玉飛接近

右玉&左玉、ときどき詰将棋

角換わり右玉・先手(2)

2017年05月17日 | 右玉
今回は対飛先不突の先手番角換わり右玉の将棋です(24段位者の将棋から取材)。


第1図は▲6六銀に△6五歩とした局面。
ここからの右玉の指し方が(ほぼ一本道ですが)素晴らしいのでご覧ください。

▲5七銀△3三桂▲2五歩△4五歩▲同歩△同桂▲同桂△同銀▲5五角△9二飛(第2図)

▲5七銀は必然手。
後手は△3三桂~△4五歩と玉頭を攻めてきますが、素直に応じて▲5五角の返し技が決まりました。

▲4六歩△5四銀▲1一角成△3三銀▲1五歩△同歩▲同香△2二銀▲1二馬△1一歩▲2二馬△同金(第3図)

▲4六歩と銀を追い返してから▲1一角成と香を取ります。
馬を殺す方針の後手に対し、右玉側は端を破る方針。
第3図は、右玉良しの局面です。

▲1九香△1二歩▲1三歩△同歩▲同香成△3三金上▲4五桂△同銀▲同歩△5四桂▲5五歩△4六歩
▲3八銀△4七角▲同銀△同歩成▲同金△4六歩▲3七金△4七銀▲同金△同歩成▲同玉(第4図)

▲1九香~▲4五桂までの流れは一本道でしょう。
△5四桂に対して本譜は▲5五歩ですが、▲2三成香の方が勝っていたと思います。
第4図以降、右玉側の方針が拙く逆転しましたが、再逆転して右玉が勝ちました。


<参考棋譜>
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8八角成 ▲同 銀 △4二銀 ▲7八金 △6二銀
▲3八銀 △6四歩 ▲4六歩 △6三銀 ▲4七銀 △5二金右 ▲5八金 △7四歩
▲3六歩 △3二金 ▲1六歩 △1四歩 ▲3七桂 △5四銀 ▲2九飛 △4一玉
▲4八玉 △3一玉 ▲7七銀 △4四歩 ▲5六歩 △4三金右 ▲6六銀 △6五歩
▲5七銀 △3三桂 ▲2五歩 △4五歩 ▲同 歩 △同 桂 ▲同 桂 △同 銀
▲5五角 △9二飛 ▲4六歩 △5四銀 ▲1一角成 △3三銀 ▲1五歩 △同 歩
▲同 香 △2二銀 ▲1二馬 △1一歩 ▲2二馬 △同 金 ▲1九香 △1二歩
▲1三歩 △同 歩 ▲同香成 △3三金上 ▲4五桂 △同 銀 ▲同 歩 △5四桂
▲5五歩 △4六歩 ▲3八銀 △4七角 ▲同 銀 △同歩成 ▲同 金 △4六歩
▲3七金 △4七銀 ▲同 金 △同歩成 ▲同 玉 △6三桂 ▲6四銀 △5五桂
▲同 銀 △4六歩 ▲同銀引 △同 桂 ▲同 銀 △5六銀 ▲同 玉 △3八角
▲4七銀 △2九角成 ▲5八銀打 △5九飛 ▲6八金 △4八金 ▲3八桂 △4七金
▲同 玉 △4九銀 ▲4八金 △3八銀成 ▲同 金 △3九飛成 ▲2二銀 △4一玉
▲4九銀打 △2六桂 ▲5七玉 △3八桂成 ▲6三角 △5二金 ▲8一角成 △4九成桂
▲6九金 △5九成桂 ▲9二馬 △5六銀 ▲6八玉 △6九成桂 ▲7七玉 △3二金
▲2一飛 △4二玉 ▲2三成香 △2二金 ▲同飛成 △5一玉 ▲8三馬
まで127手で先手の勝ち
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブックマーク更新 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。