジャッキーが大乱戦の果てにやっと倒した後、そこに満を持して登場しジャッキーと一騎打ちを行う最強アマゾネスこそがラスロックだったからです。
当時の「サンダーアーム~」の関係者はこのラスロックのキャラを“スーパーアマゾネス”と呼んでいたそうです。
ところがこのジャッキーvs“スーパーアマゾネス”シンシア・ラスロック戦を撮影する段階になって、ジャッキーが撮影中のユーゴスラビアで頭蓋骨骨折の大事故に遭ってしまいます。
さあ、果たしてジャッキーvsラスロック戦はどうなるのか?ジャッキー戦に備えて待機していたラスロックに嘉禾影業が代替え案としてオファーした作品とは?そしてラスロックが演じる予定だった最強アマゾネスを代わりに演じた女性空手家とは?
以下、「天下第一ジャッキー・チェンSP」第5回を待て!

Jackie Chan and Cynthia Rothrock.They once planned to fight in The Armour of God.But Jackie had big injured and their fight was cancelled.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天下第一ジャッキー・チェン... | トップ | 天下第一ジャッキー・チェン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事