子供たちに強いるなら




人類の持続可能な(自然との共生社会)を基準にすると 現在の異常気象や絶滅危惧種の著しい増加は 人類の 自然への不適応であり退行現象だと言える。

   これが 私達が今 享受している文明・文化の。人類史的到達点だろう と思う。

     新しい展開を求めて古きを壊していると考えれば 論理的には成り立つが 犠牲が多き過ぎる。  


         子供たちにそれを強いてはいないか。 強いるなら 子供たちに 厚かましく「愛してる」の言葉を使わず せめて口ごもるぐらいの神経が欲しい。

     


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 変化が楽しみ  対話の相手 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL