病的な国際関係




最近 国家はどこもローカル(地方色)を感じるようになった。

    日本もアメリカもどこも アフリカや南米の国々にも似た地方色を感じる。

      世界は 特定の支配から脱しつつあり ある意味で健全なっているのかもしれない。

   命令と服従の人間関係はそれ自身 (病的)とさえ言われるが 世界的見ると 国家間においても 同じいことが言えないか。
  
       
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  期待 コマーシャル... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL