探求者の旅立ち ~スピリチュアルへの旅~

あるライトワーカーとの出会いをきっかけにスピリチュアルの探求者となった自身の気付きや偶然の一致を書き綴っていきます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第90日目

2005-06-09 | 探求life
-日記-
No.1
今日は久しぶりに夢を見た。起きると涙を流している。夢の中で流した涙が、寝ている間に、実際に泣いていたようだ。夢の内容もしっかりと覚えていたが、自分では解析できず、蓮に頼もうと思っていた。しかし、不覚にも二度寝をしてしまい、夢のほとんどをを忘れてしまった。覚えているのは涙を流したことだけ。蓮にメールをすると、涙を流すのは感情の開放と教えてくれた。忘れたものは仕方がない、でも俺の中の何かの感情が開放されたことは間違いない。必要とあらば思い出すであろうと、思い出すのを諦めた。

昨日、本屋に娘と行ったときに、フッと目に付いた本があった。アダム徳永というひとが書いた「TRUE LOVE スローセックスのすすめ」という女性向けに書かれた本なのだが、蓮とのスピリチュアルセックスに行き詰まりを感じていたため、ここで目に付いたのは何かあるのだろうと思わず買ってしまった。
朝の通勤の電車の中で読んでいた。現在のセックスにおける現実が最初に書かれている。参考になるなぁと思いながら読んでいた。
仕事が終わり、朝の続きを読めるとワクワクしながら駅まで歩いているときにフッと気が付いた。
俺と蓮は、たまに車の中でスピリチュアルセックスを実践することもあるし、もちろんホテルに行くのは毎週のことである。でも、ひょっとして、蓮は車の中の方が気持ちいいのではないかと思ったので、質問!ってメールしてみた。
すると答えは、やはり車の中のほうが気持ちいいという。
答えは明白であった。ホテルと車の中でとの違いは、射精をするか、しないかである。車の中では、射精をすることなく終える。これは、車の中を汚したくないという理由からであったが、それが蓮に対して副産物を生んでいることになるとは・・・。
男はセックスの最終目標は射精することがほとんどと思う。しかし、車の中では、最初から射精をしない前提になる。
ということは、目標を決めずに、純粋にセックスを楽しむことになる。しかも、車の中なので、動きが制限され、激しく動くことはできない。偶然にも「TRUE LOVE スローセックスのすすめ」に書かれていることを実践していることになっていた。
これからは、射精は蓮を気持ち良くさせたご褒美と考えるようにし、射精をしない決意で実践に励むことにしようと思った。

精神世界ランキング/ 人気blogランキング


のスピリチュアル活動=Pipe Of peaceに

支援クリックのご協力お願いします^-^

精神世界ランキング

この記事をはてなブックマークに追加

第89日目

2005-06-08 | 探求life
-メール-
-蓮-
ラムサのサイトの掲示板にウイングメーカーの書き込みを発見!!見てみて。
興味深いことが書いてあるで。
http://www.ramtha.jp/NewFiles/bbs1.html

-龍-
俺も興味深い本見つけたで。「スローセックスのすすめ」って本、目次が興味深かったから買った。アダム徳永で検索したら、HPあると思う。蓮も見てみて

-龍-
ここに書かれてるETってプレアデスやん、違う?それに、垂直時間の話しって、この間龍安寺のときに俺が言うたことに近いやん、すげ~!あの気付き間違ってなかったんや

-蓮-
わかった。見るわ。
ウイングメーカーの内容が、ほんまに操作されてないなら、わたしらにとっての未来に起こる出来事は、ウイングメーカーにとっては実際に起きた出来事やわ。
それをどんなふうに変えるかは、わたしたちの今ココ=瞬間にかかってる。
もしほんまに龍があの絵を書いたなら、あるいは現に知ってたなら、それが可能やってことがよくわかった。それは、その未来から転生したからや。
だから、龍にとってはウイングメーカーは過去世やねん。
あるいは転生という視点を辞めれば、同時に龍は存在してる。
同時に存在してるほうが真実の表現やろな。今の龍の内には、過去も未来も同時に存在してる。
だから、自分があの絵を描いたと感じても全く不思議ではないねん。

-龍-
蓮の言うこと、ちょっと理解しにくいわ。
表現とか、言い方とかと違うで。でも、そのうちわかると思う。
あの情報が事実とすれば、アメリカが情報操作してることに納得できる。
タイムマシーンみたいなもんをETと作ってるって誰が信じる?ってことやし、さらに6月の終わりには新しい情報が出てくるやん。
昨日の予告編で見た「宇宙戦争」がそうやわ。スピリチュアルに関係ない人にも知らせられる。
これが映画の凄いところやしね。過去にも探したらあると思うよ

-蓮-
蓮もさっきのメールで宇宙戦争の話ししよかとも思ったんやけど、わざわざ消してん。龍も感じてるんや。宇宙戦争もあながちハズレじゃなさそうって。昨日あれみながら、龍がトムクルーズで、あの娘はわたしらの娘でって、なぜかタブッてみてる自分がいたんよ。わたしはどうなってんの?って思った(笑)何もあのまんまやとはいわへん。けど何かを現してるって。

-龍-
蓮も感じてたんか。わからへんかったわ。


精神世界ランキング/ 人気blogランキング

この記事をはてなブックマークに追加

第88日目

2005-06-07 | 探求life
-日記-
No.1
午前中、蓮と京北町に向かった。その車の中で蓮が面白い話しをしてくれた。ある人がホームページで言っている内容で、その人は、自分は悟っている、人々を導くのは自分だ。みたいなホームページらしい。地球が次のレベルへシフトすることについては、そういう人が出てくるとは頼もしい存在と思うし、そんな人と話しをしてみたいとも思った。しかし、そのホームページの最後の締めの言葉には「神に合掌」と書かれているという。
その話しを聞いて、蓮を待っている間に読んだ「虹のオーガズム」の内容ことについて、蓮に話した。


-記事抜粋-
いわゆる精神世界や瞑想の経験者や、そうした知識ばかりをかじった者の中には、肉体の満足もろくに出来ないのに(あるいは肉体の満足ができないからこそなのだろうが)高望みや理想化ばかりして、気の交流だ、霊的合一だの、精神的合一ゴッコに走ろうとする者がウヨウヨしている。


悟りを開いた人でも、神に合掌するのが真実なのかと思った。俺と蓮の真実の中にはない
ことである。やはり、真実は人それぞれなのだと感じた一件である。
俺は、決してその人が間違っているとも思わないし、俺達が間違ってるとも思わない。真実の違いだけなのであるから。


No.2
今日もまた、スピリチュアルセックスの実践を行った。
今日は、蓮にもエネルギーの交流ということを意識してほしいと言っておいた。
毎回、毎回、色々なことを試すのだが、蓮をオーガズムに到達させることの難しさは変わっていない。しかし、蓮の感度は以前に比べ、急上昇しているのも事実である。
エネルギーの交流と言葉でいうのは簡単であるが、いざ実践となるとなかなか難しいものである。俺が蓮にエネルギーを流すのは簡単にできる。しかし、蓮が流したエネルギーを受けとるのって???
本によると、胸でエネルギーを受けとるようではあるが、後になって思うと、感じていないような気がする。
蓮がエネルギーを流していないのか、それとも受けとる俺がエネルギーを感じていないのか、はたまた両方か、よくわからないが、何か引っかかるものがある。
それは、「虹のオーガズム」だけに頼っているからではないかと、思っている。何かが足りない気が4日ほど前からしている。何なんだろう?
スピリチュアルセックスが終わり、いつもの如く俺は眠りに落ちていった。(ここ3週間ぐらい、いつも終わると眠ってしまう)その間、蓮にいつもと違う変化が現れていた。
スピリチュアルセックスが終わり、余韻で身体が動かない状態にあり、瞑想状態に近い状態の中で、しばらくすると笑いが自然と込み上げてきた、次に黒いきれいな花が、万華鏡のように回り始め、しばらくすると止まった。そのあと、映像が色々と出てきて、そばに女性がいたという。そのうち、勝手に目が開いてきたと言う。
その話しを聞いて、一番不自然に思ったのは、勝手に目が開いたということだ。気持ちのいい状態にいるときに、目が勝手に開くということは、俺にとって考えにくい状況だからである。
二人で話しながら行き着いた結論は、漠然であるが、蓮の過去に関係することであろうということであった。
それが何なのかはわからないが。


精神世界ランキング/ 人気blogランキング

この記事をはてなブックマークに追加

第87日目

2005-06-06 | 探求life
-メール-
-蓮-
おは♪ごめんなぁ。昨日しらんまに寝てしもてた(>_<)
夢に初めて鹿が出てきた。子供の鹿。黒。蓮にとったら動物の黒はラッキーカラーやねん。

-龍-
おはよ。
ついに夢にまで鹿が出たか、今の動き方で正解なんやろな?

-蓮-
小鹿は夢の中の彼氏が見つけて家に連れてくるんやけど、家には彼の家族が住んでて、小鹿を飼ってること家の人にばれんようにしてるわけ。
だけど2人とも学校があるからかまってあげられへんくて世話がままならへんかってん。
そしたら小鹿の毛が抜けてしまって地肌になってしまっててん。
そこに新たに紫色の見たこともない動物を飼うことになって、寝るとき紫の動物が小鹿になついてくっついて寝るんやけど、地肌の小鹿は受け入れられず背中を向けてしまうん。
それ見て蓮、このままじゃあかん、この子の心がダメになってしまう、やっぱり自然が一番なんやわ、自然に帰してあげなきゃって思うん。
だけど一旦、人に飼われた動物が自然界に戻ったところで、やっていけるんやろうかって小鹿の身を案じた。
こんな夢やってん。

もっと細かく言うと、彼が家の人に小鹿を飼ってることばれたくなくて、隠して飼いはってん。

-龍-
なんか警告っぽい夢やな。

-蓮-
黒の動物はわたしにとって霊的繋がり・霊的な力を意味してるん。
それと経済的な豊かさも。
2人とも学校に行ってるってことは自己探求を表してる。
彼とは彼の実家で一緒に住むぐらいの仲やのに、夢の中で、いまいち彼の気持ちに不確かさを蓮は抱いてるん。
それは夢の中の家に彼の友達数人が出入りしてて、その人たちと彼はグループになって何か活動してるみたいやねん。
それで、彼のフォーカスがそっちにいってることが多い。
それに対して蓮は否定も何の気持ちもないんやけど、ただ、本当にしんから彼と自分が結ばれてるようには感じられへん。
彼の蓮に対する真剣な心の姿勢が感じられないねん。彼の自分がフォーカスしてる学校やグループ活動の合間に時間があれば、チラッと蓮を見るみたいな。
だからたとえ一緒に暮らしてる形でいるとはいえ、蓮からは彼との関係がとても不確かに感じてる。揺るぎないしっかりした安定した結び付きとは、ほど遠いねん。

彼は最初、小鹿を見つけて自分のガレージに小鹿をいさせてた。彼は蓮をガレージに連れていき見せてくれたことが嬉しかった。
けどガレージにいさせてたら、ほんの少ししか小鹿と過ごせへんくて小鹿が可哀相って言うたら、彼は家で飼うことにしたん。
もちろん彼は蓮のそう言った言葉を考慮してそうしたんやけどな。
蓮もそれがいいってまでは、心はハッキリならへんかった。家で飼うのがいいんかな、小鹿にとっては自然がいいんかなって蓮は感じてた。。
でも彼の案を蓮は見守ることにしてん。
小鹿はダズンやと思う。
こないだ、ダズンのブログを作ろう、表に出そうと話し合ったとき、雄鹿に遭遇した。
あ~ダズンを発動させることが祝福されてんなと感じたから。だから小鹿は、まだ幼いダズンやねん。
紫の見たこともない動物は癒しやと思う。紫の炎と同じ役割。
地肌になった小鹿を癒すために変容さすために現れた。
でももう小鹿の心は閉じてしまってた。心を閉ざすってことは、小鹿は愛から心を分離させてしまってるん。
つまり、エゴ。だから毛が抜けてしまったんやと思う。

-龍-
蓮の夢の中の彼氏は、俺の象徴かな?そう思うような、違うような。蓮はどう思う?

-蓮-
そうやと思う。
で、違うレベルから見たら、すべてが蓮の内に起きてることやと思う。

-龍-
dozenが成長の過程にあるってことやね。各々の成長もあって、dozenの成長もある。また楽しみが増えるやん、他の人より楽しみが多い~(笑)

-蓮-
ほんまや♪♪


-日記-
No.1
午前中の会議が一段落したので、お客さんとの打ち合わせがあるので、会議を抜け、打ち合わせ場所の現場へ向かおうとした。しかし、使う予定の車のエンジンがかからない。仕方なく、もう一台の車を借りた。借りる時に、部長より「ボンネットが烏の糞で汚れてるから洗ってな」と言われ、駐車場に行くと、ボンネット一面糞だらけだった。時間があれば洗おうと思いながら、道は覚えているので、ナビを使わずに車を走らせた。高速を降り、コンビニに寄り、パンとコーヒーを買い、食べながら走っていると、行き過ぎてるのに気付いた。ドンくさいなぁとUターンできるところを探していると、ガソリンスタンドが見えた。ガソリンも少なかったので、ガソリンを入れることにした。ガソリンスタンドの人が車を見て言った。「洗車はどうですか?」時間も少し余裕があったので、洗車することにした。ガソリンも入れ、洗車もし、道の間違いを修正し走り出して気が付いた。今から打ち合わせするお客さんに対してのアドバイスが視覚化されていた。それに気付いたときに、コーヒーを飲んだ。ハートチャクラに冷たさを感じた。つまりこうだ、昨日までの一連の流れの中で
、お客さんと俺は不必要な駆け引きを行っていた。俺は駆け引きをしたくなかったので、駆け引きを終わらせる為に今までの打ち合わせ記録を調べた。すると、やはりお客さんの話しとは違う記録があり、その資料があれば終わらせることができそうだ。しかし、ひとつ心配があった。その資料を見せることで、お客さんを押さえつけてしまわないか、ということだ。お客さんの出方次第では…と覚悟の上、打ち合わせに向かった。だから、心が汚れたままで、かつ空腹のままで打ち合わせに向かうことになってしまった。


精神世界ランキング/ 人気blogランキング

この記事をはてなブックマークに追加

第86日目

2005-06-05 | 探求life
-日記-
No.1
dozenのブログを作るために、まずはアドレスの登録をと思い、作業に取り掛かった。dozenなんて、誰も使ってないから、簡単に登録してブログの登録できるやろうと思っていた。ところが、dozenというIDをすでに誰かが登録しており、アドレスの登録で蓮と二人で四苦八苦。なんとかdozen_2005_05でIDが決まり、登録できた。アドレスが出来たので、ブログの登録に取り掛かるといきなりフリーズしてしまった。これは、まだ登録するなという証と思い、取りやめた。
二人のペアシップ(勝手に言葉を作りました)は、dozenだけでは足りないということなのか。


精神世界ランキング/ 人気blogランキング

この記事をはてなブックマークに追加

第84日目

2005-06-03 | 探求life
-日記-
No.1
今日はイライラしてる感じ。だから、周りも細かい衝突がある。こんなのまで視覚化されるんだ。見方を変えると面白い。
しかし、イライラがうまく手放せない(涙)
イライラの原因は腰痛のようだ。昨日調子良かったのに、今日はまた調子が悪い。
精神的な部分もあるけど、まじめにストレッチをしてほぐさければならないと思う。

イライラの原因が腰痛とわかって、軽いストレッチしたらイライラが治まってきた。
チョコチョコと仕事してたら、会社の業務フローをチェックしてほしいという話しを部長がするので、一人でチェックしていた。
すると部長代理が来て、設計の子が来て、最後は工事担当まで来た。
みんな、いろいろと思うとこがあって、議論する、しかも全部前向き。
途中で工事担当が「夢みたい」って言うぐらい理想の話しをしてた。
でも、夢を現実にするために理想を掲げようということには誰も異論はなかった。今日は4人だったが、これからドンドンやろうとしてる。
しかも、外部の人にも意見を聞こうってことにもなってる。

スピリチュアル的な広がりもこうなんだろうなって感じ。今日は目の前で、いろいろなことが視覚化された一日だった。


精神世界ランキング/ 人気blogランキング

この記事をはてなブックマークに追加

第83日目

2005-06-02 | 探求life
-日記-
No.1
今日は休み明けもあり、午前中からバタバタしており、午後からの打ち合わせの段取りがなかなかできない。そうこうしているうちに昼になったが、昼食も取ることが出来ず、会社を出た。地下鉄に乗っている最中に、電車の中でパンでも食べればいいと気付き、駅でパンを買い、電車に乗り込んだ。一つ目のパンを食べ終わって、もう一つパンを取ろうとすると、「あれ?!またメロンパン?」と今更ながら気が付いた。最初のパンは、メロンクリームのパン、もう一つは普通のメロンパン。無意識に買っている。これは何かあると思い、蓮にメロンの意味調べてもらおうとメールをした。
このときの状況はこうだ、今日はお客さんのお兄さんが初めて打ち合わせをしたいと言われ、打ち合わせすることになり、最終的な追加工事の見積もりの総額を初めてお客さんに提出することになっている。その打ち合わせに行く途中で新型の電車に乗り、果物に関連するパンと、最後にタマゴのサンドウィッチのようなパンを食べ、コーヒーを飲んでいる。
その意味を考えてみると、新たな気持ちで打ち合わせに向かうために(新型の電車)、お客さんととも仲間意識を持ち(パン)、満足感を持たせながら(ふっくらした柔らかいパン)、工夫することで(サンドイッチ)、いい建物を作るための可能性を探り(タマゴ)、収穫(果物)があるようにリラックス(コーヒー)してる。ということではないかと思った。
打ち合わせが終わると、やはり上手く進み、しかも考えた意味に近い打ち合わせだった。

駅に着き、改札に向かうと、定期券がない、どうも電車の中で落としたらしい。駅員さんに事情を話すと、次の駅に問い合わせてもった。すると、親切な人が次の駅の改札に届けてくれている。取りに行き、届けてくれた人のことを聞くと、届けただけで、そのまま行ってしまったらしい。親切な人に拾われて、ありがたいと思いながら、降りる駅に戻り、精算機に並んだ。すると、横から急いでいる感じのおばさんが割り込んできた。こんなところで、腹を立てて打ち合わせに行くのも嫌なんで、譲ることにした。そのおばさんが、プリペイドカードを機械に入れた途端、機械の調子が悪くなり、精算中止となった。
エゴが強いんやろなっと見ていたら、目の前で、その瞬間に、おばさんに悪いことが返ってきた。
即、蓮にこの出来事をメールすると、蓮から「龍は守られてるね」ってメールが返ってきた。
目の前で起こった事実もすごい出来事だが、蓮の見方にも驚いた。変なことに妙な感動を覚えた。


精神世界ランキング/ 人気blogランキング

この記事をはてなブックマークに追加

第82日目

2005-06-01 | 探求life
-日記-
No.1
今日はサーフィンを楽しんできた。期待していたより波は穏やかで、普段の状態であれば結構楽しめる状態だった。しかし、腰痛が治まっていないので、先週のことが頭に過ぎっていた。海に入る前に、いつも以上に入念に腰のストレッチをやるが、やはり想像していた通り痛みが治まらない。仕方ないので、痛みを感じたまま海に入った。波待ちの体制に入ると、腰の安定が悪い、バランスが取りにくいため、立ったままで波を待つことにした。パドリングを始め、波に押され始めると、一気にボードに立つ。しかし、腰が伸びるのが遅いので、バランスを崩してしまう。しばらく楽しんでは、浜辺に戻り、ストレッチを行い、また海に入るとこを繰り返しているうちに、腰の痛みを気にしすぎていることに気が付き、バランスが悪いから力が入るという、悪循環にも嵌っていた。そこで、グラウディングコードを確認し、宇宙と繋がっていることも確認し、頭を弛緩させ、理性の思考回路を止めるように心掛け、波のエネルギーを感じるようにしばらくボーっとしてみた。
次の波にチャレンジした。すると、自分でも驚くぐらい素直に乗れた。その次も、その次も。3~4回ぐらいは上手く乗れたのだが、その後は、また腰の痛みを感じ始めるので、休憩のため、浜辺に戻り、ストレッチをし、もう一度海に入った。
しかし、今日はもう腰の状態が限界に近いようだ。波のエネルギーを感じようとしても、腰に意識がいってしまうので、諦めることにした。
やはり、サーフィンは瞬間を感じることのできるスポーツ。サーフィンは波を通して色々と教えてくれる。


精神世界ランキング/ 人気blogランキング

この記事をはてなブックマークに追加

第79日目

2005-05-29 | 探求life
-日記-
No.1
今日も腰が痛い。もう1ヶ月ぐらい続いている。蓮に処方してもらったスピリチュアルの薬も飲んでいたが、効き目がない。捻ったとかのいつもの腰痛ではなく、屈んだ姿勢から起き上がったりするのが辛い。立った姿勢から、身体を折り曲げて、足元に手を付くようにすると腰が伸び、気持ちがいい。4日ほど前に、蓮と会って話しているときに、この姿勢をしたときに気が付いた。これは今まで俺がやってきたコントロールドラマのせいだということを。今朝も、車を運転しているときに、首を前に倒すだけで、軽い痛みが腰に走る。もう間違いない、この痛みは、今まで俺が人に与えていたものなのだろう。
腰が痛いときには、どこでも簡単に軽いストレッチなどでほぐすことができる。これを今の俺に置き換えると、相手に感謝の気持ちを持ち、頭を下げることは簡単にできる。だから、これからはストレッチをするたびに、「ありがとう」と唱えなる。人に頭を下げるときは、感謝の気持ちを持ち、丁寧にゆっくりと行う。
スピリチュアルとは、特別のものではない。愛に気付けば、どこでも、誰とでもスピリチュアルな体験をできるということだ。

会社に、ちょっと変わった営業マンがいる。昨日、あと1ヶ月結果を出さなければクビと宣告を受けたらしい。今日、モデルハウスに行くと、その営業マンは、店長に中に入れてもらえずに、表のベンチに座っていた。
俺は、彼のことが気になっていた。決して出来ない営業マンではないはずとも思っている。しかし、彼の悪いとことは、報告などを上司にするときに、誤魔化してしまう癖がある。4ヶ月ぐらい前までは、全く意識なくやっていたようだが、ここ最近は、どうも意図的にやっているように見えていた。
俺も外に出る用事があったので、用事を済ませ、帰りしなに彼に話し掛けた。彼は「俺はだめですか?」といきなり言ってくる。明日、明後日にでもクビになるような気持ちでいるような言い草だ。
俺は、彼に、俺が思っていることを伝えた。「営業スタイルとかは関係ない、今まで契約も取ってるでしょ?、今大事なのは、あなたが素直になることです。みんな、あなたに怒るのは、あなたを何とかしたいからじゃないですか?いらない人間であれば、声を掛けたり、怒ったりしないはずですよ。俺はそう思います。期待してますよ」とだけ声を掛け、その場を去った。
彼は、素直にさえなれば、みんなに愛されるキャラクターと俺は思っているだけに、頑張ってほしいと思う。

昨日、久しぶりにオナニーをしてみようと思った。なんとなく、したい気分と、「虹のオーガズム」に書いてある、射精の瞬間に、意識を性器から頭の頭頂部、または頭の中心(目の奥ぐらいのところ)に持っていくと、オーガズムが長続きするというのを経験してみたいと思ったからだ。実際に、オナニーをしてみて、射精の瞬間に、意識を頭のほうに持っていくのは難しく、射精したすぐ後にもっていくことが出来た。すると、後頭部の辺りが、痺れるような感覚があり、暖かくなってくる。今思えば、ひょっとしてバイブレーションしていたのかもしれないし、エネルギーが上昇したのかもしれない。かなり細かい感覚だったが、これはこれでいい感じに思えた。
これからは、セックスの時にも意識を移すことを試してみたいと思う。


精神世界ランキング/ 人気blogランキング

この記事をはてなブックマークに追加

第78日目

2005-05-28 | 探求life
-日記-
No.1
今日は朝から娘とのことを考えていた。娘も小学校6年になり、難しい年頃になってきた。離婚して2年が経ち、あまりコミュニケーションが取れていないのが気になっていた。ここ数ヶ月、インターネットを何時間もする日が続いているようで、俺の母親からも色々聞いていた。最初の約束は、PCもテレビゲームも1時間と約束していたが、全くそんな約束を忘れているようだったので、一昨日、思い切ってインターネットを接続できないようにしてみた。案の定、昨日仕事から帰ると「接続できない」と言ってくるので、「約束を守らないから、接続できないようにした」と説明すると、綣を曲げ、自分の部屋へ閉じこもるように入っていった。
そのまま昨日は話しをすることなく一日を終えたのだが、俺は娘をコントロールしようとしているのではと気に掛かっていた。
「聖なる予言」のガイドブックに、子育てのことが書かれているのを思い出し、朝電車の中で読んでいると、あることが閃いた。
それは、娘と交換日記をしてみようということだった。時間がすれ違い、なかなか話す時間も作れない現状と、面と向かって話すことに慣れていないので、日記ならば思いのまま書けるし、娘もそうだろうと思った。
早速帰りにコンビニに寄り、適当にノートを買い、帰宅した。
明日、娘は少林寺の大会があるが、俺は観に行けないので励まそうと声を掛けたが、娘から返ってきた言葉は、「だるい、やる気がない、・・・」ネガティブな言葉ばかり、いけないと思いつつ怒ってしまった。
俺は部屋に上がり、気分は悪かったが娘へ日記を書き始めた。すると気分が納まり始め、意外とスラスラと書けた。
書き終わると娘の部屋に行き、「パパからのメッセージ」と言って手渡した。
娘からどんな反応があるのか、ドキドキしながら食事を済ませ、風呂に入り、部屋に上がると、机の上にノートが置いてある。ホッとした。実は、ノートを破られたり、返事が書かれず戻ってくるかもなどと、心配していたが、娘は「書くことがないので、詩みたいなのを書いてみた」と書いてある。嬉しい限りだ。
こんな形でコミュニケーションを取る方法もあったのだと、改めて嬉しくなった。


精神世界ランキング/ 人気blogランキング

この記事をはてなブックマークに追加