どこも似ているが




次世代を担う指導者を「エリート」と言うなら  「エリート」の資質に 自然感覚は欠かせない。

   現在言われてる多くの(エリート)は それから最も離れた道を歩み最も離れた立場に立ってはいないか。

    アメリカの大統領選を見ていると チェンジの道を見つけられない二人が(エリート)を代表するかのように象徴的に浮かび上がる。
     行き詰まり道に迷った二人の一方は「このまま進もう」と、もう一人は「もう一度繰り返そう」と言っているかのようだ。 

   どこも似ているが、行き詰まった時 元居た道に戻って考えたら良い と思う。少なくてもあの二人から (ていねいな生き方)は感じない。

     
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 曖昧 ごろ寝三昧 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL