民主党オフィシャルインターンブログ@地方分権・教育班

民主党オフィシャルインターン(地方分権・教育班12名)がみた国会実況中継です!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

質問そしてお別れ

2006年03月24日 | Y.Y.
水曜日の経済産業委員会に引き続いて、
今週2度目の質問が予算委員会で行われました。

昨日のどたばたがあったせいか、
議員さんもぎりぎりまで質問内容をつめることができなくて、
朝起きてから浮かんだ質問を、通勤電車の中でまとめてきたとのことでした。

質問内容は、
・小泉政権の総決算
・統合医療について
・大学センター試験のリスニングICプレイヤーについて
の3つでした。

30分ほどの短い時間しか許されず、
時間のやりくりに苦慮なさっていたご様子でしたが、
小泉首相から、議員さんの主張に対する積極的な答弁を引き出す姿、
素敵でありました。
インターン期間の最後の最後に、
このような質問に携わることができて、僕は本当に幸せですね。

そして、
無事質問が終わった後は、インターンの修了式へ。
泉先生の元気が出る、ありがたいお話の後、
一人一人に終了証が手渡され、それぞれ1分以内でスピーチをしました。

前原代表や最近ではN議員が立っていたあの壇上で、
まさかスピーチをさせていただく機会があるなんてなんて全く想定しておらず、
手は汗でいっぱい。
自分が何を言ったか正直あまり覚えていないのですが、
そこそこ受けてはいたので、まぁ良しとしましょう。

修了式の会場の空気も、
インターンがはじまったときの緊張感に張り詰められたものとは違って、
おのおの自信に満ちたオーラが輝いておりました。

今回のインターンで一番大きかったのは、
やはり政治の素顔を見ることができたことです。
テレビで見る堅苦しい永田町というのは物事の一面に過ぎず、
そこには、元気に働く秘書の方、
各事務所をレクで回る官僚のみなさん、
議員さんに自分の想いを伝えようと訪れる陳情の方々、
戸惑いながら忙しく走り回るインターン生たち、
そして何よりも、バッジを外したひとときでの議員さんの満面の笑み。
こんな表情豊かでヴィヴィッドな世界に触れることができて、
僕自身もたくさんの元気を頂くことができました。

議員さん、秘書さん、運営に携わったみなさん、
そして共にこの時間を過ごしたみんな、本当にありがとうございました。


などといつつ、僕の事務所でのインターンはまだまだ続くのでありました。
頑張ります。

この記事をはてなブックマークに追加

研修最終日

2006年03月24日 | K.K.
永田町に通い約一ヶ月になりました。この間、様々な経験をさせて頂きました。
最後の研修項目として模擬国会と修了式を残すだけになりました。模擬国会で、私たち教育班は、地域における道徳教育推進法案を提出します。教育班での最後の活動になるので
失敗しないように気合を入れましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

最後の日記

2006年03月23日 | R.K.

 ついに最終日となった。寒空の下、今日も事務所に向かう。そんな私の心は晴れ。書くべきことは、昨日の日記にすべて書いた。今日は、ただ心からの感謝の言葉のみを記そう。

 

 インターンに迎えてくださった方たち…同じ時間を共有してくれた仲間たち…この素晴らしい機会を与えてくださった人たち… ありがとうございました。

 

 ここで学んだことを心に留め、私にできることをしていきたい。


この記事をはてなブックマークに追加

どたばた

2006年03月23日 | Y.Y.
明日はテレビ入りの予算委員会の予定。

しかし、他の重要な委員会との兼ね合いで、
予算委員会の開催がなかなか決まらない。
予定通りテレビ入りで予算委員会が開催される説、
予算委員会はあるけどテレビは入らない説、
日を改めて開催される説、
予算委員会自体が開催されない説など、いろいろな憶測が飛び交う。

一時は開催されない説が最有力になり、
議員さんも秘書さんたちも、みなさんモチベーションが下り坂へ。

しかし、そんな折の4時ごろ連絡が入り、
予定通りのテレビ入り開催が決定してしまいました。

その後おおわらわで質問の準備。
関係省庁とのレクチャーの最中にも、
質問がなくなったものだと思ってたからさ、と困惑の表情の議員さん。
でも、明日は小泉首相が相手とあって、何か秘策を練っているご様子。

はたして質問はどうなるのでしょうか?
そして、インターンの最終日には有終の美を飾ることができるのでしょうか?

この記事をはてなブックマークに追加

研修10日目

2006年03月23日 | K.K.
今日でインターンの日程も残り1日となりました。皆さんくいの残らない内容にすることが出来たでしょうか。私は、このインターンシップに参加して本当に良かったと思っています。大学生活では学ぶことが出来ないであろう経験を多くさせて頂きました。この一ヶ月で明らかに変わったことは、歩く姿勢に気をつけるようになったことです。
これは、議員会館に来ない日もなんとなく意識してまい気取った歩き方になってしまいます。
また、私は遠方から来ていたこともあり、早起きをする習慣もつけることができました。
通勤して働くのもいいものだと思えるようになりました。

この記事をはてなブックマークに追加

経済産業委員会

2006年03月22日 | Y.Y.
今日は経済産業委員会での質問の日となりました。
議員さんの主な質問事項は以下の通りです。

・ニートやフリーター・ひきこもりの問題について
・能力主義について
・エリート教育について

予算委員会が行われる院内の委員会室とは違い、
経済産業委員会の委員会室はゆったりと落ち着いた空気が流れており、
議員さんの質問をじっくり聞くことが出来ました。
予算委員会と比べて緊張感が充ち満ちているわけでもないので、
よりフランクな議論ができるのでしょうか。

その後は禁煙推進議連の総会へ。
個人的にタバコの煙が嫌いなので、
国会の中から禁煙の範を示そうとする方々がいることに、
驚きつつ、感銘を受けた次第です。
ぜひ抵抗勢力を打破していただきたいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

本当に価値のあるお金とは・・・

2006年03月22日 | R.K.
 事務所での研修も、残すところあと1日となった。キーを叩く一打ちごとに寂しさが募るが、その気持ちをおしのけて、今日の報告を・・・。

 公共政策プラットフォームの会議では、「格差社会」についてのレクチャーを受けた。格差が生まれるプロセスなどは興味深く、熱心に聴いたが、私の頭の中のクエスチョンは消えない。

私が一番知りたいのは、どうすれば、日本は、国内・世界の貧しい人、苦しんでいる人が人間らしい生活を送るためのサポートができるのか、ということだ。私は、経済の話はさっぱりわからないが、格差社会の問題については大学でも学び、今の社会はおかしい!と、危機感を抱いている。日本国内で格差が広がっていることはもちろん、グローバルな視点で見ると、世界も格差で二分されていて、まるで入れ子細工のようだ。その入れ子細工の中にある日本ができること・・・それを知りたい。

この世に、裕福な人・貧しい人がいるのは、今に始まったことではない。自分よりも苦しんでいる人のために何かすることが、全ての人の課題ではないだろうか。そのために使うお金こそ、どんな宝石や贅沢よりも価値がある。格差社会でエリートの位置にいる人たちには、ぜひ、世の中に普遍の価値があることを心に留めて、ビジネスをしてほしい。そうすれば、格差は自然になくなっていくのではないだろうか。

国と個人は密接につながっている。そのため、一人一人がモラルを持たずに、国が何とかするのを待つだけではナンセンスである。しかし、苦しんでいる人を救うために、国が具体的に何をするべきか、今、はっきりわからない。私はそれを知りたい。

とはいえ、このレクチャーは、私がインターンをする目的を再確認させてくれた。私は大学で、グローバルな視点で物事を見ることを学び、自分は、不自由なく生活できる人間として、何ができるかを知りたかった。インターン先に、政治の世界を選んだのも、そのためだ。国を動かす政治を、この目で見て、国で起こっていることの理解を深めることはもちろん、私の未来についても考えてみたかったのだ。嬉しいことに、このインターンを機会に、社会と自分をつなぐ何かが、見えてきた。

拙い意見を述べさせていただいたが、私の中に、もっと知りたい!という意欲が芽生たことが、このインターンでの何よりの収穫である。その喜びは、寂しさに勝る。

この記事をはてなブックマークに追加

忙しい月曜日

2006年03月20日 | Y.Y.
月曜日は暇な日だと先週ここで書かせて頂きましたが、
一転、今日は忙しい一日となりました。

というのも、今週は議員さんの質問が2連発。
経済産業委員会と予算委員会での質問が決まっておりまして、
僕もその資料集めのお手伝いをさせて頂きました。

ネットではあっという間に様々な情報が手に入りますが、
もちろん一次情報は少なくソースも曖昧なので、
正確なところやその詳細は国会図書館にすっかりお世話になっています。
国会図書館については独立行政法人化という話も出ているようですが、
調査能力という点で国会図書館の果たしている役割は、
決して小さなものではないと感じております。

業務終了後は、議員さんの地元で会議、
そして事務所の皆さんとお食事。
議員バッジを外した議員さんとの会食を楽しませて頂きました。
笑顔で楽しそうに政治の裏側を語る議員さんの姿、
ここでお話の中身を書けないのが残念です。

この記事をはてなブックマークに追加

憲法ワークショップ

2006年03月18日 | Y.Y.
地方分権班のみんなと一緒に準備をしてきた、
憲法ワークショップがいよいよ当日を迎えました。

まず枝野幸男先生からの講演で、
憲法の意義やあるべき姿、
統治機構・外交・分権・教育・人権などの論点に対するご意見を伺いました。

その枝野先生のお話を前提として、
各論点ごとに分科会に分かれ、一般参加者の方も含めたディスカッションへ。
博識で地方分権に明るい皆さんに集まっていただき、
とても有意義な意見交換ができたと思っています。
ただ1時間という非常に限られた時間しか与えられていなかったので、
もう少し皆さんのご意見を引き出せればというところではありました。

幹事としてゼミ運営に関して反省するところは多々ございますが、
ゼミのみんなと参加者のみなさんのご協力を得て、
何とかワークショップの発表までたどり着くことができました。

地方分権というのは、まだまだ端緒についたばかり問題であり、
これから国民的に議論をしていかなければならないトピックでありますから、
また今後とも皆さんとの活発なご議論をさせていただく機会があれば、
ぜひぜひ積極的に参加させていただきたいと思っております。

みなさんどうもありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加

憲法ワークショップを終えて…

2006年03月18日 | R.K.
憲法ワークショップが終わった。あっという間だった。私は、道州制という内容どころか、政治の基本もおぼつかない人間。今日までの3週間、そして本番、私は、自分に足りないものは何か、自分が理解していないことは何か、学んだ。
私はこれまで、文学や音楽の勉強に日々を費やしてきた。文章を書くときも、誰かと一つのトピックについて話し合うときも、自分の感性やセンスを頼ってきた。自分を中心に考えてOKな世界で生きてきたのだ。自分では、読書や演奏を通して、広い世界を見ていると思い込んでいたが、ワークショップのための勉強や、皆との話し合いをするうちに、私が物事を見る目、考える器が、非常に狭い!と気付いた。実際に世の中で起きていること、起ころうとしていることを理解する力が、私にはない。「道州制」について話し合うときも、五里霧中だった。論点整理どころか、自分の頭の整理がまず先だ、と思ったら、整理するほどの量がなかった。
今回のワークショップで得た最大の収穫…それは、政治・道州制の知識はさることながら、何より、「私は本当の世界を見ていない!」と気付けたこと。これから私は、「本当の世界」に踏み出す。その時、「自分だけの世界」で育ててきたものが、初めて生かされるのでは。
今日、ディスカッションに参加して下さった方々・同じグループで話し合った仲間がいなかったら、私は狭い世界から抜け出せなかった。皆様、ありがとうございました!

この記事をはてなブックマークに追加

研修8日目

2006年03月17日 | K.K.
今日は、私が工学部ということもあり、工場の見学に行ってきました。その工場は鋳造を行うところで、私が見たことのないタイプの工場でした。私の率直な感想は、作業者の数が少ないことでした。やはり、現場では人員削減が進んでいました。そして、アウトソーシングへの作業依頼。厳しい環境のなか、作業員の仕事に励む姿は大変感動するものでした。日本の根底を支えている製造業が、これからも発展することを私は願っています。
明日は、いよいよ憲法ワークショップです。失敗がないよう事前の打ち合わせをしっかり行い明日に望みましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

多忙な一日

2006年03月17日 | S.I.
 今日はこの3週間でも最も忙しかった。秘書の方がお一人休んでいた上に、臨時の会議やら記者会見やらがいくつも入ってまさにてんてこ舞いだった。
 僕も普段は事務所内にいることがほとんどだが、今日は珍しくお使いや会議の手伝いなどで議員会館周辺を走り回っていた。会館のエレベーターを何往復したかわからない。
事務所にいる間も電話が立て続けに鳴り対応に追われ、来客の数も普段の何倍といった有様だった。さらには用意されていた100部ほどの書類を部分的に差し替えることになって、ホッチキスを一回外して差し替えてはまた留めるという作業を繰り返すなんてことすらあった。
最後は本日のメインイベントである記者会見。テレビでおなじみの光景をカメラの後ろから眺めることに成功した。社会の動きの心臓部にいることを改めて実感する。
そしてへとへとになって家に帰り、インターネットで先ほどの記事を探したがわずか5行の小さな扱いである。「いや小さな積み重ねが社会を変えるのだ」とも思い、「これだけの記事の裏にもあれだけのものが動いているのか」とも思う。

この記事をはてなブックマークに追加

研修7日目

2006年03月16日 | K.K.
今日は、午後から土曜日のワークショップに向けて話し合いを行いました。人が集まらずなかなか話も前に進みませんが、何とかしなければなりません。幹事を中心に今日もこれから話し合いです。それでは皆さん、最後まで力を抜かずにがんばりましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

代表と幹事長とうなぎ弁当

2006年03月16日 | Y.Y.
今日は初・前原代表&鳩山幹事長でした。
衆議院にいると有名な議員さん達と遭遇する機会も多いようですが、
ずっと参議院にいる僕にとっては、
はじめて代表と幹事長と同じ空気を吸わせていただいく機会となりました。

他の議員さんがそうではないということではもちろんございませんが、
とくに幹事長からは強いオーラがびんびんと伝わってきました。

昼食は秘書さんと相談して決めたうなぎ弁当、
議員の皆さんには概ね好評だったようで、嬉しかったです。
参議院は会館の食堂も美味しいので、
いまのところ食には満足しているインターン生活でございます。

この記事をはてなブックマークに追加

本会議

2006年03月15日 | Y.Y.
はじめて本会議を傍聴させていただきました。
30分ほどという短い時間で終わってしまいましたが、
委員会にはない厳かな空気を感じさせていただきました。

本会議の前の議員総会では、
今日質問をなされる議員さんが、
応援よろしくお願いします、と挨拶をなさっていたましたが、
本当に皆さん元気に掛け声や野次をしていたので、
賑やかな議場となっていました。
ただ答弁者の大臣が原稿をただ読んでいるだけだったのが、
非常に残念でありました。

この記事をはてなブックマークに追加