町医者のブログ

医療情報ほか、気になる話題を考えましょう。

梅雨の中休み

2017-06-10 20:53:27 | 挨拶

7日に降雨があり、関東地方まで梅雨入り、その後、梅雨の中休みが続いております。日中は暑く、明日は真夏日?の予報でしょうか。

当院では、前回の当番医の時には診ましたが、今年はおたふくかぜ(流行性耳下腺炎)が多いようです。おたふく風邪を安易に考えないでください。おたふく風邪の合併症は、確かに髄膜炎は嫌ですが、適切な治療でほぼ完治いたします。(ワクチン接種でも稀に髄膜炎を生ずることがございます)怖いのは難聴です、従来言われていたよりも高頻度に生ずるようです。通常は片側性の完全難聴、回復不能です。確率で両側性に生ずるお子さんもいらっしゃるようです。人工内耳も通常の音を聞くのとは異なります。対応は、幸いにも、ワクチンがあることです。是非、おたふく風邪を、耳の下が腫れて、1週間もすれば治る病気と思わないでください。お子さんをお持ちの方で、おたふく風邪ワクチン積極的に私は推奨いたします。

常々、私は、予防接種の重要性を訴えております。副反応のないワクチンはありません。しかし、ご自身、お子様、ご家族がり患した時の、苦痛、合併症、時間的拘束、通院など、ワクチン接種は、保険診療ではありませんので、自費での接種になりますが、また、最近のワクチンは高価なものも多いのが現状ですが、疾患にほぼかからないとすればどうでしょう。

ヒトパピロマウィルスワクチン(子宮頸がんワクチン)は、現在も積極的に接種をしない をスタンスにしておりますが、定期接種に位置付けられております。予診票のある方は、私は、ご理解いただける方には、定期接種、任意接種とわず、接種いたします。定期接種の予診票をお持ちの方は期限内は無料です。副反応時も定期接種の副反応の対応がなされます。任意接種での副反応よりも手厚い保障です。欧米では男性も接種しております。

予防接種は、国内流通の各種ワクチンに対応をしております。(黄熱ワクチンは検疫所での接種)必要な方は相談ください。

海外赴任など予定のある方は、早めに相談ください。接種証明書は、日本語は無償です。英文には対応いたしますが、文書料は発生いたします。

明日は、休診日です。教育講演会に参加予定です。

月曜からは通常診療です。新みどり・新わたらせ健診、協会けんぽ特定健診は、随時実施いたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土曜日は通常診療です、午前... | トップ | 内科学会教育講演会参加 »

コメントを投稿

挨拶」カテゴリの最新記事